« ハマボッス | トップページ | 亀の子どもとアオサギの子ども »

2012年6月 7日 (木)

エソの飛龍頭風

日曜日、エソがとても安く売られていたので買ってきました。
Eso1 これだけで100円、すべて30cm以上ですから、いくらエソでも安いです。

そして、全てが卵を持っていました。
Eso2 食べ過ぎはいけませんが、煮付けにしてもらいましょう。
Eso3 生姜を入れて、甘辛く煮付けると、とても美味しいです。

身は、今回豆腐を使って、飛龍頭を作るつなぎにしようと思ったのです。
Eso4 三枚におろして、皮を引き、小骨を一本残らず抜きました、これがなかなか大変な作業でした。
Eso5 本来、飛龍頭には魚を入れると書いてあるサイトはありませんが、どこかの老舗で魚肉を入れていると聞いたことがあるので、やってみようと思ったわけです。

豆腐は石川豆腐の木綿ごし、まな板の上で重石をのせて水を切っておきました

豆腐と、エソの比率は良く分からないので、1:1でやってみたところ、まだ柔らかそうだったので、エソを0.5増やしてみました。結果的にはこれは失敗。魚のうま味は出ますが、揚げたときに固くなります。

1:1か。1:0.5位が良いかもしれません。

中に入れた具は、ひじき、人参、たけのこ、ぎんなん、きくらげ、しめじ、です。

温かいうちに、だし汁に大根おろしを入れて、付けながら食べると美味しかったです。あとは煮付けかな?なにしろ、たくさん作りすぎました。ボール二つで1.8kgありました。

|

« ハマボッス | トップページ | 亀の子どもとアオサギの子ども »

コメント

飛龍頭・・・がんもどきの様なものなんですね。
いろいろな食べ方があるものなんですね、でも一番の魅力は卵の煮付け!しかし温かいうちに食べる飛龍頭も捨てがたい・・・。
一体どっちなんだと迷う所です。

投稿: 北割 | 2012年6月 7日 (木) 21時46分

卵は濃い味に煮付けておくと、佃煮のようになって日持ちします。

他には身で、でんぶを作ると良いのですが、私自身があまり食べないので、なかなか動きません。

投稿: からっぽ親父 | 2012年6月 8日 (金) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマボッス | トップページ | 亀の子どもとアオサギの子ども »