« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

アケガイでしょう

きょうはぽかぽか陽気で、普通にしていても眠いです。昨年か一昨年に、私も花粉症デビューしたと書いたことがありましたが、今年は今のところあまり影響はありません。もしかしたら、勘違いだったのでは、と秘かに期待している今日この頃です。

さて、昨日の二枚貝はこびんすさんのおっしゃるように、『アケガイ』のようですね。もちろん私は貝類も素人ですから断定はできませんが、殻頂部付近がつるつるしています。スダレガイはもっと年輪のようなミゾが激しいそうです。

昨日、さかな村は休みだったのですが、仕事の合間に高橋さんの所へ寄ったら、この『アケガイ』が売られていました。
Akegai1 かなり長時間砂を吐かせているというので、また買ってきました。
Akegai2 かなりたくさんありますね。

きょうは茹でずに、そのままオリーブオイルと白ワインで炒め蒸しました。
Akegai3 ニンニクとタカノツメの輪切りが入っています。

味付けは塩胡椒・・・・・・え?入れるの忘れた?うぅ~ん天然の味付けだけ。美味しいね~~~。心配していたように、それ程固くはなっていません。あっという間に食べちゃいました、もちろん3人ですが。
そうそう、二女が昨日の残りの茹でたむき身を持ち帰ったそうで、「貝をカイワレと炒めたよ!ゆずぽん胡椒としょうゆとニンニクで♪」なんとも不思議な料理を作ったようですが、これを弁当のおかずにするって言うんですから、大丈夫かなと思ってしまいます。
Img_1819 左下がそれですね。

二女夫婦の最大の関心事は、どうやら弁当のおかずのようで、先日の「手まり寿司」の時も「これお弁当になりませんかね~」と聞かれたくらいです。もちろん否定しましたよ、まだ寒いからと言ってお刺身ですからね。

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

スダレガイ・・・アケガイかもしれない。

驚きました、と言いますか、いつかは受賞するとは思っていましたが、ジェニファー・ローレンスさんがアカデミー賞主演女優賞ですか。なにしろ気が強くて、突っ張ったねーちゃんを演じさせたら天下一品と私は思っています。『ウインターズ・ボーン』の演技は、いつか大きな賞を取るだろうと予感させるものがありました。

今回受賞した作品『世界にひとつのプレイブック』はラブコメのようですが、残念ながら私がいつも行く映画館では上映されません。まだとても若い女の子ですから、どのように演技するのか興味があったのですが。
Sudaregai1 スダレガイがまとまって出ていました。他の貝に混じっているのを見たことがありますが、こんなにまとまっているのは珍しいのではないでしょうか。聞いてみると「ころころが採ってきた」とのこと、「ころころ」とは湾内操業の小型底引き網ってことでよろしいでしょうか?深谷さんで買いこれだけで400円です。

話の種に買ってきて、生で食べてみましたがなかなか美味しい。
Sudaregai2 足の色はバカガイに似ていますが砂は全くありません。

量が多いので、全部茹でてしまいました。
Sudaregai3 もっと固いかと思ったら、思ったよりずっと柔らかいし、とても美味しいです。これはもっと買っておかなければ、とさかな村に引き返したら、全部売り切れでした。

深谷さんで話をしていたのですが、酒蒸しはどうだろうかとお聞きしたところ、固くなってしまうのではないか。とのこと、しかし一度は酒蒸しやバター焼きなどやってみたいものです。

ただこの貝の美味しさも年中を通じてのものではなく、春先の旬の時季だけとも考えられます。

| | コメント (4)

2013年2月26日 (火)

鯛の手まり寿司

ロシアの隕石、凄かったですね~あれで死亡した方がいないってのも凄いです。

しかし、あれだけ大きくて長い時間見えていた訳ですから、どなたか願い事を言った方はいなかったんでしょうか?隕石って早い話が、流れ星でしょ。普通なら、願い事を言う前に消えちゃうんですが、今回のはかなり長かったですからね~。「宝くじの一等が当たりますように」「抜け毛が止まりますように」え?まだ消えない「鰻が増えますように」・・・・・

