« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

タテフエダイ

突然ですが、魚の縞模様の話です。
Fish3 シマイサキ、このように頭部から、尾鰭に渡って伸びる縞模様を、魚の場合横縞ではなく縦縞といいます。ですから、イシダイのように体側に垂直な縞模様は、横縞ということになります。

ところで、今回見つけてきたこの魚。
Fish1 ヨコスジフエダイかと思いました。ん、待てよ、黒い線が目から尾部に一本、こりゃタテスジじゃないのかと考えますよね。縞の場合とスジじゃ逆になるのかョ~。で、もう少し調べると、この縦なのか横なのか、縞なのかスジなのか分からない線の中央部分が丸くなってない、ということで、これタテフエダイじゃあないかということになりました。

ホント、ややこしい話です。
Fish2 きれいな白身、味の方は可もなく不可もなくといったところでしょうか。煮魚・塩焼きでも試してみたいですね。

| | コメント (2)

2012年7月30日 (月)

アカカマスの刺身

反原発の集会に、ルーピー鳩ぽっぽが出たそうですが、集まっていた連中はまさか素直に受け入れたんじゃないでしょうね~、「帰れ、帰れ」のシュプレヒコールがあっても全然不思議ではありません。まさか、握手を求めたりしなかったでしょうね~。
Akakamasu 先週の火曜日、新鮮なカマスが安く出ていたので買ってきました。背鰭と腹鰭の位置から、アカカマスだと思われます。あまり赤いと思わないけど。

カマスといえば、塩焼き、フライ、干物ですが、かなり新しいので刺身にしてみようと思いました。

身が少し柔らかいのですが、身崩れすることなく三枚におろすことができました。

1尾をそのまま皮も引いて、普通の刺身に、もう1尾は皮をバーナーで焼いて、いわゆる「炙り」の刺身です。
Akakamasu2 生姜醤油でいただきましたが、これがまた絶品の美味さ。皮付きのものは上品な脂を感じますし、皮を取ったものは、あっさりとして旨味を十分に感じることができます。

大きくて新しいカマスが出ていたら、ぜひ挑戦してみてください。

| | コメント (4)

2012年7月29日 (日)

THE DARK KNIGHT RISES

『ダークナイト・ライジング』を観てきました。

Dark バットマン三部作の最終章です。

今までのバットマンの映画は、アメリカンジョークがあまり面白くなくて、好きじゃなかったんですが、今回のシリーズは、シリアスでとても良かったですね。

上映時間が164分と非常に長いので、トイレの心配もあったのですが、最後まで一気に楽しむことができました。ギリギリに絞り出しておいたのが良かったんですね。しかし、10人くらいの方が途中でトイレに立ちましたね。最後の、一番素晴らしい場面で出た方がいましたが、あれはちょっとお気の毒。

ストーリーに関しては、どれを言ってもネタバレになりそうですから言えませんが、とにかく二転三転で面白かったです。

マリオン・コティアールとアン・ハサウェイの二人のヒロインが良かったです。

前二作をご覧になった方は是非ご覧ください。観ていない方は、二作を観てからでもご覧ください。

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

鰯の味醂干し

ロンドンオリンピックが始まりましたね~、ところでオリンピックの開会式のイベントって、面白いと思ってみている人がいるんでしょうか・・・・・・なんか自己満足っぽくてね~・・・・
Iwasi1 先日、カニ入りのちりめんじゃこを売っていた、ちりめんじゃこ屋さん、すんませんお店の名前を知らないんですよ。

そこに面白いものが出ていました。試食したら、とても美味しかったので買ってきました。小さな鰯、逆にちりめんじゃこにしてみれば大きすぎるのでしょうか。それを開いて、味醂干しにしたものを焼いてあります。

適度な堅さで、背骨は付いていますが全く気になりません。味は、甘いですが噛んでいると、鰯の味がしっかり出てきます。
Iwasi2 冷蔵庫に入れると堅くなるので、そのまま保存で充分保つと言われました。密閉容器に入れて、ちゃぶ台の上に置いておいたら、一晩でほとんどなくなりましたよ。

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

理想的な土用丑の日

きょうは土用丑の日、夏の土用丑の日は、「う」の付くものを食べると良いということで、栄養満点の鰻が食べられることは、今や日本の常識です。

ここ一色町では、土用丑前の1週間は鰻出荷の最盛期ですが、ここ2~3年シラスウナギの減少で、出荷の方も半減とか・・・・・
Eel1 それでも、ここ一色うなぎ漁協の選別場では早朝から、荷が途切れることはありません。
Eel4 昔から、鰻業界にいる方は土用丑に鰻が沢山売れる条件として、以下のようなことを気にしていました。

1.丑前の1週間非常に暑い天候が続くこと。

2.当日は25日以降の月給が出てから。

3.土日でないこと。

暑いから、ウナギを食べて乗り切ろうか、と考えるような天候。土用は立秋前(立夏、立春、立冬もあります)の18日間ですから、土用入りから六日までに丑の日があると、その年の夏の土用丑は二回あることになりますが、一回目は早くて、梅雨が明けていない可能性がある。月給日もまだだし。二回目はどうしても盛り上がらない。

土日が駄目なのは、サラリーマンが昼食で食べることがないからで、さりとて夕食でというと主婦の財布の紐は堅い、ということらしいです。

してみると、今年は理想的な土用丑と言えるかもしれません。鰻関係者の皆様にとってはですが。
Eel3 ここ一色では、土用丑の日は鰻ばかりがもてはやされて、魚はほとんど売れないということで、毎年市場はお休みです。各魚屋さんも、鰻の生開きを売ってました。
Eel

