« 久し振りのマグロ | トップページ | ゴマサバ »

2012年7月 6日 (金)

ヤマモモ

Yamamomo0 ここは一色中学校の南、野球のグラウンドがある公園です。

ここには色々な木が植えられていますが、グルッと公園を一回りすると、ヤマモモの木が数本植えられていることに気が付きます。
Yamamomo その中で、一本だけ、この木が山桃の実を付けます。

ヤマモモは雌雄異株ですから、この木だけが雌の株ということになります。
Yamamomo1 赤くなるのをずいぶん楽しみにしていたのですが、今年はどうやら遅いようですね。

野生のこういった果物は、赤くなるのが食べ頃ではなく、むしろ黒くなったくらいでないと本当の美味しさは出てきません。これは、桑の実やイヌマキの実でも然りです。
Yamamomo2 三重県の志摩地方では、あちこちにヤマモモの大木があり、時期には道路に落ちた実が車に潰されて真っ赤になっていました。

この木は結構折れやすかったり、枝が腐っていたりで危険なので、地元の人には登らないよう注意を受けていました。

雌雄異株と言いましたが、雌株の方でも木によって大きい実がなるものと、小さい実しかならないものがありましたが、ここにある木はかなり小さい実しかなりません。栽培されて、大きな実がなるものや、甘い実がなるものがあると聞きます。

海岸に多い木なので、先日行った佐久島には多かったです。西尾と吉良町の境の山では、海側の吉良町に面した斜面で見ることができます。

ヤマモモの色づきと共に集まってきた、ムクドリを追い払い、なるべく黒くなったヤマモモを口に入れてみました。とても懐かしい味です。

|

« 久し振りのマグロ | トップページ | ゴマサバ »

コメント

そうか~、赤い実を食べたのであまり美味しくなかったんだ・・・、お猿さんと競争ですから、私、早く食べ過ぎた・・・。

投稿: 北割 | 2012年7月 6日 (金) 21時55分

そうなんですよ、自然界では必ず鳥か動物と競争になりますね。

投稿: からっぽ親父 | 2012年7月 7日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久し振りのマグロ | トップページ | ゴマサバ »