ところで、朝、さかな村を歩いていると、魚屋さんの皆さんから「お孫さんのお誕生おめでとうございます」とあたたかいお言葉をたくさんいただきます。本当に皆さん、ありがとうございます。おかげで今のところ順調に育っているようです。生後10日を過ぎた頃、一気に変化をお見せしたいと思っていますのでお楽しみに。(別に楽しみじゃないと思いますが)
Tai1 一応、お祝いですから、鯛を買ってきました。
Tai2 全長50cmあります。精悍なお顔と、すっと伸びた尾鰭、天然の証です。←(明石だと良かったんですが)

鯛は捨てるところがありませんからね、ほとんど利用しました。

が、今回メインは『手まり寿司』です。昆布で締めた鯛を薄く切り、酢飯の上に載せてラップでクルッと球形にします。この仕事は二女夫婦にしてもらいましたが、何事も大ざっぱな二女より、その旦那の方がずっと上手でした。
Tai3 たいと酢飯の間には大葉が入っていますが、この香りがとても良かったです。上に乗っているのは、菜の花の塩漬けです。これはいろいろなバリエーションがあっても良いのではないでしょうか。
Tai4 ヒラメやホウボウ、締め鯖でも美味しくできると思いますよ。

| | コメント (2)

2013年2月25日 (月)

出産

やはり、アン・ハサウェイさんがアカデミー賞を受賞しましたね、助演女優賞ですが、『レ・ミゼラブル』では主演女優のようなものです。

さて、私の孫の出産ですが一応記録しておかなければいけないので、思い出しながら書いておきます。

16日まで全く出産の兆候がない娘でしたが、17日起きてくるのが遅いと思っていたら、お腹が痛いとのこと、まだまだ間隔が長いのですぐに出産ではないのでしょうが「おしるし」もあり、確実に近いことが伺えました。

日中は自分の妹や、義理の妹が遊びに来てくつろいでいましたが、夕食の「鹿肉のすき焼き」は、普段から食いしん坊の娘ですが、異常な食欲を見せて食べていましたね。今考えると、ありゃ本能ですね、今から起こる出血に対して鉄分を補給したんでしょう。

その後、痛みが変わってきて腰の方も痛いとか、元来我慢強い方なので、無理をしてはいけないと、一度病院まで連れて行くことになりました。

病院では、まだすぐに産まれることはないが、心配なら泊まっていくようにとのことでした。車での移動がかなり辛そうなので、泊まっていくことになりましたが、女房は帰ってきました。

翌朝、一仕事終えて病院に駆けつけると、次第に陣痛の感覚が短くなってきたとか、おそらく今日中の出産になるんじゃないかと思いました、素人判断ですが。一度仕事場に帰りましたが、いない間に産まれてはいけないと思い・・・・・いや別に良いんですが・・・・・再び病院へ、父親である、さっくんも静岡から駆けつけ、ほとんど準備OKですが、そんなに簡単にはいきません。

よく、あっという間に産まれてしまった話を聞きますが、娘の場合は律儀に変化しているようで、急激な変化はありません。ですから、長い長い、その間亭主のさっくんがずっと腰をさすっていたのですから頭が下がります。

夕方、さっくんのお父さんも会社帰りにに駆けつけてくれました。「今日中には産まれますよね~」と言ってましたが、破水もないから分娩室にも入らない。我々、爺二人は何の役にも立たないので、一時自宅待機ということになり帰りました。それでも、いつ電話があるか分からないので、アルコールは摂りませんでしたよ。

風呂に入って、ウトウトしていたら眠ってしまい、気が付いたら午前3時を回っていましたので、心配になり女房に電話したところ「2時ころ分娩室に入った」とのこと、そりゃあ本当に近いと顔を洗って出かけました。