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

コウダカクダヒゲエビ

暑いですね~、今、歩いて買い物に行って来たら、遭難しそうでしたよ。目当てのものはありませんし・・・・・・明日は土用丑ですから、蒲焼きのタレでも買ってくるかな~、蒲焼きのタレ丼。
Koudakakudahigeebi1 先週、深谷さんに出ていたエビです。名前を聞かれましたが、もちろん私には分かりません。以前見たような、初めてのような・・・・・

そう、昨年の11月に、同じく深谷さんでナミクダヒゲエビらしきものを購入していたので、それに似ていたのかもしれません。
Koudakakudahigeebi2 上の写真が、今回のコウダカクダヒゲエビと思われるエビです。
Ebi2_2 ナミクダヒゲエビと思われるのが、これです。(下の写真)

その線で調べてみると、どうやら今回のエビは、同じ仲間の『コウダカクダヒゲエビ』ではないでしょうか。漢字で書くと『甲高管髭海老』、そういえばどことなく甲が高いような気がします。

ネットで調べてみると、この写真が一番近いようですね。http://www.aikyotie.com/tie/data/kyouzaidb/de/07/epa4002005082837368946/epa4002005082837368946.htm

このような海老は砂や泥を噛んでいる場合が多いので、徹底的に流水で洗い流して、砂が落ちないのを確認しなければいけません。
Koudakakudahigeebi3 塩ゆでしてみましたが、砂というより泥が残っているのか、歯に当たります。

生でも食べてみましたが、ナミクダヒゲエビとよく似た味です。

泥が気にならなければ、もっと美味しいのでしょうね。

| | コメント (3)

2012年7月25日 (水)

またイワガキを買ってきました

今日は何故かバタバタと忙しい日でした、と言っても普通に仕事をしている方には、当たり前の忙しさなんでしょうが。

土曜日、魚兼さんに大きなイワガキがありました。お約束どおり水槽で生かされていました。ですから、海藻ヒラヒラです。
Iwagaki1 なんと3個で900円、一個にすれば、ハイ300円。決して安い買い物ではありません。
Iwagaki2 あまりにも大きいので、量ってみると420グラムもあります。
Iwagaki3 しかし、裏返してみると、なんと大きな石が付着しています・・・・・?いやこの場合、石にイワガキが付着したというのが正しいですね。

グラム当たりいくらで買ってきたのなら、大暴れしちゃうところです。
Iwagaki 天然のイワガキの方が、殻が厚いのでしょうか?身入りはもちろんバッチリ。

一ヶ月後に結婚してしまう二女に二つあげました。もう食べられないでしょうから・・・・・

| | コメント (2)

2012年7月24日 (火)

オニユリ

帰化植物だらけで、あまり在来の植物を見ることが少ないですが、一色でおそらくここだけにオニユリが咲いています。(オニユリも中国原産だとも言われるそうですが)毎年咲いているので、球根が大きくなったのか、ムカゴから芽が出たものが増えたのか、毎年ボリュームが大きくなっています。
Oniyuri1 こうして見ると、何本かの株に増えているのが分かりますね。
Oniyuri3 タカサゴユリのように、多くの種子が舞い散るように拡散するのとは違い、ムカゴだけに頼って増えるのは、効率が悪そうです。
Mukago しかも、タカサゴユリは発芽1年目から開花するらしいのですが、オニユリは何年かかかるのでしょ。

今年は、あちこちムカゴを拡散して歩きましょうか。
Oniyuri2 おまけですが、やはり在来種でしょう。Dianthus japonicus 種名にjaponicusが付いているハマナデシコ。
Nadesiko1 防波堤の内側で、今が最盛期ですね。
Nadesiko2 花言葉は、純愛・無邪気・・・・何とも私にふさわしくない、花を撮ってきてしまいました。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

懐かしいな~

ホント懐かしい、見るだけで腹が立ってくるけど。

| | コメント (0)

植物は替わります

Hana1 40年ほど前に買った、山と渓谷社のカラーガイド『庭の花1・2』です。こんな古い本も保存してたまに、パラパラと見てみるのも良いものです。

この頃の庭の花には、今では厄介者になっている『オオキンケイギク』やセイタカアワダチソウの仲間『カナダアキノキリンソウ』も紹介されています。
Hana2 時代が移ると、扱いや状況が変わりますね~。

そういえば、この辺の道端の花もすっかり替わってしまいましたが、最近ではまた、花壇ではお馴染みの花が逃亡してきているようで、数百メートル歩く間に、名前が分かる花が咲いているのが見えます。
Hana3 これはオシロイバナ、数メートル以上繁茂しています。
Hana4 これはランタナですね。最近、どこへ行っても見かけますが、道路脇に咲いているのは初めてです。
Hana5 これはユッカです。
Hana7 何故このような場所に、ユッカが生えているのか分かりませんが、これもかなりの面積生えています。
Hana6 これはカンナです。写真の撮り方が下手なので、あまり多く見えないかもしれませんが、これもかなりの面積です。一色では、あちこちにこのカンナの群落が見えることがありますが、新たな場所に生えて来るというのは見たことがありませんので、なんらかのカンナが生える状況があり、面積を拡大しているだけなのかもしれません。

いずれにしても、あと30年、40年経つと、また違った植物が生えているのかもしれません。

ところで、この花なのですが、何という名前でしょうか?
まだあまり多くは見かけませんが、外来植物の図鑑では載っていません。
Hatenaどなたか、ご存知の方がありましたら教えてください。花束のように咲いていました。

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

保温性抜群

お客さんに、保温性抜群のカップがあると教えていただいたので買ってきました。
Ice1 比較対照を置かなかったので、分かりにくいかもしれませんが  、午前中の10時ちょうどにカップに氷だけを入れて、机の上に放置
Ice2_2 5時間半後の3時半にこのような状態です。外側もカップの上部がやや結露しているだけで、下にも全く垂れていません。

