« メカブの切れ端 | トップページ | ゴリガツオ »

2013年4月20日 (土)

御宿かわせみ

平岩弓枝さんのあの有名な『御宿かわせみ』を読み始めました。

いつかは読むだろうと思っていて、おおよその物語の背景は分かっていたのですが、このシリーズ、30巻以上になっていたとは驚きです。
Kawasemi 大川端の旅籠「かわせみ」の若主人「るい」は元八丁堀同心の娘、与力の二男「神林東吾」とは幼なじみで、恋仲。

二人を取り巻く人たちと、色々な事件を解決していく捕物帖でもあり、るいと東吾の恋愛物語でもあります。

人情味溢れる物語と、涙もろく、正義感溢れる『るい』がとても魅力的ですね。

昭和48年2月号から『小説サンデー毎日』に連載されたそうですから、非常に長い人気シリーズで、今までの間に幾度となくドラマ化されたそうです。

歴代の『るい』を演じた女優さんは

若尾文子さん

真野響子さん

古手川祐子さん

沢口靖子さん

高島礼子さん

とそうそうたる女優さんが演じています。

現在だと誰が、ピッタリでしょうか。

|

« メカブの切れ端 | トップページ | ゴリガツオ »

コメント

成海 璃子さんはどうでしょうか。、

投稿: こびんす | 2013年4月21日 (日) 00時42分

りこちゃん、いいですね~。
私、りこちゃん好きなんですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2013年4月21日 (日) 04時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メカブの切れ端 | トップページ | ゴリガツオ »