分娩室の前について、しばらくするとどこからか泣き声のようなものが聞こえましたが、女房はそれをああちゃんが産まれたと勘違いしたようです、実際には母親がわめいていたのですが。その後すぐに新生児らしい泣き声が聞こえ、笑い声も聞こえました。

笑い声は、出産後の赤ちゃんがすぐにおしっこをしたんだそうです。

約1時間後、我々も分娩室にはいることが許され、初の対面をすることができました。
Baby92月19日午前4:40女の子3178グラム。

| | コメント (4)

2013年2月24日 (日)


北風が強い今日、赤ちゃん達の退院で安城厚生病院に来ています。ここは赤ちゃんの父親と両家の祖父母しか入れないので、とても静かで良いですね。
病室に二人は居ません、授乳なのでしょうか?机の上には、沢山の安産祈願の御守り。神様、仏様に感謝します。

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

お祝い御膳

昔、浜島町で仕事をしてもらっていた、おばちゃんから聞いた話です。

知り合いの方が、赤ちゃん(お孫さん)をおぶっていたので、見せてもらったところ、お世辞にも可愛くはなかったそうですが、なにか誉めなくてはいけないと思い、思わず「いかつそうな子やな~」と誉めたとか、「いかつそうな」とは「丈夫そうな」という意味です。

私も今朝、親戚にまだ報告をしていなかったので、三軒ばかりCCで報告、3枚ほど産まれて1時間後、10時間後、32時間後の写真を貼付しました。

そのうちの1人のコメント「しっかり育った立派な赤ちゃんで・・・・・」

この辺の所、今朝もある魚屋さんと話したんですが、両親だとか祖父母は産まれてきた赤ちゃんは無条件に可愛い、それでないと子育てはできませんよね。しかし、次第に係累が遠くなればその子に関しては、子育てとは無縁になってきますから、可愛いと思わなくても良い訳で、素直な感想が出てきますし、ましてや他人では浮かれている父母、祖父母を滑稽に思い苦笑していることもあるでしょうね。

ですから、赤ちゃんというのは、誰某によく似ている、鼻はあの人だと賑やかになりますが、父母、祖父母だけでなく叔父叔母、曾祖父母など係累によく似ているようにできているのでしょうね、ちょっと角度を変えれば全く違う人にも似ています。

それだけ身内だけには可愛いと感じることができるのかもしれません。

ところで、娘が陣痛で苦しんでいた夕方、ちょうど病室に夕食の配布が行われていまして、所々でなにやら豪勢そうなトレイに乗った夕食を持ち、配膳係の方が「お祝い御膳です」という声が聞こえたような気がしました。

ああそうか、出産を終えたお母さんに、お祝いとご褒美をかねて、豪華夕食が用意されているんだな、と思い、その旨を娘に伝えました。

しかし、当然ながら出産を終えたばかりの母体に、いきなり豪華な食事を出されても、迷惑な話です。出産から三日目、娘からメールが来ました。
Img_6095 「きょうがお祝い御膳だったよ~」
Img_8437 流石に、お刺身はありませんが、なかなか見た目は豪華そうです、味は聞いていませんが。

最近の病院はなかなか粋なことをやるんですね。

| | コメント (2)

2013年2月20日 (水)

雛人形

Hina 孫が産まれる、しかも予定日が2月23日で女の子決定、ということで恐らくバタバタ慌ただしく、誰もお雛様のことは考えつかないのではと思い、1月中旬「幸兵衛窯」にメールしてペルシャ絵の雛人形を予約しました。

これは秋の新作で連絡をいただいたものの一つだったのですが、その時はそんなことを思いつかなかったのです。

間近になって思いついたことなので、もうないかと思ったのですが、連絡をいただき「親父様のご注文の分は一月末に焼く」とのことで2月はじめに手に入れることができました。

