« 名前 | トップページ | コウイカの仲間 »

2012年2月29日 (水)

スマートエントリー

プリウスではポケットにキーを入れて、ドアノブの一部に触れると施錠、解錠でき、同様にブレーキを踏みながらこのスイッチを押すと、車のエンジンが掛かります。
Prius1 このシステムをTOYOTAでは、スマートエントリーというんだそうです。

このシステム、エンジンが掛かったまま、ドアの外に出ると前方の画面が
Prius2 「キーが見つかりません」となって、ピッピッピと警告音が鳴ります。

そこで、以前からこの画面のまま、つまりエンジンの掛かったプリウスにキーを車の外に置いたまま運転できるのかやってみました。

結果は、なんと運転できるのです。前方の画面は、「キーが見つかりません」のまま運転できてしまうのです。私はてっきり、警告音が出てエンジンを停止するのだろうと考えていましたが、どうもそれは違ったようです。

いついかなる時も、エンジンをかけたまま車を離れてはいけないということなんでしょうね。

ところで、TOYOTAの新型車AQUAを予約した方とお話をしていたら、この車こういった一番低グレードのプリウスに標準装備のものが全て、オプション料金で加算されるため、プリウスと同等か高くなってしまうんだそうです。

スマートエントリーもオプション料金で、セットで50,000円以上、前照灯のAUTOもオプション、スペアタイヤさえオプションだそうです。

じゃあ、スマートエントリーはいらないから、機械的にキーを回してエンジンをかけるシステムにしてくれって言うと、納車がいつになるか分からないと言うんだそうで、既に全ての車にスマートエントリーを取り付けてあるから、それを外して別のキーシステムを取り付けて、安価にするのは許さないって事なんでしょうね。

世界のTOYOTAもみみっちくなったものですね~。

|

« 名前 | トップページ | コウイカの仲間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名前 | トップページ | コウイカの仲間 »