« コオナゴの釘煮 | トップページ | アオリイカ »

2012年3月11日 (日)

大震災一周年

一年前、確かこんな時間だったですね(2時台)。お客さんが来ていて、不思議な体の感覚に二人で顔を合わせて、「ん?地震?」というくらいの、ゆっくりした揺れだったように覚えています。外で立ち話をしていた人は、めまいでもしたのかと思ったそうです。

すぐに、カーナビのテレビをつけたところ、東北地方の地震、建物の被害はまだ分からないものの、それ程のことはなさそう・・・・・しかし、津波の予報がとてつもない大きさだったと記憶しています。

それでも、そんなことはいつもの、大袈裟な予報だろうと高をくくっていたのですが、次にテレビを見た時には、その津波が予報以上のものであったことを知らされ、これはとんでもないことが起こった、と体が震え、テレビを見ていることが辛くなってきました。石原都知事の発言が問題になりましたが、あの時の石原さん唇が震えてました。人間としての本音が文学者の表現で出てしまった。ということでしょう、公人としては困りますが、その後の震災復興に対しては、政府の誰よりも積極的に取り組んでいると思います。

それにしても、政府の震災復興への取り組みは、あまりにも遅いですね。

お亡くなりになった方々のご冥福をあらためてお祈りするとともに、現在避難されている皆様の一刻も早いご帰還をお祈りいたします。

|

« コオナゴの釘煮 | トップページ | アオリイカ »

コメント

今日の2時46分、義兄の家でテレビの追悼式典と一緒に黙祷をし冥福を祈りました。
昨年、大きな揺れにめまいというか乗り物酔いのような気分でした。
テレビの画面に映りだされる衝撃的な場面、津波が迫ってくる道路を車で逃げているとか火災を起こして燃えている家など・・。日本沈没か?この言葉が頭をよぎりました。
石原都知事の発言、公人としては問題がありましたが、私は肯けるものがありました、人間が増長し過ぎた・・このことでしょうね。
それにしても、政府を含め議員連中には腹が立ちます。あまりにも対応が遅いと言うか自分の都合の良いことしか考えていないのがミエミエです。
自分に迫る危険を顧みず避難誘導を行い人々を助けたことなど・・、議員連中はよく考えることだと思いますよ。
私も今出来ることを小さな事でも行っていこうと思います、そして決して3月11日を忘れないようにしようと思います。
長い書き込み申し訳ないです。

投稿: 北割 | 2012年3月11日 (日) 17時53分

こんな時でも、中国におもねって、台湾の行為をないがしろにする、日本国政府って、最低ですね。日本国民をやめたくなってきました。

投稿: からっぽ親父 | 2012年3月13日 (火) 14時01分

国会で追及してましたね、仰るとおり政治とかは関係無しに、恩を受けたら感謝するべきだと思います。
日本は礼節の国と言われているのに、これではね~・・・。

投稿: 北割 | 2012年3月13日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コオナゴの釘煮 | トップページ | アオリイカ »