« ユキノシタ2 | トップページ | ヒメジの刺身 »

2012年5月30日 (水)

テッポウエビの仲間

先日、小さなアカシャエビをかきあげにしたり、唐揚げにしたりしたことを紹介しましたが、あれからちょくちょく出ているので、買っています。

なるべく大きいものを一尾ずつ唐揚げにして、小さなものは新タマネギと共にかきあげにすると実に美味しい。

よくサクラエビをかきあげにしたり、生で食べたりするのをテレビで紹介していますが、油で揚げれば香ばしさはありますが、海老のうま味はない。生で食べれば、滓っぽいだけ。強いて言えば色がきれいなだけでしょうか。その点、このエビは香ばしさと、エビのうま味の両方が楽しめます。色はきれいではありませんが。
Ebi1 中に、特に変わったエビが一尾だけ入っていました。まだ生きています。
Ebi2 これはテッポウエビの仲間です。日本全国の海岸の砂利などに穴を掘って暮らしていて、大きなハサミで、パチンと音を立て敵を威嚇したり、衝撃波で餌を取ったりするそうです。

海岸の浅いところで潜っていると、パチパチ無数の音が聞こえますが、それがテッポウエビの音ではないかと言われていました。定かではありませんが。
Ebi3 唐揚げにして食べてみましたが、あまり美味しくはありませんでした。まあ、このテッポウエビだけが大量に水揚げされることはありませんけどね。

|

« ユキノシタ2 | トップページ | ヒメジの刺身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユキノシタ2 | トップページ | ヒメジの刺身 »