今の季節は、水割りなど、冬はお湯割りに温度変化がなくて便利です。

ステンレスが二重構造になっているそうですが、全く優れものです。
Cup 中国製だってところがちょっと引っかかるのですが、ホームセンターで1280円でした。

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

Kudoa septempunctata

ちょっとショッキングなニュースが飛び込んできました。

韓国産ヒラメからクドア・セプテンプンクタータ

山形県は18日、新庄市の飲食店で食事した5人が下痢や嘔吐おうとなどの症状を訴え、同店で提供された韓国産養殖ヒラメの刺し身から寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ(クドア)」が検出されたと発表した。

県はクドアを原因とする食中毒と断定。ヒラメの廃棄で、食中毒の拡大や再発を防止できることから、営業停止処分は行わなかった。クドアによる食中毒は県内で初めて。

 県食品安全衛生課によると、5人は14日昼に同店でヒラメの刺し身を食べ、約4時間後に症状が出た。4人が医療機関を受診し、うち1人が入院したものの、18日現在、全員が快方に向かっているという。

 厚生労働省によると、クドアは養殖ヒラメに寄生することが確認されており、昨年6月、食中毒の原因物質に加えられていた。

(2012年7月19日14時21分  読売新聞)
Kudoa(クドア)とは原生動物の、粘液胞子虫の一種で、以前から海水、淡水の魚に寄生することは知られていました。
あまり宿主の生命には左右されない種類が多かったようですが、身質を著しく劣化させる、いわゆるジェリーミートという状態になってしまうことはあったようです。一つの虫としては非常に小さなものですが、シストと呼ばれる集合体を魚の筋肉中で作ることによって、身質に変化を与えるようです。
その昔、鰻の体があちこち窪みができてしまう症状がありました。ベコ病と呼ばれましたが、これも粘液胞子虫の一種プリストホーラが寄生したものでした。現在では、全く見られないとのことです。
Kudoa 魚病の本などは、あまり売れないので、あまり出版されません。この魚病図鑑は平成元年に出されたものですが、もちろん今回のKudoa septempunctataは当然、この図鑑には載っていません。それもそのはず、認定されたのが昨年の6月だという事です。
ショックなのは、今回の寄生虫はヒラメの身質を劣化させるのではなく、生食した人間に嘔吐や下痢などの食中毒症状を引き起こすことです。
魚の寄生虫では、スルメイカや鯖などの寄生虫アニサキスが、人間の胃の中で大暴れすることは有名ですが、今回の寄生虫も魚の鮮度とは全く関係ありませんし、ヒラメ自体が刺身で食べなければ意味のないものですから、日本の養殖業者も風評被害がかなりあるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

河文

昨日、名古屋にある老舗料亭?「河文」へ、二女の結婚式の前撮りってヤツに同席しました。知る人ぞ知る、有名な所だそうですね。娘の結婚式の前撮りに同行なんて、親ばかもいい所と笑われるかもしれませんが、写真を撮るのが好きなな人間なら、これもチャンスですから、行かない手はありません。http://www.thekawabunnagoya.com/home/history/
Kawabun1 庭の池には錦鯉が沢山泳いでいます。老舗と言うだけあって、錦鯉の品質もそこそこのものですね。
Kawabun4 ただ、この池で繁殖してしまった鯉もいると言いますから、そういったものはある程度の品質以外は池から除いてしまった方が、良いでしょうね。この鯉は「大正三色」です。なかなか良いと思いますよ。
Kawabun2 鯉と言えば、この店の階段の踊り場に、巨大な鯉の浮き彫りがあります。いわゆる鯉の滝登りってヤツですね。一枚板ではありませんが、どれほど巨大化というと
Kawabun5 もっと下にもあります。
Kawabun3 前撮りってのは、大変な作業でカメラマンも新郎新婦も大変ですわ。

撮影だけでたっぷり4時間、もう疲れてしまったので、1階にあるショットバーでバーテンダーのお兄ちゃん相手に一杯始めちゃいました。入社三ヶ月だというお兄ちゃんの話が面白く、ラフロイグのロックを4杯飲んじゃいました。
Akane 皆さんご苦労様。

| | コメント (4)

2012年7月19日 (木)

マルソウダ

♪ソーダー村の村長さんが、ソーダー飲んで死んだソーダー、葬式まんじゅうでっかいソーダー♪と子どもの頃、みんなで合唱したものですが、この歌っていったい何なんだろうかとネットで調べると、あるわあるわ。全国で、色々なバージョンで歌われていたのですね。

そこで、元歌なんですが、ほとんどのサイトで阪田寛夫さんの詩が元になっている、と書かれています。阪田寛夫さんは「さっちゃんはね、さちこって言うんだ、ホントはね♪」でお馴染みの詩人だそうですね。

ところで、阪田さんの詩を読んでみますと

「そうだ村の村長さん」

                  阪田 寛夫

そうだむらの そんちょうさんが

ソーダのんで しんだそうだと

みんながいうのはウッソーだって

そんちょうさんがのんだソーダは

クリームソーダのソーダだそうだ

おかわり十かいしたそうだ

うみのいろしたクリームソーダ

なかでおよげばなおうまそうだ

クリームソーダのプールはどうだと

みんなとそうだんはじめたそうだ

そうだむらではおおそうどう

ぷーるはつめたい ぶっそうだ

ふろにかぎるときまったそうだ

そうだよタンサンクリームおんせん

あったかそうだ あまそうだ

おとなもこどもも くうそうだけで

とろけるゆめみてねたそうだ

冒頭の

そうだむらの そんちょうさんが

ソーダのんで しんだそうだと

みんながいうのはウッソーだって

と書かれているように、みんながソーダ飲んで死んだと歌っているけど、それは嘘で・・・・・・と書かれています。ですから、この歌が元ではなく、阪田さんご本人も、この歌が流行っているのを聞いて、この詩を作ったとも考えられますね。