娘に陣痛が起きたのが17日、18日は雨水でこの日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとか、18日まだ出産前でかなり陣痛が短期間になってきた娘やその夫に、雛人形を披露しました。娘は痛みでそれどころではなかったでしょうけどね。

結局、赤ちゃんの誕生は19日になってしまいましたが、雨水の日に雛人形を飾るという儀式は全うできたことになります。

赤ちゃんにも、娘の夫(赤ちゃんの父親)さっくんのような良い男性と巡り会えると良いですね~。

| | コメント (6)

2013年2月19日 (火)

鹿のすき焼き

毎年、お正月用にと鹿の肉をいただきますが、冷凍庫に入っているのでついつい忘れがちです。しかし、いくら冷凍庫といっても過信してはいけません。

鹿の肉は、脂肪分が少なく鉄分が多いといいますから、ちょうど食べ時と思い日曜日にすき焼きにすることにしました。と言っても、鹿の肉は筋が多いので下拵えが一苦労です。
Shika1 ペティナイフで筋を上手に取り、薄く切ります。
Shika2 あとは普通にすき焼きにするだけです。一応、火はしっかり通しますが、あまり時間をおくと固くなりますので、適度に食べます。

今年の鹿肉は、やや血が回っているのか血液の匂いがしましたが、味は上々、歯ごたえもこれくらいないと歯や顎に良くありません。「柔らかい~」や「とろけちゃう~」は味覚オンチ、食感オンチのたわごとです。

筋の多い部分は、細切れにして、キノコや野菜と一緒に炒めてもらいます。これを噛みしめながらの晩酌がまた美味い。

外国映画(冒険ものなど)を見ていると、小動物を捕らえ焼いて食べる時に、骨に付いた筋もきれいに食べる演技をしますが、日本人もああならなくちゃいけません。

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

雨水

きょうは二十四節季の一つ『雨水』だそうです。冬の雪が雨に変わり、氷も溶け出す頃、旧暦では農作業をそろそろ始める頃だったと言いますが、新暦ではだいぶ趣も変わっているんでしょうね。もっとも、日本の稲作も変わり、夏の暑い時季に稲刈りをやるようになったんですから、やはり雨水が農作業開始でも良いのかもしれません。

先ほどラジオで聴いたのですが、雨水の日に雛人形を飾ると、良縁に恵まれるそうです。

娘は昨夜から陣痛が始まり、入院していますが、ここは一つ「爺い」になる私がと前々からちゃんと準備播但、『幸兵衛窯』で出された、男雛女雛を購入、内緒で陣痛室に届けておきました。産まれて来たら雛人形が飾ってあるというわけです。え?もし産まれなかったら?

そんな時は前倒しで飾っちゃいます。どうもこの予想が当たっているような気がしますね、男の子だったら大はずれです。

| | コメント (2)

2013年2月15日 (金)

もずく

昨日、家に帰ったらチョコレートが届いていました。
Choco 季節限定の懐かしい、バッカスとラミーです。このようなチョコレートを中学生、高校生の頃から食べていたんですから、まともな大人にはなりません。

そして、チョコレートをいただいてから、最初に考えたことが「ウィスキー、買ってくるかな」ですから、もうホントアル中寸前です。でもこれがまた美味い。

昨日買ったサンマの干物はとても美味しかったです。

やはり先日ですが、高橋さんに「生もずく」が出ていまして、買ってきました。「もずく」って藻に付くから「もづく」ではないかと思っていたら、「もずく」が正解とか。

私の認識では、ホンダワラなどの海藻の上に生えて、海中で指に絡ませた「もずく」を海上ですすっていた先輩がいた記憶があります。
Mozuku1 翌日、高橋社長に産地を聞きに行くと「袋詰めをしたのは石川県の会社だけど、原産は沖縄だと思うよ」とのこと。

