« 反日 商売 | トップページ | お食い初め »

2013年5月29日 (水)

久し振りにコショウダイ

米兵、仏女性を性的はけ口に=レイプも多発-大戦中の欧州

【ワシントンAFP=時事】第2次世界大戦中、ノルマンディーに上陸しフランスに進撃した米軍兵士の多くが地元女性との性行為に躍起になり、トラブルの種になっていたことを示す研究書が米大学教授によってまとめられ、6月に刊行されることが分かった。ナチス・ドイツからの欧州解放の立役者となった米軍の影の部分に光を当てたものとして注目される。
 この本は、米ウィスコンシン大学のメアリー・ロバーツ教授(歴史学)が著した「兵士たちは何をしたのか-第2次大戦時のフランスにおける性と米兵」。米仏両国の資料を分析したもので、同教授によれば、米軍進駐後のフランスでは、公園や廃虚などさまざまな場所で米兵が性行為を行っている姿が見られた。レイプも多発し、数百件が報告された。米兵による買春もあった。
 フランス女性たちは既婚者でも米兵にしつこく誘われ、ある住民は「ドイツ占領中は男たちが隠れなければならなかったが、米兵が来た後は女性を隠さねばならない」と言っていたという。
 当時のある市長は駐留米軍幹部に苦情を寄せたが、問題は改善しなかった。(2013/05/26-19:29)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013052600172

他国がやっていたからといって、正当化されるものではありませんが、歴史的な事実は良いことも悪いことも、隠してうやむやにすることは出来ません。

ただ、旧日本軍が行ってきた悪行と呼ばれる行いは、現在も中国や朝鮮半島の方々が、訴えていますが、写真などにねつ造が多く、信憑性を疑う声もあります。

なぜ事実のみを訴えかけてこないのか、一つの嘘があると、二つも三つもと疑われるとは思わないのでしょうか。

例えば、30万人の大虐殺といいますが、人間1人平均で50kgとすると50×300,000=15,000,000kg=15,000トンの有機物ですよね、これをどうやって処理したか、燃やした?無理無理、試しに鯵一匹買ってきて、きれいに燃えるまでどれくらいかかるか、やってみると良いです。

昨日も言ったかもしれませんが、日本がやってきたことを、正当化しようと思っているのではないんですよ。ねつ造写真などがない、ホントのことを知りたいだけです。

久し振りに、コショウダイを買ってきました、700円。
Kosyoudai1 これくらい大きいと、一度には食べられませんので、二女に半分あげました。
Kosyoudai2 とてもきれいで、美味しい魚です。
Kosyoudai3 薄造りで、紅葉おろし、貝割れ大根を巻いていただきました。

|

« 反日 商売 | トップページ | お食い初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反日 商売 | トップページ | お食い初め »