« つぶ | トップページ | バレンタインデー »

2013年2月13日 (水)

ムシガレイとヤナギムシガレイ

朝、6時前、昨夜からの雨が上がると同時くらいに、北西の風が強くなってきました。元漁師さんに言わせると「春の濡れ吹き」だとのこと、雨が乾かないうちに強い風になるのが春だそうです。

また船は出ないんでしょうね~?と聞くと、「出ないだろうね、その昔は一ヶ月に二日しか漁に出られないことがあったけど、それも2月だった」とのこと。干物でも買ってくるかなぁ~・・・・・

先日、以前話していたムシガレイとヤナギムシガレイが、偶然にも同じトレイに入って売られていたので買ってきました。
Karei1 こちらで売られている時には、無眼側が表になっているので、分かりにくいかもしれませんが、慣れればすぐに分かります。右2尾がムシガレイ、左3尾がヤナギムシガレイだと思います。ヤナギムシガレイの方がややスマートです。
Karei2 これが有眼側、左3尾は鱗が剥がれてしまっただけかと思われるかもしれません。
Karei3 これがヤナギムシガレイで
Karei4 これがムシガレイですね。
Karei5 鱗を落とし、内臓、鰓を取り去って塩水に浸け干しましたが、この日は風が非常に強く、砂埃だらけになってしまったので、一度水で良く洗い室内に干し直しました。
Karei6 皮が剥がれやすく、焼くのに苦労するようですが、味はとても良いです。同じ位の大きさのものを食べ比べてみましたが、どちらも美味しいです。しかし、大きいものを食べると、ヤナギムシガレイの方が、独特の風味があって美味しいように感じました。

後日、魚を買った深谷さんの社長に、「ワカサにも2種類あるね?」と聞いたところ「うん、もう一つ(もう一種)はササガレイって言うんだ」と教えてくれましたが、これも正しい。ササガレイってのは、ワカサガレイの商品名みたいなもので、若狭地方ではこのような名前でも売られているようです。

|

« つぶ | トップページ | バレンタインデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つぶ | トップページ | バレンタインデー »