調べてみると、確かに日本海では「いしもずく」と呼ばれる、石に生える「もずく」があり、結構採れるんだそうです。

沖縄では「おきなわもずく」と呼ばれる、ちょっと太い「もずく」が養殖されているのは有名ですが、この「もずく」はあんなに太くはありませんし、食感も違うような気がします。

結局真相は分かりませんが、また調べておきます。忘れるでしょうけど。
Mozuku2 味付けは簡単、ナマコと同じく市販の(セブンイレブンの)味付けポン酢に味醂を入れただけ、これで結構いけます。

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

バレンタインデー

魚がないとは知りつつ暇な時間にさかな村へ行ってみました。

もちろん、魚は少なく高橋さんのおばちゃんに「これどう?大きなヒラメ」見れば活かしで7,000円の値札が付いています。おそらく逆に冷やかされてしまったのでしょう。

某さかな屋さんの前に立ったら、そこのおねばさんが、私のポケットに何か入れてくれました。見てみると・・・・・
Choco1 なんとチョコレートではありませんか、そうか~きょうはバレンタインデーだったんだ~腰が曲がりかけて、髪の毛が薄くなったアラカンの親父でも、やはり嬉しいheart04義理チョコでも嬉しいheart02よく考えたら、義理チョコ以外くれる人があるわきゃない。

お返しに、大間のマグロ一匹買おうか、伊勢エビをかき揚げするくらい買っていこうか、と思ったのですが、残念ながらきょうは悪天候で、ほとんど魚がありません。仕方ないから、先日から言っているように、干物を買ってきましたよ。サンマの干物、きょうはサンマで一杯です。
Choco2

| | コメント (2)

2013年2月13日 (水)

ムシガレイとヤナギムシガレイ

朝、6時前、昨夜からの雨が上がると同時くらいに、北西の風が強くなってきました。元漁師さんに言わせると「春の濡れ吹き」だとのこと、雨が乾かないうちに強い風になるのが春だそうです。

また船は出ないんでしょうね~?と聞くと、「出ないだろうね、その昔は一ヶ月に二日しか漁に出られないことがあったけど、それも2月だった」とのこと。干物でも買ってくるかなぁ~・・・・・

先日、以前話していたムシガレイとヤナギムシガレイが、偶然にも同じトレイに入って売られていたので買ってきました。
Karei1 こちらで売られている時には、無眼側が表になっているので、分かりにくいかもしれませんが、慣れればすぐに分かります。右2尾がムシガレイ、左3尾がヤナギムシガレイだと思います。ヤナギムシガレイの方がややスマートです。
Karei2 これが有眼側、左3尾は鱗が剥がれてしまっただけかと思われるかもしれません。
Karei3 これがヤナギムシガレイで
Karei4 これがムシガレイですね。
Karei5 鱗を落とし、内臓、鰓を取り去って塩水に浸け干しましたが、この日は風が非常に強く、砂埃だらけになってしまったので、一度水で良く洗い室内に干し直しました。
Karei6 皮が剥がれやすく、焼くのに苦労するようですが、味はとても良いです。同じ位の大きさのものを食べ比べてみましたが、どちらも美味しいです。しかし、大きいものを食べると、ヤナギムシガレイの方が、独特の風味があって美味しいように感じました。

後日、魚を買った深谷さんの社長に、「ワカサにも2種類あるね?」と聞いたところ「うん、もう一つ(もう一種)はササガレイって言うんだ」と教えてくれましたが、これも正しい。ササガレイってのは、ワカサガレイの商品名みたいなもので、若狭地方ではこのような名前でも売られているようです。

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

つぶ

魚が少ないので、いかの塩辛でも買いに行こうと『魚センター』まで来たら、色々試食させてもらい、結局これを買ってきました。
Tubu1 つぶ貝のこちじゃん漬けという意味でしょうか、辛くてなかなかいけます。しかし、こういった珍味って、試食で食べるのが一番美味しいんですよね、ワンカップの酒を持っていって、試食で一杯やるのが一番かもしれません。
Tubu2 裏返して、原材料を見てみると、トップシェルってのがあり、これが貝の名前のようです。外国では、日本のようにしっかりとした名前が付けられませんので、サザエもニシも全部トップシェルですね。

