« 戸隠3 | トップページ | 戸隠4 »

2012年10月17日 (水)

善光寺

Zenkouji1 話は前後しますが、13日の朝、戸隠に行く前に善光寺へお詣りしました。

私は善光寺が、北京オリンピックの際、中国によるチベット弾圧に抗議する意味だと思うのですが、聖火ランナーの出発点を善光寺境内にすることを辞退したことに、まことに感激しました。

一方で、チベットやウィグル自治区の人間を弾圧、虐殺しておきながら、世界の平和の祭典とオリンピックを開催して、デモンストレーションをする。それに対して、日本を始め西側諸国は見て見ぬふりをしていましたが、善光寺さん、良くやってくれました。中国にとっても、蟷螂の斧のごとく何も影響はないでしょうが、小さくとも日本の気概のようなものを示してくれました。
Zenkouji2 ありがとう、善光寺。

さて善光寺といえばもう一つ、忘れてはならない事があります。

そう、北割さんに教えて頂いた『三河屋洋傘専門店』以前、訪れたのは4年前の11月でした。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-dd4d.html

あの時買った傘はまだ何ともないのですが、今回、娘二人が嫁いで、その旦那達にもプレゼントしようと再訪したものです。

前日に電話して、お店を開ける時間などを聞いておきましたので、善光寺にお詣りしてから9時前には、お店が開いていました。

ご主人、開口一番「圧迫骨折をやっちゃって、こんなに痛いものだとは思わなかった」とのこと、ちょっと不自由そうでしたが、こちらの希望する傘を色々出してくれて、傘の特徴など教えて頂きました。

思い出の着物などで、オリジナルな傘を作ってくれる、ということが雑誌などで紹介されて、1年半待ちになってしまったので、しばらく発注をお断りしていたとか、前に買ったものと同じ材質、柄のものが欲しいとか、お客さんの我が儘にも徹底的にお付き合いしているようです。
Zenkouji3 それでいて、それ程高いものではありません。この16本の骨が入っているもので、男性用が5,000円、女性用が4,000円です。私が今持っているものは4年経ちますが、ビクともしていません。丈夫で長持ちすれば、愛着もわきますし、作り手の顔も思い浮かびます。

いつまでも長生きして、良い傘を作り続けて欲しいものです。

お別れに、「今度来る時は、孫の傘を買いに来ますから、それまでお元気で」と言ったところ、嬉しそうに笑って、店の外まで送ってくれました。

|

« 戸隠3 | トップページ | 戸隠4 »

コメント

あの三河屋洋傘店さんへ行かれたのですね
我家で購入した傘も十分長持ちしていますよ。
でも、手元から離すような集まりには持って行けないようですが・・・。
職人の店が無くなって行く昨今、いつまでも残って欲しいですね。

投稿: 北割 | 2012年10月17日 (水) 22時11分

前々から話題にあがってた傘屋さんの傘がついに自分も頂けると思うと受け取る前から楽しみです。
僕は写真の右から2番目の青色の傘が気に入りましたが、今度現物を見て選ばせて下さい。

投稿: からっぽ息子 | 2012年10月17日 (水) 23時02分

傘屋さん元気で良かったです(^^)
孫の時まで本当にお元気でいてくれると良いですね〜(^^)

投稿: からっぽ娘一号 | 2012年10月18日 (木) 08時42分

北割さん

全くその通りですね。
三河屋さんは後継者がどうなっているのか、なかなかお聞き出来ないものです。
奥様も、腰の具合が悪いとか、今回はお顔を拝見出来ませんでした。

私ね、実はもう一本買ってきてしまったんですよ・・・・・

投稿: からっぽ親父 | 2012年10月18日 (木) 13時27分

からっぽ息子、からっぽ娘様

来週来るのかな、その時選んでください。

投稿: からっぽ親父 | 2012年10月18日 (木) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戸隠3 | トップページ | 戸隠4 »