« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

元気でね

今日午前中、赤ちゃんが巣立っていきました。
Yuzu1チャイルドシートにもおとなしく乗るそうです。

しかしきょうはずっとおとなしくて、鳴き声は全く聞きませんでした。
Yuzu2それにしても、約40日でしたがだいぶ下ぶくれになってきました。私は「頬袋にあめ玉入れてるの?」とつついてました。
Finger家の中が静かになりすぎてしまいました、元気でね。

さて例のお刺身ですが、翌日は魚兼さんに小アジの刺身が出ていましたので、これも買ってきました。
Aji小さいアジで、こんな面倒なことをよくやったものだと感心します。
Sashimiキビレカワハギと思われる刺身と一緒に盛ってみました。どちらも美味しかったです。

ところでこれですが、
Kimo右がアンコウの肝で、左がカワハギの肝です。ほとんど同じくらいの大きさだと思われるでしょうが、左のカワハギは立体的で、アンコウの肝の2倍くらいの重さがあります。鍋に入れて食べ比べをしてみましたが、どちらも美味しかったです。



| | コメント (3)

2013年3月30日 (土)

キビレカワハギでしょうか?

坂口良子さんがお亡くなりになったそうです。『前略おふくろ様』を見ていましたが、本当に可愛かったですね。あの頃の可愛さが忘れられません。ご冥福をお祈り致します。

二女も帰ってくるというので、今シーズン最後の鍋にしようとアンコウを買ってきました。
Ankou1 なんと一匹300円、可哀相な値段です。魚屋さんが、これはお値打ち腹の中に新鮮なコウイカが入っている。と言いました。
Ankou2 確かにこのアンコウ、やけに墨が多く付いています。

そして、本当にコウイカが入っていたことは確かです。半分消化状態でしたがね。面白いのはコウイカの墨が、腸を通じて肛門から流れ出していたことです。それもダラダラと。まるでゲーリー・クーパーでした。←古いなぁ~・・・・・

という訳で、アンコウの獲物の横取りは出来ませんでしたが、深谷さんにこのような魚が出ていました。
Umazura 大きなウマズラかと思い買ってきたのですが、これもしかしたらキビレカワハギではないでしょうか。棘の位置が分かるような写真を撮らなければいけませんでした。

アンコウ鍋だけで腹一杯なので、下拵えだけして刺身は翌日に持ち越しです。

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

お父さんのお誕生日

昨夜は離れて暮らしている赤ちゃんのお父さんの誕生日だったようです。

お母さんは、お父さんにメッセージを送ろうと考えたらしいですね。
Yuzu1 得意のおちょぼ口でご機嫌な赤ちゃんに、メッセージを書いた帽子をかぶせたものですから、怒り爆発です。
Yuzu2 結局、このケーキのつもりで作った帽子は、大人しくなって眠ってしまった赤ちゃんの腹巻きメッセージになりました。
Yuzu3 「もうホントにお母さん、変なことばっかり考えるんだから」

| | コメント (2)

2013年3月28日 (木)

二枚貝

今年はいろいろな二枚貝を楽しませていただきました。
Nimaigai1 アケガイはその後高くなったと聞きましたが、ある魚屋さんで沢山いただきまして、いろいろな料理で楽しみました。最後に残った数個で味噌汁にしたところ、これがまた良い出汁が出て美味しいのです。

ほとんどの魚屋さんでは海水で活かしてあって、砂が残っていませんので安心して買っていって良いと思います。もし心配なら、活かしてあるところで買えば大丈夫ですよ。

コンビニへ行ったら、このようなものが売られていたので買ってきました。
Nimaigai2_2 赤貝のどて煮風だそうですが、右下にこのように書かれています。
Sarubou 「さるぼう貝使用」と。

さるぼう貝とは先日干物にしたり佃煮にしたりした赤貝の仲間です。
Nimaigai3 開けてみると、小指の先程の小さな貝の剥き身です。生姜や山椒、唐辛子でピリピリ辛く、貝の味はほとんどしません。私が作った佃煮の方が数倍、いや数十倍美味しかったです。
Nimaigai4 最後はカガミガイ。