しかし、日本の食品業界ではそんなにいい加減なことはできないので、調べてみると、トップシェルってのはブルガリアやトルコ原産の巻き貝、それもニシの仲間だということが分かりました。おそらく黒海原産だということなんでしょう。

ニシの仲間は分類上、新腹足目というorderです。ニシ類、ホラ貝、ツメタガイ、バイ貝、ホネガイなど色々ありますが、動物食のものが多いですね、また貝の蓋がサザエのように石灰質ではなく、膠質のものが多いような気がします。

ところで、この「つぶ」という表現ですが、これも「つぶ」とか「つぶ貝」という貝がいる訳ではないようで、いろいろな貝の総称って事でよいと思います。気になる方は調べてみてください。ですから、トップシェルを使っていて「つぶ」と表示しても違反にはならないのでしょうね。ロコ貝を使って「あわび」と表示すると違反ですし、今回のものでも「サザエ」と表示すれば違反になると思いますよ。

さて、味ですが「ニシ」というよりは、ツメタガイの風味によく似ていると思います。

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

ヤリイカの信号和え

最近海が荒れていて、ほとんど新鮮な魚がありませんが、先日大きなヤリイカがあったので仕入れておきました。
Yariika 胴の長さが40cmあります。

先日、冷凍のアオリイカで『黄金納豆和え』を作りましたので、今回はそれも使って『ヤリイカの信号和え』です、単に赤・青・黄色ってだけですが。
Yariika2 青はネギと大葉、生姜のみじん切りで和えました。
Yariika3 黄色は卵黄と納豆
Yariika4_2 赤は明太子です。たまたま、さかな村のお店で、切れたものが売っていました。
Yariika5 ヤリイカ、今柔らかくて美味しいです。

ゲソと耳は、翌日、残った明太子でパスタが出来上がっていて、その中に入ってましたが、これまた美味しかったですね。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

ビックリ!

いやいや、驚きました。

グーグルアースがリアルタイムで見られるなんて、本当に進歩したものです。これで、ストーカーが簡単になりそうですね、原口さん。

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

近況

先日早朝、3時ころだったと思いますが、廊下でドサッとという音がして目が覚めました。普段なら何か倒れたのだろうと起き上がらないのですが、今は娘が産卵回遊で戻ってきているので、何かあってはいけないと起き出してみると、お腹が大きくなって動きも鈍いし、感覚もつかめない娘がトイレに起きた時に倒れたようです。幸い、何もなく「ごめん、ごめん」と再び寝てくれましたが、何事につけ心配です。

ただ、予定日は今月で、いつ産まれても良いとのお墨付きをもらっているので、早産になるということはないようです。

昨日も、最後のでしょうか、検診に行って来たのですが、まだまだ産まれる気配はないとか、いつまでも産まれないのでは困りますが、近いうちに何とかなるでしょう。

娘が食事をすると、異常に動くことから、かなり食いしん坊の遺伝子を受け継いでいるのかもしれません。毎晩、夕食後は動く赤ちゃんを触ったり、撮影したりで大騒ぎです。自分の子供、つまりこの娘なんですが、こんなに動いたんでしょうか記憶がありません。

息子の嫁、ということでは、このように触るって事は出来ませんが、娘だから遠慮なく触らせてもらってます、幸せなことですね。

| | コメント (3)

2013年2月 8日 (金)

訃報あり

大変お世話になったT.さんという方が亡くなったとのお知らせがあり、ご遺族に連絡してお会いさせていただきました。

ある団体の長を9年間勤め、引退して悠々自適な生活だったのですが、正月から体調を崩されて入院、しかし少しずつ回復して、歩行のリハビリをしようかという時に、再び体調が悪化、帰らぬ人となりました。

仕事の面でお世話になったのですが、私の会社が傾きかけた時、いろいろなことに気をかけていただき、今日私があるのもT.さんのお陰です。

どちらかと言えば、寡黙な方で余分なことは言わないけど、生き方に説得力のある方で、情に厚い方でした。酒が強いことでも常に驚かされ、酔っても醜態を見せることは決してありませんでした。

生前にお会いしたのは、入院してしばらくしてからですが、その頃にはかなり回復していて、ベッドに起きあがることもできたし、軽い食事もできたようです。耳が遠いので、手を握りながら耳元で話すと、口調もしっかりしていてたので、「春になって温かくなるまで、ゆっくり病院でリハビリしてね」と言うと笑っていましたが、本当は家に帰りたかったんでしょうね。

とにかく潔い人だったんですね、入院して約一ヶ月、ほとんど家族に手をかけさせずに旅立ってしまいました。いつまでも生きていて、心の支えになっていただきたかったんですけどね。

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

最近魚がありません。

全く、中国って国はとんでもないクズ国家ですね。明らかな挑発行為で、日本がどのような反応をするかだけを見ていて、あわよくば、日本に攻撃させる意図もあると思います。もし攻撃されて、中国軍の人名が損なわれても、中国共産党は大喜びでしょう、開戦の口火が日本側から切られたというこじつけができます。人命なんて何とも思っていませんからね。

なんでも中国は、このレーダー照射について「日本は騒ぎすぎだ」と言っているようですが、逆の場合何と言うのか?先制攻撃を仕掛けてくるのか、まあ日本はそんなに馬鹿じゃないから、やりませんけどね。

レーダー照射、中国指導部内で慎重に対応検討か

【北京=竹内誠一郎】中国海軍の艦艇による火器管制レーダー照射について、中国外務省の

華春瑩

(

フアチュンイン

)

副報道局長は6日の定例記者会見で、「報道で初めて知った。状況を把握していない」として事実関係の確認を避けた。

 華副局長はレーダー照射について、「(国防省など)担当部門に問い合わせてほしい」と回答した。

 国営中央テレビと国営新華社通信は6日午後も、この問題を一切伝えていない。一部夕刊紙は、レーダー照射について日本の報道を引用した上で、「日本側からの一方的な情報で、事実かどうかは不明」とする識者の意見を紹介した。

 公式の反応が遅れているのは、中国政府が日本や米国の出方を見極めているためとみられ、

習近平

(

シージンピン

)

指導部内は対応の仕方を慎重に検討している模様だ。

(2013年2月6日22時07分  読売新聞)

| | コメント (2)

2013年2月 6日 (水)

イカの黄金納豆和え

自民党政権になっても、女性問題で世間を賑わわす議員がいますね~、これって地元に奥さんを残して、東京に単身赴任している議員が多いからなんでしょうか?単に英雄色を好む何て話じゃないし、だいたい英雄って程のレベルじゃないしね、みんな。

こうなると安倍さん、「週末には家族を東京まで呼び寄せる費用は、税金でまかないます」とか、打ち出すと良いんじゃないのかなぁ~。中には頼むからやめてくれって議員さんもいるだろうけど・・・・・

週刊誌に『イカの黄金納豆和え』なるものが出ていました。いえいえ、たいしたものじゃないんです。イカの納豆和えに卵黄が入って、黄色く見えるから「黄金和え」のようです。

と言っても、最近の天候では漁がほとんどありませんので、冷凍庫を漁ったら年末に保存しておいた、アオリイカが出てきました。これを細く切って、作ることにしました。

普通の納豆が冷蔵庫に入ってなかったので、挽き割り納豆です。納豆付属のタレと辛子も入れちゃいます。醤油を入れると色が悪くなるので、塩で味付け。ネギをのせて出来上がり。
Ika

