« きょうは常滑まで | トップページ | 初鰹 »

2012年3月 6日 (火)

バードウォッチング

なんでも『ベニバト』という外国の鳥が迷い込んだとかで、一色の海岸はよその車で大賑わいです。まあ、全部の方ではないようですが、一部の鳥マニアの方は、切手を集めるがごとく鳥の種類を写真なり、頭の中なりに収集しているんじゃないでしょうか。
Ootaka1 そんなものより、こっちの方がずっと面白い。皆さんが集まっている数百メートル南ではオオタカの幼鳥らしい鳥と、カラスが対峙していました。それにしても、カラスって何故こんなにオオタカにちょっかいかけるんでしょうね?
Ootaka2 以前、NHKの番組でやってましたが、オオタカの獲物はかなりの確率で、カラスが狩られるんだそうですね。

ここは、以前災害訓練をやった、産業廃棄物の埋め立て場で、オオタカはこのフェンスを使って、追い込み猟を行っているものと思われます。カラスにとっては、それが面白くないし、危険だと思っているんでしょうか?

それにしても、オオタカのフェンス追い込み猟って、誰からも教えて貰ったものではなく、各地で自然派生的に行われるようになったんでしょうか?それに近いことを、自然の地形を利用してやっていたということなんでしょうか?
Karasu それにしても、カラスの姿はすごいな~。

|

« きょうは常滑まで | トップページ | 初鰹 »

コメント

仰るとおり、オオタカとカラスの対峙の方がドラマが有って面白いです。
カラスは強いですね、以前カラスが一方的にトビを攻撃している所に出会いました。
本当に一方的に・・・。

投稿: 北割 | 2012年3月 6日 (火) 20時45分

カラスの脳みその中に「とりあえず、猛禽類は叩いておけ」って決まりがあるんでしょうか?

以前、足を怪我して留まれないチョウゲンボウがいましたが、これには執拗に追いかけて攻撃してましたね。

オオタカは逆に喰っちゃうそうですが。

投稿: からっぽ親父 | 2012年3月 7日 (水) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうは常滑まで | トップページ | 初鰹 »