この詩が作られた年代が分かれば、ある程度推測が付くでしょう。阪田さんは1925年産まれ2005年にお亡くなりになっています。yahoo知恵袋でも色々な意見が出ていますが、「昭和一桁生まれの父も、戦前歌ったそうです」という書き込みをした方があります。これが本当なら、阪田さんの元歌説は少し弱くなるような気がします。
Img_8563 さて、昨日、魚兼さんにソウダガツオが出ていました。購入して、調べてみると『マルソウダ』のようです。他にヒラソウダというものもあります。図鑑にはマルソウダはヒスタミン中毒が起きやすいので、生食は止めた方が良い、と書かれています。

ヒスタミン中毒ってのは、酵素によりアミノ酸の一種ヒスチジンが有害なヒスタミンに変わるために起こるもので、俗に鯖の生き腐れと呼ばれるのも、ヒスタミン中毒ですね。

特にソウダガツオは赤みが多いですから、中毒も起きやすいのでしょうね。

ですから、今回の調理は「ソウダガツオの角煮」です。

骨と皮を取り去った、ソウダガツオを適当な大きさに切り、熱湯に通します。

あとは酒、味醂、砂糖、醤油、生姜、梅干しでことこと煮ます。アクが出たら取ります。
Img_8567 酒の肴に、お弁当のおかずに、なかなか美味しくできあがりました。

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

ささらほうさら

亡くなった義母がよく使っていたという言葉「ささらほうさら」ですが、滅茶苦茶とか、いろいろなものが散らかっている時に使われていたようです。

調べてみると、甲州弁だとか、信州でも使っているとか、いや静岡県でも・・・・・と出てきます。

これ、面白いですね。戦国時代の、武田信玄さんの勢力図と重なります。以前も言いましたように、私の実家はおそらく諏訪から流れてきたと思われます。そう、塩の道を通って。その前は、甲州、もっと前は今の神奈川県ではなかったかと想像しています。
Sasara2_2 昨日、さかな村の駐車場に移動金物屋さんが来ていました。魚好きに、包丁を売り込もうって魂胆でしょうね。トラックのナンバーを見ると「福井」ナンバーです。全国の漁港なんかを回っているのでしょうか?

包丁はいいから、と冷やかしていたのですが、ささらがあったので購入してしまいました。魚を調理した時に、腹腔の背骨の下に付いた真っ赤な血合いのようなものを、掻き出すのに便利だからです。

調理の本などでは、血合いと表現されていますが、これって内臓ですよね。脾臓だとか腎臓だとかの。

これきれいに掻き出しておかないと、三枚におろした時に身が血液で汚れます。で、ささらが大活躍、という訳です。
Sasara1 早速、ゴマサバを1尾だけ買ってきて、やってみましたが、きれいに掻き出すことができました。このゴマサバは半分塩焼きになりました。

そこで考えたのですが、ささらほうさらとはこの「ささら」がバラバラになった様を言うのではないでしょうか。束ねた部分が切れれば、滅茶苦茶になってしまいますからね。どうでしょうか?

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

ちりめんじゃこを買ってきました

時々、このブログにコメントを頂く、森のどんぐり屋さんは、ちりめんじゃこの中に混じる他の魚や、節足動物・軟体動物などを探すプロですが、私も先日、面白い物があったので買ってきました。
Kani2 遠くから見ると、赤い物が混じっているので、以前からここで売られていた、カリカリ梅を混ぜ込んだちりめんじゃこかと思ったら、なんと・・・・・
Kani1 蟹さんが沢山混じったちりめんじゃこでした。あまりに面白いので購入してみました。
Kani3 選別しかけたのですが、なにしろ量が多いのですぐに挫折。これでも20%くらい選別したでしょうか。

蟹は稚ガニになったものと、メガロッパ、ゾエアに別れてまして、稚ガニになったものは全て同じ種類ではないかと思われます。メガロッパ全く分かりません。
Kani4 ゾエアはあきらかに2種以上が存在しているようで、このように棘が異常に長いものと、やや短いものがありましたね。
Kani5

コブカニダマシのゾエアがこのように長いと聞いたことがありますが、私は素人なので、これ以上は分かりません。ちなみに、稚ガニはコブカニダマシではありません。短尾類です。
Tatunootosigo タツノオトシゴの仲間もいました。長いのはヨウジウオかな?

他にも、あきらかに違う魚もいましたが、なにしろ飽きっぽいので、これで終了。

もう少し写真を上手に撮ることを考えなければいけませんね。

森のどんぐり屋さん、敬服致しました。

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

天然イワガキ

ロンドンオリンピックが近いと、テレビで煽ってますね。訳の分からないタレントが、俄解説者になってしゃしゃり出るのはあまり好きではないのですが・・・・・・それにしても、体操の、田中理恵さん、実にいいですね~、なんだか近頃の女子体操は、コマネズミのようにくるくる回るだけで、体が小さくて軽い方が有利という風潮だったような気がしますが、彼女は実に女性らしくきれいだ・・・・・と思います。

オリンピックといえば、1964年、東京オリンピックがありましたが、あの頃私は小学生。オリンピックの開会式10月10日には、自衛隊浜松基地に所属する「ブルーインパルス」が大空に五輪を描くことになっていました。