これ、卵黄の風味がとても良いです。日本酒にピッタリ。

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

恵方巻き

沖合を低気圧が通るんだそうで、だったらその前がもっと温かくても良いのに、と思うほど、小刻みに天気は変化していきます。伊勢正三さんの名曲『なごり雪』のパターンの天気です。
Asayake 西高東低で強風があるのに、朝焼けです。
Img_3246 ところで、節分に恵方の方向を向いて太巻きを食べる風習は関西にあるんでしょうか。なんでもどこかのコンビニの策略だと聞いたことがありますが、我が家では策略に乗らず、自家製が出てきます、まあ出てこなくても全然構わないのですがね。

今年は、私のおちょぼ口に合わせてくれたのか、太巻きではなくかなり細巻きです。代わりに、細工太巻きが添えられていて、こちらでお腹が一杯になってしまいました。

しかし、驚く事なかれ、今年の恵方巻きには、なんとかの絶滅危惧種であらせられる、アンギラ~ジャポニカさんが入っていたのであります~めでたしめでたし。

| | コメント (2)

2013年2月 2日 (土)

ムシガレイの季節

全く酷いもので、中国も犯罪者を輸出しないで欲しいものですね。そもそも、なんで中国から日本の生活保護を受給に来るんだよ!これはまだまだ、いろんな所で不正受給しているんでしょうね、しっかり究明してもらいたいものです。

生活保護不正受給の中国人夫婦「母国にマンション所持」 国外資産調査追いつかず

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130130/waf13013021130028-n1.htm
大阪府枚方市に住む60代の中国人夫婦が約4100万円の資金を隠し、生活保護費を不正受給していた事件で、大阪府警に逮捕された夫婦が「中国に持っていたマンションを売却して金を得ていた」と供述していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 生活保護法は申請者が不動産を所持している場合、売却するなどして活用するよう規定。行政関係者によると、国内資産は税務当局に協力を求めるなどして把握できるが、海外資産は調査に限界があり、外国人受給者に対する不正防止の難しさが浮き彫りになった。

 大阪地検は同日、詐欺罪で枚方市交北の無職、李(リ)国孝(グオシャオ)(64)と妻の房(ファン)翼蘭(イラン)(63)の両容疑者を起訴。起訴状によると、両被告は昨年8、9月、マンション売却代金などの収入を隠し、市から生活保護費計20万円をだまし取ったとしている。

 夫婦の預金口座には平成17年12月以降、約4100万円の入金があり、府警は他にも収入があったとみて調べている。

さて、この季節になると、この地区で「ワカサ」と呼ばれる「ムシガレイ」がたくさん上がってきます。
Musigarei1 水っぽいと嫌われる方もいますが、今の時期は卵も大きくなりつつあり美味しいですよ。ちょっと時期を外すと駄目ですが・・・・・
Musigarei2 正確に言えば「ワカサガレイ」は「ヤナギムシガレイ」ではないかといつも言っていますが、そんな無粋なことを言ってはいけませんので、「ワカサ下さい」と言って買ってきます。下のカレイは、卵が見えます。上のカレイは白子が入ってました。

肝も美味しいので、傷つけないように取り出して一緒に煮てもらいました。
Musigarei3 卵はまだ成熟していないので、ねっとりと美味しいです。

身も産卵期前なので、良く脂がのって決して水っぽくはなく美味しいですね。

| | コメント (2)

2013年2月 1日 (金)

ワカメの茎のきんぴら

ワカメの茎は佃煮にすることにして、やや太い葉脈の部分を細く千切りにしてから、熱湯で軽く茹であく抜きをします。

それをきんぴらゴボウを作る要領で、味付けしてもらいました。炒めるのはゴマ油です。
Wakame5 アクもなく、食感もこりこりと、とても美味しかったです。ご飯に良く合いますね。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »