« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 小さなメイタガレイが安い »

2012年12月25日 (火)

ごま鯖のみぞれ鍋

寒いこの時季、さかな村にはあまり鍋用の魚はありません。あってもとても高いです。

そこで、普段あまり鍋にしないような魚を、つまり安い魚を鍋にするととても経済的で、体も懐も暖かくなります。
Gomasaba1 魚兼さんにごま鯖が2尾で300円と、とても安く売られていました。

以前、塩鯖を作って船場汁ならぬ船場鍋だと言って、食べたことがありましたが、今回はその変化球です。
Gomasaba2 そうそう、ごま鯖ですが、光の角度を変えると腹部のごま模様がきれいに見えます。
Gomasaba3 さて、調理ですが、しめ鯖を作る要領でしっかり塩をして水分を出しておき、小骨を全て抜き取り食べやすい大きさに切ります。

鍋に一本分の大根とともに野菜と一緒に煮れば出来上がり。味付けは塩と醤油、あまり濃くしないで手元で調節です。
Gomasaba4 あまり煮すぎると身崩れしますので、煮上がったら素早くいただきましょう。鯖はふんわり柔らかく、大根おろしがサラッとして、水菜がしゃきしゃきでいくらでも食べられますよ。

これね、塩鯖にするってのがミソですから、市販の塩鯖でも良いです。塩の薄いやつでやってみてください、塩鯖でないやつはあまり美味しくないですよ。

|

« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 小さなメイタガレイが安い »

コメント

鍋も美味しそうですね。
今の季節は、刺身がとっても美味しいですね。
こちらでは刺身はチョット心配して食べますが
とっても美味しく好物です。

投稿: 北割 | 2012年12月25日 (火) 21時37分

鯖の刺身が食べられる環境ってのは素晴らしいですね。日本海の新しいものが入ってくるのでしょうね。こちらでは、先ず無理ですから、せいぜい締め鯖で我慢しています。

冷凍してなければ、アニサキスにご注意下さい。

投稿: からっぽ親父 | 2012年12月26日 (水) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 小さなメイタガレイが安い »