また出ていたので確認のために買ってきました。右上の黒い部分が砂の固まりです、もしくは砂の固まりのような臓器ではないでしょうか。

拡大してみましょう。
Kagamigai ご存知の方がありましたら教えて下さい。

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

カイワリ

私、原則的にあまりスポーツは見ないことにしています。

『中東の笛』などと呼ばれる、不公正なジャッジや、得点競技での不可解な採点を見ていると腹が立ってくるからです。ワールドカップやオリンピックでも、おそらく堂々と買収が行われているらしいと聞けば、スポーツなんぞ見る勝ちはありません。明らかな反則行為や暴力行為も見逃されてしまいますが、場合によっては大怪我になることもあるでしょう。

最近よくあるのは、観客席からの妨害ですが、これなんぞもう話にもなりませんね。

遠藤が緑色の光線を顔に浴びる 痛恨のPK失敗

2013.3.27 01:40
遠藤は決めれば同点に持ち込めたPKを外した。1-2で迎えた後半25分すぎにキッカーを任され、右へ蹴ったシュートはGKにセーブされた。最後まで対面するGKの動きを見極めて蹴る「コロコロPK」が代名詞の名手だが、大事な場面で痛恨の失敗だ。

 蹴る直前には緑色の光を顔に浴びる妨害を受けた。2008年のバーレーンとのW杯予選ではレーザー光線を顔に照射される妨害を受けながらPKを成功させたが、今回は決められなかった。(共同)
Kaiwari1
久し振りにカイワリを買ってきました。こちらではヒラアジだのメッキだのと呼ばれています。

カイワリって名前は貝割れ大根と同じ発想で、尾鰭が種から発芽した双葉に似ているということらしいです。
Kaiwarinoe 大きなウオノエの仲間が寄生していました。ちょっと大きくなりすぎだと思うのですが・・・・・

私の友人が、これを水槽で飼育しているらしいです。どの魚から取り出したのか聞いてみなければいけませんね。

カイワリは塩焼きにしたのですが、あまり脂がのっていなくて美味しくなかったです。マルアジを食べているみたいでした。

| | コメント (2)

2013年3月26日 (火)

アブライカ

先週のことですが、高橋さんに変わったイカが出ていて小分けしてくれたので買ってきました。
Aburaika1 どことなくスルメイカに似ていますが、なにやらドテッとした感じで目もぱっちりしています。指を入れて、目を取りだしてみました。
Aburaika6 触った感触も、どことなくスルメイカとは違います。足も太くて固いように感じます。

ネットで調べてみると、これは『アブライカ』ではないかと思います。
Aburaika2 もしアブライカならフィリピンスルメイカとかハワイスルメイカとも呼ばれているらしいので、スルメイカに似ているというのは世間が認めているのかもしれません。フィリピンやハワイでスルメを作ってはいないと思います。
Aburaika3 学名はNototodarus hawaiiensis (Berry, 1912)だそうで、種名にハワイが入ってます。

一本の腕の先端が吸盤ではなく、このようなヒダ状になっていました。
Aburaika5 ところで、いかとタコの吸盤の違いを知っていますか。タコの吸盤は基部から円柱のように太い吸盤が出ていますが、イカは吸盤に細い柄が付いています。

そして、その吸盤には角質の輪が付いています。
Aburaika4 これがそうで、角質環と呼ぶそうですが、このイカのものはかなり鋭い歯のようになっていて、通常のスルメイカですと指でしごくと簡単に取れるのですが、全く取れずに指の腹がすり減ってしまいます。これを取り除かなければ、足は食べられないと思います。

結局、刺身にしてみましたがあまり美味しくなく、ほとんど冷凍庫に放り込んでしまいました。またいつか暇になったらイカ団子でも作りましょうか。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

お宮参り

23日にお宮参りが行われました。
Atsuta5 ここは熱田神宮ではなく、大府市にある『熱田神社』です。

私は知らなかったのですが、境内も広く立派な神社です。写真は神主さんに御神酒をいただいているところです。
Atsuta4 本人はお宮参りの時間はずっとおやすみしていました。
Atsuta1 幸せで有意義な人生であれと祈るのみです。

| | コメント (4)

