« 人時(ひととき) | トップページ | 貧者の一灯 »

2012年5月14日 (月)

季節外れのアンコウ

Ankou1 高橋カンパニーでお兄さんをからかっていたら、アンコウを買う羽目になってしまいました。もう少し小さいものが400円だったのでそれを買おうと思ったら、お兄さんが「アンコウは大きい方が美味いで、600円のヤツ買いな」と言われ、これを買ってきました。なにしろ、家庭の人口が減少しているので、そのことを良く認識して買わなければいけないのですが、まだまだその癖が付いていません。

幸いな事に、ここ3日ばかり北西の季節風が吹き、5月にしては寒いような天候なので、鍋でも暑くはないだろうと考えた訳ですが。
Ankou2 初っぱなから、袋越しにアンコウの歯が親指に刺さって出血しましたが、なんとかバラバラに解体してやりました。やはり、キッチンバサミ一つできれいに解体できます。私の場合、最初に胸鰭を取ってから、鰓蓋にハサミを入れ、頭部をバラバラにしてから内臓と、皮むきにかかります。
Ankou3 ご存知、アン肝。ネギと紅葉おろしを載せ、ポン酢醤油でいただきます。
Ankou4 胃袋のぬた。胃袋は湯がいてあります。酢味噌に、和辛子を載せて。

アンコウは捨てるところがありませんからね~・・・二日連続のアンコウ鍋でしたよ。

|

« 人時(ひととき) | トップページ | 貧者の一灯 »

コメント

胃袋のヌタ、思わずゴックン!燗をつけた酒が欲しくなります、それに器がいいですね~。

投稿: 北割 | 2012年5月14日 (月) 21時03分

時期を過ぎると叩き売りになる可哀想な魚ですよね。
尾の身の唐揚げは絶品なんですけどね。

投稿: P太郎 | 2012年5月14日 (月) 21時56分

北割さん
カニの織部ですね、確かkiyokoさんにいただいたものです。
酒が良く合いますよ。

投稿: からっぽ親父 | 2012年5月15日 (火) 13時36分

P太郎さん
鍋と身の唐揚げ以外、調理方法が思いつきません。暑くなって唐揚げ狙いですと、頭部付近の骨付きの美味しい部分が無駄になってしまいそうで、暖かくなると安くなる訳ですね。

先日は寒いくらいだったので良かったです。

明日からは蒸し暑くなるので、益々安くなるかな?

投稿: からっぽ親父 | 2012年5月15日 (火) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人時(ひととき) | トップページ | 貧者の一灯 »