« 初めてのイカ | トップページ | 新党 »

2012年7月 3日 (火)

巻き貝

一色は、佐久島以外には海岸で岩礁地帯はありませんが、強いて言えば消波堤などは人工的な岩礁地帯と言えるかもしれません。
Syouha1 こんな所ですから、歩いて先端まで行けます。テトラポットじゃ危なくて歩けません。
Syouha2 岩には牡蠣が付着しています。死んでいるものが多いですけどね。
Shell1 先日佐久島で見たヒザラガイも波打ち際に沢山います。この貝は、二枚貝とも巻き貝ともちょっと違っていて、8枚の殻を背中に背負っていて、多板綱と呼ばれています。
Shell2 こんな貝もいます。
Shell3 で、これ。

沢山岩場にくっついていましたので、試食用に採ってきました。サザエを小型にしたような形です。三重県などで「磯もの」と呼ばれる貝は、バテイラだと思われ、蓋が膠質状で、爪楊枝で簡単に取り出しやすいのですが、これは石灰質の、半円状になっていて、爪楊枝や竹串では全く取り出すことができません。長時間加熱して、自然に蓋が外れるようにしたほうが良かったかもしれません。

味は良いですよ、貝の名前は分かりませんが『スガイ』ってのに似ています。

|

« 初めてのイカ | トップページ | 新党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてのイカ | トップページ | 新党 »