ですから、練習しなけりゃいけないのですが、なにしろキャンバスが大空なものですから、下にいる我々にはそれが見えるのです。初めは本当にへたくそで、丸い円が描けません。大丈夫かなと思っていたのですが、次第に上手になり本番では実に美しい、カラーで五輪を描いてくれましたね。練習では色はなかったと思います。
Iwagaki2 土曜日、深谷さんに天然イワガキが出ていました。6個で1000円。これが陸上に出て売られていると買わないのですが、水槽で生かしてあったので購入しました。

陸上に揚げてしまうと、牡蠣に付着した生物が死んで腐ってしまう場合があるからです。イワガキ自体は簡単に死にませんが、付着生物はどのようになるか分かりません。海水中で生かしてあれば、その心配は少なくなります。

本当は、高圧洗浄機で付着生物を吹き飛ばしてから出荷してくれればよいのですが、そんな物がないところでは、仕方ないですね。
Ieagaki 貝柱が分厚くて大きい、グリコーゲンもたっぷりで、文句の言いようがありません。

| | コメント (4)

2012年7月15日 (日)

高校野球

しかし、3対1で行われている暴力を「ケンカだと思った」という教師、まずお前が教師を辞めるべきだろうね。ケンカってのは1タイ1で行われているもので 、3対1ならいじめに決まってるじゃないか、教育のプロがそんな言い訳をして逃げるようなら、これから先も、その教師の周りでは同じことが起こって、悲しい事件が引き起こされる可能性がある。自信がないのなら、即教師を辞めるべき。
Yakyu1 歩いて10分くらいのところに球場があるので、あまりカンカン照りでもないこともあって、女房と高校野球観戦してきました。

尾北高校 対 刈谷高校。
Yakyu2 尾北高校、完全にアウェイです。対する地元刈谷高校は
Yakyu3 応援の生徒さんばかりじゃなくて、父兄やOB、我々野次馬でいっぱいです。Yakyu5 試合は5回表まで、まあまあの展開だったのですが、その後刈谷高校が得点を重ね、10対2と7回コールドゲームになってしまいました。
Yakyu4 久しぶりで実に面白かったです。

可哀想だったのは、我々が球場に着いたのが2回を終了したところだったのですが、刈谷高校のセカンドの選手が、足をけがをして治療中だったのです。その後、足を引きずりながら出てきたのですが、次のバッターボックスに立ったときに、背中にデッドボールを受けてしまったのです。これは二度あることは三度ある、と言っていたら本当に次の打席でも足にデッドボールを受けていました。お気の毒です。
Yakyu6 どこかの高校の野球部員でしょうね、今大会の組み合わせが印刷されたTシャツを着ていました。後ろのお客さんにサービスですか?

| | コメント (6)

2012年7月14日 (土)

再び、いや三度かな?水曜日はマグロ

水曜日はマグロ、に関して直接ご質問があったものですから、何度も書いていますがお知らせします。

水曜日は、ほとんどの場合市場は休みなので、さかな村の魚屋さんも休みです。例外的に、高橋さんの所はほとんどの場合、開店しています。

また、さかな村の手前、魚センター横のアーケードのお店でも、魚兼さんだけは開いている場合が多いです。一色がお休みでも、大浜の荷物を持ってきたりしますし、私は骨付きのマグロを購入するのを楽しみにしています。
Img_8513 これは、冷凍のマグロを解体して、刺身用のコロサクを作る場合、骨や筋の部分を電動のこぎりで切り落とした部分で、上質の身が案外沢山付いています。
Img_8514 ただ、写真のように「おが屑」のようなものが沢山付着しており、これが溶けると血液や肉組織ですから、刺身がとても汚くなります。

そこで、ガス給湯器で、ぬるま湯を流しながら、この「おが屑」を洗い流してやります。冷凍してあるので、完全には溶けません。
Img_8515 その後、1枚1枚をキッチンペーパーで包み、自然解凍します。

溶けたら、骨や筋、血合いなどを取り除き、食べやすい大きさに切ります。私の場合、キッチンペーパーを敷いたカップ麺の中に詰めてしまい。大皿に逆さまに置きますと、ケーキのように刺身の山ができます。
Hi3f0331 色々な部位が入っていますので、色も形も味もバラバラで、とても楽しいです。

これがあるのは、おそらく魚兼さんだけだと思いますが、魚兼さんにもある時と無い時があるので、「骨付きのマグロある?」と聞いてみてください。骨付きではなく、小さい切片がある時がありますが、これだと「おが屑」を洗っている間に溶けてしまうので、私は買いません。

1皿、500円でおよそ500~600gの刺身が採れます。我が家、3人では食べ切れませんが新しいので翌日でも大丈夫でしょう。

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

マルチポスト

昨日の記事に対して以下のようなコメントがありました。

調べてみると、あちこちのブログや掲示板にコピーアンドペーストで書き込んでいる、いわゆるマルチポストって奴ですかね~。ちょっと病的な。

やり方は、yahooの検索で「大津市 自殺」と打ち込み、ヒットしたブログなどにコピペするって訳ですね。差し障りのあるところはすべて○印に置き換え、コメントは削除させて貰いました。

はっきり言って、完全に病気です。おそらく統合失調症でしょうね。以前、北割さんやばんどりさんの掲示板にこのような方がご降臨されたことを思い出しました。偏見に満ちた不快な表現がありますが、あえてそのままにしてあります。

人権、人権とモノの悪い化学繊維じゃあるまいし、犯罪者まがいの人間を取り締まれなくなっている、今の日本って今後まともに機能していくんでしょうか。

私は、1970年2月生まれで、大阪府○○市在住です。

私は、 ○○市立○○中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の○○○○○と、複数の○○民である○○○(地名)の奴らに、いじめられていました。

○○○○○からのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

○○民の奴らからは、毎日、「 小児○○ 」と言われ続け、筆箱を、何回も壊されました。

私は、小柄ですが、勿論、小児○○ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

○○○○○も、 ○○民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

○○差別とかいうけど、○○市は、全く逆です。

今思えば、私の筆箱を壊した部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた○○民の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた○○民の奴らを、全く注意をしなかった、○○○○○を、一生許せない。

私は、○○民の奴らにいじめられた為、埼玉県○○市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの○○民の○○○○を、一生、真犯人だと、信じることにしました。

私は、一生、○○民を嫌うことで、復讐する。

投稿: 大阪府○○市在住の女性 | 2012年7月13日 (金) 02時17分

| | コメント (2)

2012年7月12日 (木)

タコの刺身

滋賀県のいじめ問題が連日テレビやラジオをにぎわわせていますね。ただ、私は以前の「騒音おばさん」のようにマスコミやネットが意図的に膨らませてしまったものではないかと、疑っていました。

騒音おばさんの件は、あきらかに特定のテレビ局と、某宗教団体が仕組んだもので、騒音おばさんは完全に陥れられてしまったんですね。

しかも、執行猶予も付かない実刑ですから、マスコミと宗教団体が、かなり手の込んだことをやったようです。詳しく知りたい方は「騒音おばさん 真実」でググってみればいくらでも出てきます。

という訳で、今回の事件も、何か裏があるんじゃないかとコメントを控えていましたが、次々と出てきますね、加害者側に・・・・・もちろん、ネットにはいい加減な情報も溢れていて、迷惑をこうむっている方も多いのでしょうが、教育委員会側のコメントが全く誠意が無く、ずっと「死人に口なし」という態度を貫いていましたし、通常の学校の授業も????ばかりで、全く納得がいきません。中学生でハングルの授業???この中学校、いや大津市でしょうか、病巣の奥は深いと思いますよ・・・・・

そうそう、あの問題多きデブ夫人、自分のブログにネットで出回っている、加害者の本名や写真を貼ってしまったようですが、これはやり過ぎです。少なくともあの方にそんな権限はありません、加害者の人権なんて言ってるんじゃありませんよ、余計なお世話なんです。

遅くなりましたが、自殺された生徒さんのご冥福をお祈り致します。(合掌)
Tako1 先日のイイダコが今一で、マダコの味が恋しくなったので、買ってきました。

まだ生きていたので、4本の足を刺身に
Tako2 残り4本を茹でて、翌日カルパッチョに、頭はさらに翌日、今日ですがタコご飯になるそうです。

刺身はやはり美味しいですね。タコの刺身ってのは、脂肪が全くなく繊細なアミノ酸の旨味を感じます。現代の若者は、このようなものを食べて味覚を研いでいかなければいけないと思いますね。脂ギタギタで味が濃いものばかりを食べていると、味蕾がすり減って何を食べても本当の美味しさを感じなくなるのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

小沢新党の悪口ばかり言ってきましたが、一つだけ納得したことがあります。それは党の旗揚げと共に『綱領』を発表すること。綱領ってのは政党が進んでいくための、基本的な方針です。yahoo辞書には、このように書かれています。「政党・労働組合などの団体がその基本的立場・理念・活動方針・政策など要約した文書。」

当然ながら、どの政党も党を旗揚げする時には、これを発表して内外に示す訳で、我々もその理念や方針を見て、納得したりケチを付けたりする訳です。

しかし、民主党には未だにこの『綱領』がない。右から左が寄せ集まっただけだから、綱領が作れない。何かもめ事があると、すぐに意見が割れて分裂してしまう。

ですから、今回のことも起こるべくして起こったという訳です。

その点、小沢新党、よくまとまっています。決して国民のためではありませんが・・・・・
Kawa さて、日曜の朝、例によって川沿いの散歩です。今回は、境川の西ですから歩くのは尾張ということになります。

何十年か前に堤防が整備されたのでしょうが、鳥たちのおかげで色々な木々が大きくなってきています。
1nankinhaze これはナンキンハゼ、街路樹として最近多いのですが、あちこちに実生で生えています。
2masaki これはマサキですね。
3kuwa クワは実生で生える代表選手。
4enoki エノキはこの地方では多いですね。大木になる木のほとんどがエノキです。
5akamegasiwa アカメガシワも多いです。あまり大木にはなりませんが。
6mukunoki 上の方に見える葉がムクノキで下の方がエノキでしょう、よく似ています。
7oobaibota 白い花が咲いていて、ネズミモチのようですが、ネズミモチの開花は一ヶ月ほど前に終わっています。オオバイボタではないかと思いますが、確認していません。
8niwaurusi これも最近やたら増えているニワウルシですね。外来植物で、ニセアカシアと共にやっかいな植物になるんじゃないでしょうか。

他にも前述の、ニセアカシア、センダン、オオバヤシャブシ、などを見ることができました。

帰り道、市原稲荷さんでお参りをしたら『茅の輪くぐり』が設置してありましたので、8の字にくぐってきました。
Kayanowa

| | コメント (2)

2012年7月10日 (火)

イイダコ

どうですかね~『新党 我々の選挙が第一』

姫井由美子さんが、小沢新党に参加だそうですが、この方裁判で高校教諭との不倫認定されて、民主党岡山県連は、次の選挙では公認しないって事になっているんです。

マルチ商法の広告塔もいるし、これで新党大地と手を組んだら、ムネオ氏からさくらパパからで『新党 臭い飯』ってのはどうでしょうか?一番怪しいのが党首!
Iidako1 タコが食べたいのですが、マダコは高くて買えないので、イイダコを買ってきました。
Iidako2 あまり茹でると固くなるので、短時間浴で出します。
Iidako3 肩に金色のリングがあります。イイダコの証拠、イイダコの『ロード・オブ・ザ・リング』です・・・・・ってそんな大げさなものじゃありませんが。

温かいうちに食べると美味しいので、1匹ぱくっと食べてみます。

ところが、あまり美味しくない。

やはり、マダコには敵わないんでしょうね。
Iidako4 そこで、醤油・味醂・酒で煮付けてみました。まあ、佃煮のようなものですね。

固くなりましたが、噛めば噛むほど味が出てきて、これは美味しかったです。日本酒の冷やが美味しかった。

| | コメント (6)

2012年7月 9日 (月)

アメイジング・スパイダーマン

『アメイジング・スパイダーマン』を観てきました、3Dで。

これ、以前のスパイダーマンの続編ではありません、もう一度最初からって事で、クモに刺されてスパイダーマンになる経緯もあります。

ご安心ください、ヒロインは替わりました。メリージェーンではなく『グウェン』になりました。

ストーリーはいたって簡単、と申しましょうか、前と変わらないと言いましょうか、幼少期に両親がいなくなったピーターは叔父夫婦に育てられる。高校生のピーターはいじめられっ子。でもヒロインの視線が気になる、ある時ある研究施設で、特殊なクモに刺され体質が変化してスパイダーマンになる。

ちょっと有頂天になり、夜遊びをして叔父さんと確執が生じ、叔父さん強盗に殺される。




父親の昔の仲間が変身して、ボスキャラになって戦うのも大筋で似ていますが、特殊撮影と、3D効果が素晴らしく、少し長いですが飽きません。

ところで、最近の映画の特徴ですが、エンドロールの最中、もしくは終わってからも、物語が続いたり、次作の予告のような映像が出てきますが、これもそれですから、最後まで帰らない方が良いでしょうね。

Hi3f0329 そうそう、話は変わりますが、アケビの鉢植えと言いましょうか、盆栽と言いましょうか、アケビ自体の成長が非常に遅いです。

芽が出てしまえば、温度も暖かくなるので、ツルがじゃんじゃん伸びて、屋根まで届くくらいになるかと思ったのですが、まだこんなものです。

種子が一冬越さなければ芽を出さなかったり、色々特殊な事情があるのかもしれません。

| | コメント (2)

2012年7月 7日 (土)

ゴマサバ

その昔、『前略おふくろ様』ってドラマがあって、若き日のショーケンが主人公でしたが、ヒロインに坂口良子さんが出ていましたよね。ホントにびっくりするほど可愛かった、かすみちゃんって言いましたか。まだ、十代だったんじゃないですか、現代に持ってきても十分通用する可愛さだったと思います。

ああそれなのに、配偶者は誰だよ?出てこい責任者。悲しくなっちゃうじゃないか・・・・・
Gomasaba1 木曜日、魚兼さんにゴマサバが出ていました。大浜のものらしく、鰯が入らずにゴマサバが獲れるんだそうです。

マサバと比べると、体が丸いので、丸鯖とも言われます。

どちらかと言えば、南方系の鯖なので、九州方面に多いようです。以前も言いましたが、30年ほど前の夏、屋久島に仕事で2週間ほど滞在したのですが、お世話になったお宅の親父さんが、毎朝鯖を釣りに行くので、朝から鯖の刺身を食べていましたが、これがゴマサバでした。

釣りの鯖なので、すこぶる美味しかったです。もうあんな鯖は食べられないでしょうね。
Gomasaba2 地物なので、しめ鯖にしてみようと、三枚におろしました。マサバよりかなり柔らかいです。塩をふっても、水分が多く出てきます。

1時間ほど、塩で締めてから、同じく1時間ほど酢で締めました。
Gomasaba3冬場のマサバほどではありませんが、かなり脂がのっています。とても美味しいしめ鯖です。ただ、やはり柔らかい。

しまった、これだけ脂がのっているなら、1匹は塩焼きか煮付けにすれば良かった。

| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

ヤマモモ

Yamamomo0 ここは一色中学校の南、野球のグラウンドがある公園です。

ここには色々な木が植えられていますが、グルッと公園を一回りすると、ヤマモモの木が数本植えられていることに気が付きます。
Yamamomo その中で、一本だけ、この木が山桃の実を付けます。

ヤマモモは雌雄異株ですから、この木だけが雌の株ということになります。
Yamamomo1 赤くなるのをずいぶん楽しみにしていたのですが、今年はどうやら遅いようですね。

野生のこういった果物は、赤くなるのが食べ頃ではなく、むしろ黒くなったくらいでないと本当の美味しさは出てきません。これは、桑の実やイヌマキの実でも然りです。
Yamamomo2 三重県の志摩地方では、あちこちにヤマモモの大木があり、時期には道路に落ちた実が車に潰されて真っ赤になっていました。

この木は結構折れやすかったり、枝が腐っていたりで危険なので、地元の人には登らないよう注意を受けていました。

雌雄異株と言いましたが、雌株の方でも木によって大きい実がなるものと、小さい実しかならないものがありましたが、ここにある木はかなり小さい実しかなりません。栽培されて、大きな実がなるものや、甘い実がなるものがあると聞きます。

海岸に多い木なので、先日行った佐久島には多かったです。西尾と吉良町の境の山では、海側の吉良町に面した斜面で見ることができます。

ヤマモモの色づきと共に集まってきた、ムクドリを追い払い、なるべく黒くなったヤマモモを口に入れてみました。とても懐かしい味です。

| | コメント (2)

2012年7月 5日 (木)

久し振りのマグロ

7月1日から、生レバーの提供は禁止されたそうですね、私は生レバーは食べませんから、別にどちらでも良いのですが、駆け込みで食べている映像を何度もテレビでやっていました。もしかしたら、その時に初めて食べたって方も、たくさんいるのでは・・・・・

それで、次なんですが、生卵のサルモネラが心配だって言うんで、生卵の販売が禁止になるんだそうです。ですから、販売する前に全て茹でてからでないと、売っちゃいけない。

卵焼きを作るのに困る?いやいやゆで卵を焼けばいいんですよ。

きっとそうなりますよ、民主党だから。
Maguro 久し振りに、『水曜日はマグロの日』でした。

| | コメント (2)

2012年7月 4日 (水)

新党

細野豪志、後藤田正純、鴻池 祥肇青木愛、姫井由美子、中井蛤、西村正美、山本剛正の皆さんが、新党を作るそうで名前は『新党不倫』・・・・・党首は国会議員ではないけれど、「不倫は文化だ」発言で有名な石田純一さんではいかがでしょうか。

え?ハマグリは独身?そうそう、銀座のねーちゃんに議員宿舎の鍵を渡して、ラブホテル代わりに使っていただけでしたね。

では、『新党 日本発情党』
Oonisi 日曜日、早朝徘徊をしていたら、あちこちにこんなポスターを発見しました。現職の、この地区の衆議院議員です。

「ただ今 ニッポン 復興中」だそうで、まったく空気の読めない方です。
Poster 以前もこの方、こんなポスターを作っていたのですが、この頃既に民主党は破綻、国民に大嘘をついていたことが、バレバレになっていました。自分の所属しているところが、ゴミだらけで、そのゴミによって国民が迷惑をしているのに、ニッポン、清掃中だの、復興中だの、あんたそれってブラックユーモアなのかぃ?あの悪魔のようなマニフェストを出したのはいつのことだった?面の皮は象の尻のように厚く、心臓にはハリネズミの針のような毛が生えていることでしょう。
Minsyu1 じゃあ、こんなやつ次の選挙で落としちゃえばいいじゃないか、と思うのですが、これが落ちない。

大企業の労組だとか、連合だとかが後ろに付いちゃってる。私ね~、これっていつもおかしいと思っているんですよ。市会議員でも「デンソー社員」とか「アイシン社員」とかいうやつらがトップ当選をしている。じゃあ、この連中誰のために政治をするの?って問えば「労働者のため」と答えるんでしょうが、ホントにそうかな~、ただ単に労組とか連合とかの組織のためだけじゃないかと思いますよ。まったく庶民というものは見えていない、庶民目線にはなれないんじゃないかな、こんなポスターを作っているようじゃ。

復興も、民主党のおかげで完璧に遅れましたね。

一度やらせてみてください。←もうこりごりです。

| | コメント (2)

2012年7月 3日 (火)

巻き貝

一色は、佐久島以外には海岸で岩礁地帯はありませんが、強いて言えば消波堤などは人工的な岩礁地帯と言えるかもしれません。
Syouha1 こんな所ですから、歩いて先端まで行けます。テトラポットじゃ危なくて歩けません。
Syouha2 岩には牡蠣が付着しています。死んでいるものが多いですけどね。
Shell1 先日佐久島で見たヒザラガイも波打ち際に沢山います。この貝は、二枚貝とも巻き貝ともちょっと違っていて、8枚の殻を背中に背負っていて、多板綱と呼ばれています。
Shell2 こんな貝もいます。
Shell3 で、これ。

沢山岩場にくっついていましたので、試食用に採ってきました。サザエを小型にしたような形です。三重県などで「磯もの」と呼ばれる貝は、バテイラだと思われ、蓋が膠質状で、爪楊枝で簡単に取り出しやすいのですが、これは石灰質の、半円状になっていて、爪楊枝や竹串では全く取り出すことができません。長時間加熱して、自然に蓋が外れるようにしたほうが良かったかもしれません。

味は良いですよ、貝の名前は分かりませんが『スガイ』ってのに似ています。

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

初めてのイカ

民主党の分裂騒ぎ、いよいよ本当に分裂して、と言いますか初めから、まとまっていないんですよね。主義主張が違う連中が、選挙のためだけに固まったフリをしただけですから。そんな連中に政治はできないでしょう。

で、分裂したんですが、ちょっと数が合わない、反対票を投じたり棄権した連中は、全て潔く止めるべきじゃないでしょうかね~。メンバーを見てみると、国会議員を辞めて欲しい奴らが沢山います。

しかし、ある新聞の調べでは、小沢新党に期待するか、というアンケートに対して、期待すると答えたのが15%期待しないと答えたのが78%だったそうで、まだまだ日本は大丈夫だなぁと思いました。
Ika2 水曜日はマグロの日と、一軒だけ営業している魚兼さんに行ったら、マグロはなく、大浜の小イカがありました。ちょっと大きくなったなぁと思いながらも購入。いつもの小イカでしたら、切らずに1枚ずつペロッと食べてしまうのですが、やや大きいので細く切って、いかそうめんです。
Ika1 右下はゲソです。

食べてみると、これが固い・・・・・噛んでいれば、それなりに美味しいのですが、いつものように1枚口の中に入れたのでは、噛み切れないくらいの固さです。
Ika4 いつもの小イカ、ジンドウイカではないようですね。季節的なものとも思えません。もちろんスルメイカでもないと思います。食感だけで言うと、初めてのイカですね。
Ika3 翌日、魚兼さんには報告しておきました。

購入した魚介類については、食べ方を含めていつも情報交換をすることにしています。こういった情報があれば、魚屋さんもお客さんと話がはずむでしょうしね。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »