« ヒラメの刺身 | トップページ | 大震災一周年 »

2012年3月 9日 (金)

コオナゴの釘煮

コオナゴが解禁だそうで、魚兼さんに出ていました。

コオナゴとは漢字で書けば「小女子」でなんとなく、たおやかな感じがしますが、現物も非常に柔らかくて、荒っぽく触ると粉々になりそうです。
Kounago1 コオナゴはイカナゴの幼魚のことで、瀬戸内海ではこれを煮付けて「釘煮」と呼ぶそうで、釘煮を作ることが、あの辺の家庭の春の行事だとか。確かに独特の味があり、美味しいですね。
Kounago2 1パック300円だったので、どうせ作るならと2パック買ってきました。

レシピはこちら、写真をクリックすると大きくなります。
Kounago3_2 このポイントってのは「箸で混ぜない」ということで、決してかき混ぜてはいけません。バラバラのフレーク状態になってしまいます。

レシピを持ってくれているのは、魚兼さんのおぼっちゃま。「彼女募集中と書いておこうか」と言ったものの、このイケメンですから、既に彼女は2人や3人や4人くらい居るかもしれませんので、余計なお世話かもしれません。
Kounago4 昼休みの間に出来上がり。

|

« ヒラメの刺身 | トップページ | 大震災一周年 »

コメント

釘煮、我家でも作りますよ、でもチリメンジャコの上干です。
そして、サンショの実を入れますが、この実が辛いので避けて風味だけ味わってます。弁当のおかずに最高!

投稿: 北割 | 2012年3月 9日 (金) 22時03分

今日と名物、ちりめん山椒ですね。

北割さんの奥様、お料理上手と推測されます。

投稿: からっぽ親父 | 2012年3月11日 (日) 16時06分

女房が料理上手?
ハ~、慣らされたと言うか・・・。
最近やっと気が付いたのですが、我家ではのり巻きをあまり食べた記憶が無いのですよね、女房の奴のり巻きを作るのが苦手だったようです。孫が出来慌てて練習をしていますがどうも巧く負けないようです(笑い)

投稿: 北割 | 2012年3月11日 (日) 17時34分

いやいや、ちりめんじゃこと山椒で、素晴らしい一品をお作りになるじゃないですか。
北割さん、ちょっと贅沢すぎるんじゃないの?

我が家なんてね・・・・・と言い出すとキリがないからやめておきますが・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2012年3月13日 (火) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒラメの刺身 | トップページ | 大震災一周年 »