« | トップページ | 鯛の手まり寿司 »

2013年2月25日 (月)

出産

やはり、アン・ハサウェイさんがアカデミー賞を受賞しましたね、助演女優賞ですが、『レ・ミゼラブル』では主演女優のようなものです。

さて、私の孫の出産ですが一応記録しておかなければいけないので、思い出しながら書いておきます。

16日まで全く出産の兆候がない娘でしたが、17日起きてくるのが遅いと思っていたら、お腹が痛いとのこと、まだまだ間隔が長いのですぐに出産ではないのでしょうが「おしるし」もあり、確実に近いことが伺えました。

日中は自分の妹や、義理の妹が遊びに来てくつろいでいましたが、夕食の「鹿肉のすき焼き」は、普段から食いしん坊の娘ですが、異常な食欲を見せて食べていましたね。今考えると、ありゃ本能ですね、今から起こる出血に対して鉄分を補給したんでしょう。

その後、痛みが変わってきて腰の方も痛いとか、元来我慢強い方なので、無理をしてはいけないと、一度病院まで連れて行くことになりました。

病院では、まだすぐに産まれることはないが、心配なら泊まっていくようにとのことでした。車での移動がかなり辛そうなので、泊まっていくことになりましたが、女房は帰ってきました。

翌朝、一仕事終えて病院に駆けつけると、次第に陣痛の感覚が短くなってきたとか、おそらく今日中の出産になるんじゃないかと思いました、素人判断ですが。一度仕事場に帰りましたが、いない間に産まれてはいけないと思い・・・・・いや別に良いんですが・・・・・再び病院へ、父親である、さっくんも静岡から駆けつけ、ほとんど準備OKですが、そんなに簡単にはいきません。

よく、あっという間に産まれてしまった話を聞きますが、娘の場合は律儀に変化しているようで、急激な変化はありません。ですから、長い長い、その間亭主のさっくんがずっと腰をさすっていたのですから頭が下がります。

夕方、さっくんのお父さんも会社帰りにに駆けつけてくれました。「今日中には産まれますよね~」と言ってましたが、破水もないから分娩室にも入らない。我々、爺二人は何の役にも立たないので、一時自宅待機ということになり帰りました。それでも、いつ電話があるか分からないので、アルコールは摂りませんでしたよ。

風呂に入って、ウトウトしていたら眠ってしまい、気が付いたら午前3時を回っていましたので、心配になり女房に電話したところ「2時ころ分娩室に入った」とのこと、そりゃあ本当に近いと顔を洗って出かけました。

分娩室の前について、しばらくするとどこからか泣き声のようなものが聞こえましたが、女房はそれをああちゃんが産まれたと勘違いしたようです、実際には母親がわめいていたのですが。その後すぐに新生児らしい泣き声が聞こえ、笑い声も聞こえました。

笑い声は、出産後の赤ちゃんがすぐにおしっこをしたんだそうです。

約1時間後、我々も分娩室にはいることが許され、初の対面をすることができました。
Baby92月19日午前4:40女の子3178グラム。

|

« | トップページ | 鯛の手まり寿司 »

コメント

お孫さんのお誕生おめでとうございます。

お産の後の養生も大事になさってください。

投稿: こびんす | 2013年2月25日 (月) 14時59分

お孫さんの顔を拝見できて嬉しいです。
我が孫の生まれた時の姿と比較しますとずいぶん髪の毛がいっぱいですし、しっかりした赤ちゃんですね。
我が方は髪の毛が少なかったと言う事と華奢な姿でした。

投稿: 北割 | 2013年2月25日 (月) 21時17分

こびんすさん、ありがとうございます。しっかり、しっかり養生しているようですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2013年2月26日 (火) 14時05分

北割さん
この時は、生後1時間ぐらいでまだお風呂に入っていませんので、髪の毛もしっとりと癖毛のようになっていますが、現在ではこのようになっていません。

我々も、お風呂に入ってから再び対面した時に、その変化にビックリしました。

一日一日にビックリしていますが。

投稿: からっぽ親父 | 2013年2月26日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 鯛の手まり寿司 »