« またイカ | トップページ | さんま »

2012年9月20日 (木)

バイオ・ハザード Ⅴ リトリビューション

映画、『バイオ・ハザード』では、オスプレイによく似た飛行機がたくさん出てきます。Ⅳではそれが富士山のすそ野に墜落しちゃうんですが、実際に日本に墜落したら大騒ぎでしょう。まあ、素人が考えてもプロペラを水平にしたり、垂直にしたりする変更時が一番危険なのでしょうね。

さて、というわけで『バイオ・ハザード Ⅴ リトリビューション』を見てきました。

Ⅴはブイではなく、五です。このシリーズ5作目です。

ハリウッド映画ですが、日本のカプコンが作ったゲームが原作となっていて、ミラ・ジョボビッチさんがヒロインのアクション・ホラー映画です。

このシリーズは、「辻褄が合わないとか」「あいつ死んだはずじゃ?」とか「あれ?敵だったんじゃないの」とかの細かい疑問は邪魔になりますので、純粋にミラさんのアクションと、ゾンビ皆殺しでスカッとしてください。しかし、ゾンビとはいえ、あれだけ殺しまくっちゃ、鑑賞するのに年齢制限が付く訳です。日本ではPG-12ですが、R-15やR-18の国もあると聞きました。

ところで、私、外国映画を見る時には、決して日本語吹き替えのものは見ません。いや、英語は全く苦手で、1から10まで数えられませんが、必ず字幕版を見ることにしています。

何故なら、日本語の吹き替え役者を実力ではなく、その時期の話題性の大きさだけで選ぶことがあるからです。AKBの女の子、先日の『プロメテウス』のヒロインは最近やたらCMに出まくっている、キツネ目の女の子。まあ、見てないから出来は分かりませんが、それで良いんでしょうかね~・・・・・おじさんには疑問です。

時々テレビ放映される映画を見ると、一番、不自然さを感じるのは、息づかいでしょうか。何かわざとらしいのです。

そうそう、『バイオ・ハザード』シリーズ、まだ続くのか?それとも最終決戦の場で、元に戻されたアリス、活躍を暗示させて終わりなのか。

|

« またイカ | トップページ | さんま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またイカ | トップページ | さんま »