2013年3月24日 (日)

カガミガイ

先日『カガミガイ』がまとまって出ていたので、話の種に購入してきました。
Kagamigai 大きいもので直径が6~7cm位あります。そうそう300円でした。

どうやって食べて良いのか分かりませんでしたが、ネットで調べると砂の固まりのような臓器があると書いてあったので、単純に酒蒸しにしてみました。

食べてみると、確かに砂の固まりがあり、それが単純に砂を噛んでいるのではなく、臓器のように黒く固まっています。箸でその部分をきれいに取り除けば問題はありません。

味は素晴らしく良いです、この時期二枚貝は美味しい季節なのでカガミガイも例外ではなかったということになります。

その後、解剖して砂の固まりの写真を撮ろうと思っているのですが、残念ながら現在まで出ていません。

| | コメント (2)

2013年3月22日 (金)

ワカメの茎

少し前にワカメのめかぶを買った時、茎をどうしようかと考えて
Kuki5 そうそう、笹掻きにしてきんぴらにしたらどうかと思い、作ってもらったら結構美味しかったです。
Kkuki2 丁寧に薄く笹掻きを作り
Kuki3 熱湯でアク抜きするときれいな緑色になります。これをゴマ油で炒めて、味付けするときんぴらの出来上がり。ややしゃきしゃき感を残すのがコツですね。

これに味をしめて、高橋さんに最近出ている茎だけを買ってきました。これは量が多いですよ、半分にしてくれないかと思ったのですが、元が安いですからね~、仕方なく買ってきました。
Kuki1
1.5kg位あったんじゃないかな。三分の一位をきんぴらにして貰い、残りはやや荒く笹掻きにして、佃煮を作りました。
Kuki4 箸休めにとても良い味です。

さて、我が家に居候してる赤ちゃんは昨日無事一ヶ月検診を終えました。
Cake 友達がケーキを作って持ってきてくれたようです。

順調に成育しているようで安心しました。

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

きょうは開市

きょうは水曜日ですけど、市場は開いていました。

ただ皆様はお休みだと思っているので、休日にも関わらず人手は少なかったです。

暖かくなると黒鯛がのっこんで来ますので、今日当たりからその気配があったようです。とにかく黒鯛が安い。

そうそう、先日ヒラメの旬について書きました。この魚も全く旬から外れていると思いますが、きょうはしゃぶしゃぶをやってみようと買ってきました。安かっただけの理由です。
Madaka 結構肥えていますよね、お腹には生殖巣が大きくなっているかと思いましたが、小さな卵巣が入っているだけでした。

スズキも出世魚で、これくらいの大きさだと「マダカ」とこの辺では呼ぶんでしょうか。

生でも食べるように、昆布で挟んでおきました。もちろんおろしてからですが。
Onemonths 赤ちゃんは昨日で一ヶ月だそうです、正確に言うと28日です。元気で大漁のオムツを消費しています。

| | コメント (2)

2013年3月19日 (火)

ヒラメ

土曜日は赤ちゃんのお父さん、さっくんが来ているのでヒラメを買っていきました。
Hirame1 2,500円と高価でしたが、身がかなり厚くてお得感がありました。ちょっと写真では分かりにくいですね。
Hirame2 またヒラメに睨まれてしまいましたが、今回は鱗を落としている時に、誤って小指が口の中に入り刺さってしまいました。ヒラメに復讐された訳です。

土曜日に刺身で食べて、日曜日は昆布締めをいただきました。
Hirame3 産卵期を過ぎると痩せて不味くなるでしょうから、今がぎりぎりのシーズンかもしれません。

| | コメント (4)

2013年3月18日 (月)

春一番

この地方では4年ぶりの春一番だったそうです。20日が春分の日ですから、滑り込みセーフといったところでしょうか、野球は現在の所、負けているようですが。

前線を伴った低気圧が日本海を通過するために、夜にかけて大荒れの天気になるようで、カモメたちも陸上に避難しています・・・・・ん?この辺のカモメって、天気が良くても丘で休んでますけどね。
Kamome1 時折、集団で舞い上がりますが、すぐに降りてきます。
Kamome2 風が強いためか、風下では多くの羽根が舞っていて、枯れ草などに留まっています。
Kamome3 以前、ラジオの通販で言っていたフェザー100%の羽布団なら出来そうです。

