« ヒイラギの干物 | トップページ | ヒイラギの干物2 »

2012年10月27日 (土)

次郎柿

次郎柿を沢山いただきました。
Jirougaki 次郎柿は遠州森町の太田川の河原で地元の方が、苗木を拾って植え育て、その後改良されたものが現在の次郎柿だということです。

森町には、その原木が残っているそうです。弘化年間と言いますから、それほど古い話ではありません(1844~1847)。

森町が次郎柿の発祥の地として、なるほどと頷けることがあります。それは、森町のかなりのお宅で、必ず大切にしている次郎柿の木があるのです。それもかなり古くて、大木になっています。

私も、大叔父と義姉の実家の二件が森町にありますが、どちらのお宅も立派な次郎柿の木を持っていました。そして、それはそれは、大きくてきれいな柿がたくさんなって、いただいたものです。

我が家の庭にも次郎柿の木がありましたが、あまり立派な柿はなりませんでした。ですから、秋はもっぱらよそのお宅の柿を味合わせていただいたものです。

|

« ヒイラギの干物 | トップページ | ヒイラギの干物2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒイラギの干物 | トップページ | ヒイラギの干物2 »