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

赤ちゃんのお父さんが来ています

昨日から赤ちゃんのお父さんが来ています。

仕事が忙しくて、あまり逢うことができなかったのでちょっとかわいそうだったです。

昨日は早速手痛い洗礼を受けたようで、一日中機嫌が悪かったようです。
Yuzu1しかし今朝はご機嫌でしばらくの間見つめ合っていたと思ったら、その後ぐっすり眠ってしまい、お腹が空いて目覚めてきました。

新米パパが一週間ほど修行をして、その後三人水入らずで暮らすことになるようです。

| | コメント (2)

2013年3月16日 (土)

押し寿司

先週の日曜日のことですが、酢の物にするのにちょうど良い大きさのキダイが出ていました。
Kidai1 20数匹で500円、ちょっと面倒ですが一仕事しました。

鱗を落とし、内臓を取り去ってから1時間ほど塩に漬け、塩を洗い落としてから三枚におろし、小骨を全て取り除きました。その後軽く酢に漬け、押し寿司に。
Osizusi ご飯の真ん中にも鯛が入っています。

キダイはちょっと身が柔らかいので、頼りないのですが、味は良いですよ。安いですしね。
Kidai2 骨は例のごとく、干してオーブンで焼くと「骨せんべい」

ただし、鰭が尖っていますから、噛む角度に気を付けてくださいね。

| | コメント (2)

2013年3月15日 (金)

仏像盗難事件

対馬仏像盗難 韓国の寺の僧侶がら来日

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130314-00000050-nnn-soci

全く腹が立つ話で、あきらかに日本から盗まれたと分かっている仏像を返さないと言うんですから、日本から略奪されたというならその証拠があるはずです。通常の貿易もしくは寄進されたものと考えるのが普通ですが、一体何を考えているんでしょうね、韓国の方々はこんな事がまかり通るなら、韓国由来の品は全て、なんだかんだいちゃもんを付けられるか、窃盗団が盗んで行ったら、二度と帰ってくることはありません。正当な手続きをしても、あの国には全く通用しませんね。

これって、普通の韓国の国民はどのように考えているんでしょうね。ほとんどの方が、同じような考えなら、通常の付き合いはできないって事じゃないでしょうか。
2013031421383481d しかも、マスコット人形を代わりに持ってくるなんて、馬鹿にしに来ているようなものです。

しかし、メディアの取り上げは少ないですね、もっと驚きは、あれだけ橋下叩きをした『週刊文春』や『週刊新潮』がちらりとも記事を載せていないこと。これは一体どういう事なのか分かりませんね~・・・・・・・・

追伸:韓国では仏教がかなり迫害を受けていたようですね。ここにかなり詳しく載っています。

対馬の盗まれた仏像は李朝の弾圧から日本が守ってきたもの 略奪とは心外【儒教と仏教弾圧

http://matome.naver.jp/odai/2136202464746087601

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

20日

一転、きょうは寒い一日です。

が、日差しは暖かく車の窓をやや開けなくてはいけません。

春を実感することの一つに、プリウスの燃費が向上するということがあります。一番燃費が良い時と悪い時では、一回の給油で走行距離が300km以上違うのです。悪い時でも、ガソリン専用車よりはよいのですが。

さて、我が家の居候のお姫様、産まれてから20日が経ちました。
Yuzu2 あまりにも力強く顔を引っ掻くので、ミトンを付けられてしまいました。

| | コメント (4)

2013年3月13日 (水)

春ですね

Sakura 暖かいので、車に乗っていると眠くていけません、福岡では桜の開花があったとか、こちらの桜はまだカンヒザクラです。しかし、カンヒザクラってのは色が濃すぎて、風情がありませんね。私、山桜の花びらの色が好きです、白っぽいものとややピンクのものがありますが、どちらも好きですね~。東名高速を走っていると、愛知県から静岡県にかけて、きれいな山桜が咲く時季がありますが、とても幸せな気分になれます。

さて、市場ですがこれも春らしくなってきました。先ず第一に、アンコウが安い。そうそう、毎年言っていますが鍋の季節が終わりに近づいたのです。
Ankou 私も買いました。一年に一度は参加しなければいけませんからね。しかし、この地方のアンコウは鍋以外にどうやって食べるんでしょうね~肝ちっちゃいし。

次は、めかぶが出てきました。
Mekabu めかぶを粉砕して、長芋、納豆と和えたものです。出汁は先日作った鯛の出汁です。ご飯にかけていただきました。

そういえば、先日のちんめことサルボウですが干物にしたものを、三つくらいに切り、人参の千切りと油揚げで炊き込みご飯をやって貰いましたが、出汁が良く出て美味しかったです。
Chinme たくさんあったので、佃煮を作ってあちこちに配りました。二女はお弁当の一品にするようです。

| | コメント (2)

2013年3月12日 (火)

糞害

散歩をしていると良く、空き地や公園に「犬の糞をさせないでください」とか「犬の糞は持ち帰ってください」という看板や張り紙が出ています。たいがいこのような注意では守られることはないようで、面と向かって注意しても開き直られるか無視されることが多いと聞きます。全く、ペットを飼う資格のない人間が多くなったものです。
Dog1 仕事場の近くの散歩道、ここの空ドラム缶の置いてある所も、ほぼ毎日犬の糞が放置してあり地主が憤慨しながら片付けていました。

ある時、張り紙が出ていたので読んでみると
Dog2 ここに犬の糞を置いていかないでください。
続くようでしたら、自動撮影して
警察及び町内会などに告発し、公表します。

と書いてあります。

その後、私が通った時には糞が落ちていませんが、先日地主の方にお会いしたので聞いてみると、「あれから一回もない、主犯は字が読める人間ということだ」とおっしゃってました。

もし続いていたら、本当に撮影するつもりだったの?と聞いてみると、「もちろん!」とのお答えでした。

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

オコゼの胃袋

きょうは東日本大震災の日ですね。

ちょうど2年前のあの時、隣の会社のお客さんが来ていて、地震のようだけど何だか変な揺れ方だな~と話していました。その後、車のワンセグテレビを見ていると、恐ろしくなるような映像が次々と映され、愕然としたものです。おそらく日本中の人全てが、この日のことを忘れないでしょう。

14:46 18.1秒、たった1人で黙祷です。

さて昨日、さかな村を歩いていたら「赤ちゃんの産まれたお宅にお勧め」と声をかけていただいた魚屋さん、このブログをよく見ていただいている方です。

オコゼは(の内臓)を食べると出産後の母親の母乳が良く出るとか、それは我が家には必須アイテムだということで買ってきましたよ、オニオコゼ。
Okoze1 生きているので、とっても危険、締めてもらっても頭をトントンと叩くと、毒棘を逆立てます。

それにしても、悪相ですね~。
Okoze2 右下黒いものは皮の湯がいたもので、ゼラチンプルプル。左下は肝、左上は卵巣、上中が胃袋で、右上は大根のケン。

さあて、母乳の出は良くなっていますでしょうか?

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

黄砂

花粉症が治ったのではなく、私のアレルギーは黄砂によるものだということが、今朝初めて分かりました。
Kousa1 今年の花粉飛散は昨年のウン倍、とテレビラジオで言ってましたが、昨日まであまり症状が出ませんでした。

ところが今朝、鼻水は出るは、くしゃみは連発するはで、世間で言うところの花粉症の症状が激しくなってきました。あわてて、空気清浄機をつけると、ランプは真っ赤なままずっと変化しません。いつもでしたら、空気清浄機の前で着替えをしたりすると、赤くなるのですが、すぐにランプは青く変わります。

赤ちゃんの部屋の空気清浄機はどうかと、行ってみたところ、これまた真っ赤っか。空気清浄機は加湿器を兼ねていますので、赤ちゃんの部屋のものは一晩中ついていたにもかかわらず、です。
Kousa2 全く中国から来るものはろくなものがありません。黄砂・・・pm2.5・・・毒餃子・・・犯罪者・・・パンダはどうかというと、とてつもないレンタル料金取るし。

| | コメント (4)

2013年3月 8日 (金)

暖かくなってきました

街灯の光がぼやけて見えるような、春霞なのか黄砂なのか、というような早朝でしたが、明るくなっても三河湾の見通しは良くありません。ラジオでは、明日は黄砂が多いと言っていますが、今日のところはどうなんでしょうね~。
Daikon1 車を走らせていたら、畑にお客さんを発見、近くに車を停めてお邪魔をします。

お話を伺うと、そこの畑はお客さんのお母さんがお世話をしていた畑ですが、最近ご病気になり、この先畑の面倒が見られないとのことです。

どおりで。いろいろな野菜が植えられてはいますが、中途半端な状態になっています。実は、こちらのお母さん、私も季節季節の野菜をいただき、本当にお世話になっていました。それが、肥料がよいのか、愛情のせいなのか、とても美味しい野菜で、我が家ではとても重宝していたのです。

欲しいものがあったら、持っていっても良いよ、と言ってくださったので、蕪と大根をいただいてきました。

蕪は漬け物に、大根は昨晩鍋に入っていましたが、とても美味しかったです。ところで、この大根、このような形をしていました。
Daikon2 森永チョコボールの「キョロちゃん」みたいです。

お母さん、早く良くなって畑仕事ができると良いのですが、我が家も助かるし。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

ちんめはサルボウ?

昨年、茹でたむき身で売られていた「ちんめ」が今年は殻付きで出ていたので買ってきました。
Chinme1 何しろ安い、これだけで200円です。佃煮を作るにしろ、干物を作るにしろまず剥き身にしなければいけません。砂が多いのかも、不明です。
Chinme2 そうそう、放射肋を数えてみると30本ほど数えられるので、『サルボウ』ではないかと思います。
アカガイの仲間ですから、ヘモグロビンを持っています。
Chinme3 水で良く洗って、身の入っていない貝を選別し茹でます。
Chinme4 かなりアクが出てきます。
Chinme5 剥き身にしてから、何度も水洗いして砂やゴミを取り除きます。不気味な色をしていますが、ヘモグロビンのせいだと思います。あ、貧血の方には良いかも。再びアク抜きで軽く茹でます。
Chinme6 醤油と日本酒、半々にしたものに軽く浸けます。干物にするので、長時間浸けると塩辛くなりすぎます。
Chinme7 干す時間はお好みですが、これが24時間ほど干したもの。
Chinme8 とても美味しいです、日本酒にピッタリ。

さあ、あなたも一色に来て、ちんめの干物を作ってみませんか。

| | コメント (2)

2013年3月 6日 (水)

小さな居候

私にとっての初孫は、女房にとっても多分初孫だと思いますし、婚家のご両親にとっても初孫で、私の両親には初曾孫なら、婚家のお婆ちゃんにとっても初曾孫だそうです。

この世に生を受けてから、昨日で14日、私のブログでも備忘録として記録しておかなければいけません。実は、この記事が私のブログ記念すべき2,000件目の記事になります。

爺馬鹿だとお笑い下さい。
出産後、1時間分娩室内に入れてくれて、赤ちゃんと初対面です。赤ちゃんと言うだけあって、真っ赤で皺だらけ、お風呂に入っていないので、髪の毛は癖毛のようです。
1hs 10時間後、まだお風呂に入っていません。この頃までは、ビデオが赤ちゃんの顔を認識しません。目をつぶっているからかと思ったのですが、後に目をつぶっても認識することが判明しました。
10hs 30時間後
30hs 本来なら、同じアングルで同じ表情の写真を撮らなければ、比較にならないのですが、相手は赤ちゃんですからこちらの希望どおりには行きません。
2日目です、ちょっと締まってきましたか。洗って貰ったので、特に酷い癖毛ではないことが判明しました。
2days3日目、出産後は一時的に体重が減るとか、顔つきが変わってきたような気がします。
3days_2 4日目、まだミルクの飲み方は下手です。この頃母乳は、訓練中です。
4days 5日目、強風で寒い中、退院です。雪もチラホラ・・・・・退院の衣装を付けています。
5days ちょっと跳んで、9日目、私の家に来ていますので、かえって写真を撮る機会は減ってしまいました。
9days 10日目、この頃になると手が良く動き、顔にひっかき傷が絶えません。母親が手袋を作ったのですが、付けない方が良いとの病院のアドバイスで、やめています。
10days 12日目、時々笑ったような表情を見せますが、もちろん笑ったんじゃないと思います。退院した頃から母乳とミルクの併用です。ベッドで大人しく起きている時もあれば、抱いて欲しいのか泣き出すこともあり、そろそろ知恵が付いてくるのでしょうか。抱けば機嫌は良くなります。
12days 13日目、一ヶ月後のことを考えれば、あまり抱き癖をつけてはいけないのですが、ついつい手が出てしまいます。こんな時私は「あっ、いつの間にか赤ちゃんが腕の中に入ってきたワ」ととぼけています。
13days 14日目、まだまだ無防備で一切の妥協はありません。
14days_2 もうしばらく楽しませてくれそうです。 

| | コメント (2)

2013年3月 5日 (火)

イシガレイの旬

韓国や中国で日本製品の不買運動が盛んだそうですが、自分たちに必要な物はほっかむりして輸入しておいて、その他の自国製品と競合するものは買いませんってのはちょっとおかしいんじゃないでしょうか。
Ishigarei1 実に身が暑いイシガレイが出ていて、イシガレイの旬っていつだった?と考え直してしまいました。

もちろん生きていましたので、締めてもらいましたが、頭だけにしてもしばらく頬の筋肉が震えていて、にらまれてしまいました。
Ishigarei2 調べてみると、夏から秋が旬なようですから、今が一番駄目な時季なはずですが、この辺は魚屋さんに聞いてみなければ分かりませんね。

これも昆布で締めて、おひな祭りの手まり寿司にしたところ、大好評でした。

| | コメント (2)

2013年3月 4日 (月)

鯛のだし

以前作った小鯛のだしを作ってみました。

この時期だけしかできないんですよね、結構長期間かかりますから温度は低く、黄砂の来る前に作ってしまわなければいけません。

2週間ほど前にキダイの小さなものを買ってきました。
Kidai1_2 やや大きいものがありますし、良く乾くように胴体に切れ込みを入れておきます。もちろん鱗と内臓は取ってあります。
Kidai2 全部で880グラムくらいあります。

それを干しては焼き、焼いては干します。焼く時はオーブンで、焦がさないようにして、早めに焦げていく尾鰭は途中で捨てました。
Kidai3 すり鉢で粗めに粉砕したもの。
Kidai4 フードプロセッサーで細かくしました。
Kidai5 水分が飛んで、200グラムちょっとまで減っていました。

以前作った時はお正月の雑煮の出汁にしましたが、今回はいかが相成りますでしょうか。

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

アケガイの続きとタマキガイ

今朝聞いた話ですが、アケガイは市場でかなり高くなっているようです。実は私、たくさん買って冷凍してあるんです。

さて、昨日もアケガイを食べました。
Akegai4 今回はゴマ油と味噌で炒めたものです。タカノツメが入ってピリ辛です。ネギも入っています。

我が家ではアサリを沢山いただくと、酒蒸しだけでは飽きてくるので、この料理が出てくる時があります。

アケガイの固さがどうかと思いましたが、旬の時のアサリと比べれば固いですが、固くて朽ちに残るようなこともなく、充分美味しいです。

さて、アケガイの選別をしていた時、殻に穴が開いて殻になっているものを見つけました。これはおそらくツメタガイに捕食されたものでしょうね。
Akegai5 殻頂部が穴を開けやすいようですが、中央部に穴が開いたものもあります。

他にもこんな貝が混ざっていました。
Tamakigai 図鑑で調べてみると、タマキガイという名前のようです。

一応話の種に食べてみることにしました。

開いて、足の部分だけを生でいただきました。んんんん?貝の味だ、と思い・・・一瞬間を置いて強烈なえぐみというか後味というか、何かの薬品を飲んだような嫌な味が口に広がりました。

これは少なくとも食べ物ではありません。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »