« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

ノルディック・ウォーク2

早朝、ノルディック・ウォークに行ってきました。

やはり足が楽ですね。

110分、11,882歩でしたから、1分に117歩です。

これは姿勢が良くなることで、歩数も増えるのでしょう。

越後屋さんに教えていただいたストレッチを行い、境川沿いを北上し、途中  2回ほど休憩してストレッチを行いました。
Hi3f0369大きな木はエノキのようです。

歩いていると、面白いことがたくさんあり写真を撮りたいのですが、ノルディック・ウォークではカメラバッグは邪魔なので、小さなカメラが必要ですね。

本当はまじめに歩かなければいけないのですが。

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

カツオが嫌われる訳

父の日にカツオが食べたくなったので、女房にスーパーマーケットで買ってきてもらいました。
Katuo1 比較的大きなカツオの男節を切り分けたものと思われます、しかし598円は結構高いと思いました。

ラップを外し、カツオを裏返してみてビックリ。
Katuo3 なんと、ほとんどが血合いです。

女房に「これはちょっと酷いな~」と言うと、「前もこんな事があって、クレームを付けたら、カツオに血合いが付いていると文句を言うなら食うな」と言われたそうです。

確かに、カツオには血合い肉が多いのは承知していますし、私も血合いの部分が好きです。ただし、血合いの部分は生臭いので(特に愛知県くんだりで売られているものは古いのでなおさら)焼くか煮るか、なめろうにするかで食べられます。

今回のこのパックは、あきらかに刺身として売られているものですから、こんなに姑息な手を使わなくても良いと思うのですが。

三重県浜島町の『磯料理ヨット』では、本当に自信のある新鮮なカツオしか出しません。何年か前に、美味しいカツオが食べたくて訪ねたのに「からっぽさん、今日のカツオはどうしても自信が持てないから出せません」と言われたことがありました。おそらく、我々が愛知県で食べているカツオの数倍新鮮なんでしょうけどね。

そのヨットのホームページを見てください。ここは年間写真集というページですが、鰹のお刺身も、鰹茶漬けも血合いは取り除いてあります。
http://isoryoriyach.jugem.jp/?eid=6

三重県から愛知県に来て、飲む席などで「何の刺身が一番好きか」という話題になった時、私が「カツオ」と答えると、不思議な顔をされましたが、魚屋がこのよう売り方をして、食べ方の指導をしているようでは、無理もありませんね。
Katuo2_2 「父の日おすすめメニュー」だそうですが、がっかりメニューでした

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

於大の方

前にこのタイトルで書いたような気もしますが、一ヶ月ほど前に掛川城で老忍者をやっている兄夫婦が遊びに来ました。兄は定年以来、俄郷土史家になっていまして、掛川城の城主に家康の異父弟の松平定勝(久松松平家)さんがなっていたこともあり、「於大の方の半生を訪ねて」という小旅行をしに来ました。

順番は違いますが、5月30日は於大の方が最初に嫁ぎ、家康を産んだ岡崎城に行ったようです。岡崎城の案内の方に色々説明していただいたようです。

その夜は我が家に泊まって、回らない回転寿司屋で一杯。回らない回転寿司ってのは、タッチパネルで注文する回転寿司で、我が家ではそう言ってます。

翌朝、朝食前に歩いて数分の所にある『椎の木屋敷跡』へ行きました。ここは於大の方が松平家から離縁されてから3年ほど住んでいたと言われます。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-d139.html

朝食後、於大の方が産まれた『緒川城跡』へ行き、水野家の菩提寺『乾坤院』へ。この辺は早朝徘徊で来るところです。

その後、於大の方が再嫁した久松家の『阿久比城跡(坂部城跡)』へ
Agui1 相手の久松俊勝さんも再婚で、前妻との間に長男、信俊さんがいたそうです。於大の方はここ阿久比で三男四女をもうけたと言いますから、仲が良かったんですね。

その後、俊勝さんは於大の方とその子供を連れて、岡崎へ行き、阿久比城は長男の信俊さんが継いだんですね。

近くに久松家の菩提寺『洞雲院』があるので、訪ねてみました。
Agui2 建て替えたばかりなのか新しいですね。
Agui3 ここは久松家と、久松松平家の墓地
Agui4洞雲院を創建した定益さん、そして定義さん、俊勝さん、徳川家康の生母於大の方、桑名藩三代藩主松平定綱(家康異父弟定勝次男)の五人のお墓がありますが、於大の方のお墓には「傳通院殿 御分髪」と彫ってあります。
Agui5 少し離れたところには、俊勝さんの長男、信俊さんと幼い二人の子供のお墓があります。なんでも佐久間信盛の讒言により、信俊さん切腹、その後佐久間勢に城は落とされ、子どもたちも殺されたそうです。
Agui6 しかし、同じ久松家の当主なのに、やはり徳川家に遠慮があるのでしょうか、同所に祀られることを遠慮したんでしょうね。

さて、相変わらず順不同ですが、刈谷に戻り『刈谷城(亀城)跡』へ、刈谷城は今年、築城480年だそうです、もっとも城はほとんど残っていないんですがね。色々イベントがあるようです。

最後は刈谷城の南にある、水野家の菩提寺『楞厳寺(りょうごんじ)』 へ、離縁されて、椎の木屋敷に住んでいた於大の方が良く訪れたと伝えられていて、良く知られている、傳通院(於大の方)の肖像画がありますが、予約していかなかったので観ることはできませんでした。

どうですか、順不同でしたが、整理してみると

緒川城・乾坤院→岡崎城→椎の木屋敷・刈谷城→楞厳寺→阿久比城・洞雲院→岡崎城

これで良いでしょうか?順不同なら、一日コースですね、どなたかやってみては。

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

三河湾徘徊記

きょうは朝から雨が降り続き、気温も25℃を割るような肌寒い日でした。
Mikawawan なんとこのたび、『三河湾徘徊記』が動画のDVDになりました。
Mikawawan2 三河湾の景色、季節の野鳥、市場の魚など、おまけに今話題の、鰻の選別も見られます。

いかがでしょうか?

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

洋風手巻き寿司

富士山の頂上に降った雪は、100年後に麓で湧水となって湧き出すそうですが・・・・・あの例のあふれ出したトイレを思い出すと、あれが湧き出してくるのを連想してしまいます。

いっそ、世界遺産認定された今、富士山立ち入り禁止にしてしまってはいかがでしょうか。やるわきゃないか金儲けだもんね。

土曜日、久し振りに?ん?6月1日以来だから久し振りじゃありませんね。赤ちゃんを含む全員が集合して夕食会がありました。長女の旦那サックンの妹エリちゃんが手焼きのパン持参で参加してくれました。最近、こういった夕食会には、エリちゃんが参加してくれるのが恒例となってくれました。

台風崩れの低気圧が通過したため、船が出ていなくて魚が少なかったので、和食はあきらめ、マルアジ、タコ、クルマエビを購入。

吉良に行き『サントルチオ』さんで、プレーンとゴルゴンゾーラのクリームチーズ、ブルサン、サラミ、ソーセージを購入。

マルアジとタコはそれぞれカルパッチョ風にしました。

卵も焼いて、野菜もたっぷり。
Img_0395 二女夫婦が仕入れてきた、手羽先もあります。

フランスパンを薄く切り、クリームチーズを塗ったら、お好みのものをお好みの組み合わせで載せていただきます。まるで洋風手巻き寿司です。実に賑やかに、夕食会は終了。

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日)

ノルディックウォーク

ノルディックウォークと言って、2本のポールを使いながらウォーキングするスポーツがあるそうで、それを以前ここに良く来ていただいた越後屋さんが、あちこちでご指導しておられるのを聞き、きょう図々しくも個人指導していただきました。

越後屋さん、実は某医療系大学の先生ですから、いろいろ理論的にも科学的にも教えていただき、楽しい1時間でした。

使うのはポール2本とはいえ、力の入れ方次第ではあまり効果もありませんし、疲れてしまって長続きもしません。

初めは手足がバラバラで、ちぐはぐな動きでしたが、終わりが近づいてくると、次第に腕の動きも良くなり、越後屋さんに誉めていただきました。

とにかく、ポールを使っているので、上半身の運動と膝などの下半身に負担がかからず、楽しくウォーキングが続けられるのが嬉しいですね。

| | コメント (2)

2013年6月22日 (土)

ヒイラギ料理

辛坊さん、どれだけの税金が使われたのかと、チクチクやろうかと思っていたのですが、http://news.livedoor.com/article/detail/7789870/太平洋上で荒波にもまれ漂う救命ボートの中で、体温低下を防ぐために寄り添っていた辛坊さんと岩本さんの耳に、救助に駆けつけた自衛隊員の「大丈夫ですか」という声が聞こえた。「あ、帰れる。この国の国民でよかったなと本当にそう思いました」と、辛坊さんが涙ぐみながら救助の瞬間を振り返った。辛坊さんと岩本さんは、海上自衛隊の救難飛行艇に救助された後、移動した神奈川県の海自厚木基地で報道陣の取材に応じ、都内に移動。22日午前0時過ぎに改めて会見した。

(中略)

この時は「降りられない海峡だし、助かるとは思わないようにしよう、と。正直あきらめた」と辛坊さん。「お互いの体温がどんどん下がっていくのが分かった」と目を潤ませながら振り返り「明日まで持つかどうか不安だった」と命の危険を感じていた。「レスキュー隊の方も『こんな海で救助活動をしたことがない』と。たった2人の命を救うために…」

 救難飛行艇内で簡単な手当てを受け、医療機関での治療は必要ないという。辛坊さんは「救助にたくさんの人手や税金を使うことになり、反省しなければいけないことは、きりがないぐらいある。(再挑戦は)口が裂けても言えない」と謝罪し「岩本さんを無事に家族の元に帰せてよかった」と声を震わせた。

というような反省の弁を聞くと、突っ込めなくなりますね。

仕事もしばらく自粛だそうですが、たかじんさんも復帰そうそう休業の今、早く復活して欲しいものです。
Hiiragi またヒイラギを買ってきました。400円で、数えてみたら75枚ありました。

例のごとき下拵え、
Hiiragi4 頭と内臓、各鰭を取り除いてあります。この下拵えについては、異論もあるでしょうが、私の場合はこれです。

竜田揚げにして貰おうと、醤油と酒に浸けておいたものを、オーブンで焼いてみました。
Hiiragi2_2 日本酒にぴったりです。しかし、焼いただけでは肋骨はまだ固いですね。
Hiiragi3 竜田揚げにすると、肋骨は問題なく食べられます。脊椎骨も歯が丈夫な人なら食べられますが、疲れます。

とにかく美味しいです、いくらでも食べられますね。

次は塩味にしてみましょうか。

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

ハマナデシコ

辛坊さんたち、ヨットに浸水で太平洋横断、断念だそうです。そうそう、無理をしちゃいけません、早めに救助要請するのも勇気のうちです。

こちらの海岸はいたって静かです。

ハマナデシコが咲き始めました。
Hamanadesiko1 珍しい花ではありませんが、いつ咲くかいつ咲くかと、見に行っていました。

| | コメント (2)

2013年6月20日 (木)

鯵フライ

雨が降り始めたら良く降りますね~。

今、赤ちゃん親子が検診のために来ていますが、首が据わったと思ったら、だいぶ知恵が付いてきて、簡単には騙されなくなってきました。単に人見知りの始まりかもしれませんが。

少し遅い話題ですが、プロ野球で「飛ぶボール」ってのが発覚したとか、ばれたとか。ボールが飛ぶのは当たり前じゃないかって思っていたら、反発力が違うんだそうですね。

しかし、こんな事で勝負が左右されてしまうのなら、野球自体が白けたものになってしまわないですか。いっそ、各チーム研究して、もっと飛ぶボールを開発するってのはどうでしょうね。スコアも三桁の争いになれば、楽しいんじゃないですか。

しかし、ピッチャーがもたないか・・・・・

火曜日、深谷さんに安い鯵が出ていました。
Aji1 もう一匹あったんですが、既におろしてしまいました。

もちろんマアジではありません、深谷さんのお母さんが「マルアジ」だとか「ムロアジ」だとか仰ってましたが、鯵フライを作ってもらおうと思っているので、どちらでも良いです。

開きにするのは得意じゃないので、三枚におろして、小骨を全て取っておきました。
Aji2 揚げたてを、ソースをかけたり、醤油をかけたりして食べると、ハフハフ、もう最高です。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

魚の味噌汁

台風4号、珍しく天気予報関係の進路予想の中心が、ほぼ一致して東海沖を東進するようになっています。米軍の予報も一致していますが、前回の米軍の予報は、すぐ沖を通っているにもかかわらず、東海地方上陸のような、やる気のない予報を出していました。

もちろん、予報円は大きいので、上陸の可能性もあるとは言っているのですが、さてさて・・・・・気を付けるにこしたことはありません。前線を刺激しますから、問題は雨ですね。

さて、私のブログではよく魚をおろした後のアラで味噌汁を作っていますが、この魚の味噌汁ってのは東海地方では、あまりやらないんでしょうか?

やはり魚の味噌汁って発想は、九州が本場なんでしょうかね。あらかぶの味噌汁は有名ですけど。

私も屋久島に半月ほど滞在していた頃、お世話になっていたお宅のお父さんが、毎朝、鯖を釣りに行き、朝から鯖の刺身を食べていましたが、頭や骨は味噌汁でいただいたものです。
Zenme ゼンメの味噌汁、頭・内臓・鰭は切ってあります。これは美味しい、ゼンメは脂がのっているので、汁も美味しいです。ただし、面倒なので本当に魚の好きな人でないといけませんね。
Kawahagi2 カワハギの頭と、内臓の味噌汁。これも美味しい。
Kawahagi1 おまけにカワハギの刺身です。

| | コメント (4)

2013年6月18日 (火)

オブリビオン

トム・クルーズさん主演の映画『オブリビオン』を観てきました。

謎が謎を呼ぶSF映画ですが、少しずつその謎が解けたような気がする・・・そうあくまでも気がする、映画でとても面白かったです、細かいことを気にしなければ。

ところで、この『オブリビオン』って何の意味か未だに分かっていないので、調べてみると「忘れること」「忘れられること」「忘却」で映画を観た後では意味は分かります。

エイリアンの侵略を受けた地球、エイリアンは撃退したものの、月も壊され、核爆弾も使い地球は荒廃してしまい別の星に移住を始めている。

トムさん夫婦はそんな地球で、移住先に持っていく水などの資源を、エイリアンの残党が襲ってくるので、撃退用の無人ロボットをメンテナンスしながら、地上を監視している。って設定ですね。

荒廃した地球はとてもきれいに描かれています。テンポ良くストーリーは展開しますし、色々な意味でのどんでん返しがあり、楽しい娯楽作品です。二人の女優さんもきれいだし。

ただ、トムさん、女優さんと並ぶようなシーンはありませんね、別に良いんですが。

あとは、いつも言っているように、「核」の時間的な影響ってものを、恐らく無視していますから、へっちゃらで核爆発を起こします。これは何度も言いますが、アメリカの国策でしょうね、庶民に放射能の恐さを植え付けない、という。

ところで、シニア料金ですが、「リアル」は女房と一緒に行ったので、1人1,000円。「エイリアン2」は特別価格で、みんな1,000円。「オブリビオン」はポイントが貯まっていて、0円。という訳でまだ行使していません。

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

マルアジです

総選挙ぉ~?政治じゃないですよ、アイドルグループの。

これって昔の仮面ライダーカードみたいなものですよね。投票権が欲しいために、CDをいっぱい買い込むってヤツ。そういえば、高須クリニックのアホ息子も、金に飽かして参戦するって話を聞きましたが、1人で何十、何百って投票したって、総数が多くても実数は少ないって事です。

それをニュース番組や、新聞に載せる訳ですから、つくづく日本って国は平和呆けした国ですね。

コマーシャルなどで映る、彼女たち決して特別きれいではありません。なんでもそれが売りだとか、普通のお兄さんや、小父さんが「俺でも何とかなるかも」って思わせて、バイトした貴重な金をCDにつぎ込むんでしょうね。

で、握手会?これも権利は金・金ですよね。これって、昔の遊郭吉原と一緒です。しかし、今の男は安っぽくできています、うるうると見つめられて、握手、手を洗わずに、マスター○○○。○←ブッブーイエローカード。

さて、何とかなるかと言えば、何ともなりません。彼女たちの多くは、ベンチャー企業だのIT企業だのの社長さんを狙い、その後破産、しかししぶとくママドルとして生きていくのであります。たまに修羅場を演じて、週刊誌やテレビでお騒がせするかもしれません、お楽しみに。

久し振りに、庶民の鯵、マルアジを買いました。
Maruaji1 いつも言うように、高いものが美味しいんじゃありません。安くても美味しいものがあり、美味しいような食べ方をすれば良いのです。

今回、深谷さんのお父さんが言っていたように、確かに脂がのっていました。
Maruaji2 たたきを作るから、と連絡したのですが、出来上がったのはユッケ風と
Maruaji4 カルパッチョ風。
Maruaji3 毎度お馴染みです。

面白い記事がありました。
http://news.livedoor.com/article/detail/7560187/?fb_action_ids=434971316588535&fb_action_types=og.recommends&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

| | コメント (2)

2013年6月16日 (日)

エイリアン2

今日は近くの映画館で『エイリアン2』のデジタル・リマスター版の上映があったので、観てきました。

デジタル・リマスターというのは、コトバンクによりますと「古い映画フィルムを最新の電子機器でデジタル化し、汚れ・傷を取り、色の補正や音質の調整などをする作業。新しいデータから複製したものをデジタルリマスター版という」だそうです。

エイリアンシリーズでも最高傑作だと、私は思っているのですが、いかがでしょうか?

シガニー?ウガニー?いえ、リプリーが若くてビックリです。1986年の制作ですから無理はありませんね。

『プロメテウス』がこの『エイリアン』の一作目にどのように繋がるのか、興味があります。

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

飛蚊症2

Ka1 これで、あなたも飛蚊症~。
Ka2 え?飛んでない?

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

セイタカシギの子育て

防波堤をゆっくり走っていたら、カルガモの親子が餌を漁ってました。
Karugamo ひーふーみーよー、雛を数えてみると11羽います。この数をお母さん鴨はちゃんと把握しているんでしょうか。点呼を取るわけにはいかんでしょうね。

いつもセイタカシギにいるところで、一羽のセイタカシギが卵を抱いているように見えました。
Seitakasigi1 後ろに卵の割れたものも見えますから、もう孵化しているのかもしれません。

それにしても、セイタカシギの人間で言うと膝の部分ですが、我々とは逆に曲がるようになっているんですね。

数メートル離れたところでは、雛を連れたセイタカシギも見えました。
Seitakasigi2 アップにしてみましょう。
Seitakasigi3 もう一羽いるんですがね。
Seitakasigi4この場所はヘドロがいっぱいで、あまりきれいな場所ではありませんが、工業用水や、家庭排水が流れてくる場所ではありませんので、少しは安心です。

ネットで調べると、孵化後26日ほどで飛べるようになるそうですから、この写真を撮ったのが6月6日ですので、来月には飛べるようになるということです。

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

笑う練習

youtubeで見つけました。

お母さんが赤ちゃんに対して笑いかけると、赤ちゃんも笑う、すぐに真顔になってしまいますが、またお母さんが笑い声を出すと、赤ちゃんも笑う。

この繰り返しの1分ですが、赤ちゃんも笑う練習ができるんだと、納得できました。

これは、じゃんじゃんやるべきでしょうね。

いつまでも、ころころ笑う可愛い女の子になって欲しいものです。

ちなみに、我が家の赤ちゃんの母親は「ギャハギャハ」笑います。

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

またミミイカ

5月6日にミミイカの煮付けを食べたら、とても美味しかったので、先週の金曜日、魚兼さんに出ていたミミイカを買ってきました。
Mimiika1 このイカも鮮度は見やすいので、300円はお買い得です。
Mimiika2 はい、お約束のミッキー・・・・・
以前、墨袋の取り方を話しましたが、このようにすると墨袋が見えますので
Mimiika3 骨抜きなどでつまんで、取ります。二つありますから、忘れないように。

この日のミミイカは、外套腔に砂が沢山は入り込んでいるものが多かったので、もう少し外套腔をまくり上げ、流水できれいに洗い流しました。
Mimiika5 砂が入っているかどうかは、この矢印の白い部分、鰓だと思うのですが、ここが真っ白なら砂は入っていません。ここが灰色だったり、砂の粒が見えれば、中まできれいに洗い流さなければいけませんね。
Mimiika4 味は、5月のものが断然美味しかったですね。あの時は、卵も味噌も満タンでした。

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

ハガツオ

赤ちゃんが産まれて110日ほど経ちましたが、もう赤ちゃんの夢を4回ほど見ましたよ。

一番傑作だったのは、「男の子みたいだ」と書いてすぐ、夢に登場しまして、その時は女の子みたいなきれいな洋服を着て、髪をも長くなり、花を付けてました、大笑いです。

さて、土曜日に高橋さんに『ハガツオ』が出ていました。時々ハガツオを見かけますが、鮮度の良いものが少なくて、一年に一度くらいでしょうか、比較的鮮度の良いものは。
Kitune1 口を開けて「歯」を見せれば良かったですね。
Kitune2 普通のカツオと違って、鱗は非常に少なく、おろしやすいことは間違いありませんが、鮮度が落ちると身が柔らかくなり、かえっておろしにくくもなります。
Kitune3 例によって、アラも保存しておきます。
Kitune4 二女に連絡したら、今日は居ないとのことで、二人でで片付けなくてはなりませんが、それは無理。初日に刺身で食べて、二日目はたたきということになりました。

刺身は久し振りだったんですが、カツオらしい癖と旨味に欠けることは確かです。ただ、カツオの苦手の方なら、美味しくいただけると思います。

そうそう、カツオと比べると「血合い」も非常に少ないですし、実の色もピンク色です。
Kitune5 たたきはこれで男節1つですから、半分です。残りは、二女が取りに来ました。

| | コメント (2)

2013年6月10日 (月)

タコサラダ

最近信号で停まる時に、大型トラックの後ろに付くと『デジタコ装着車』と書かれたステッカーが良く貼られています。

デジタル・タコグラフの略らしいですが、タコグラフってのものに今まで縁がなかったので調べてみると、ほとんどの大型車に装着義務のある機器で、装着車の速度や運行距離を記録しておくものなのだそうですね。

しかし、これも装着義務があるってだけで、いざ事故があったり事件があると、その筋に提出するだけで、普段から管理責任者が監視して、社内で違反したものには罰則があるというものではなさそうです。

今朝も、碧南に向かう、ガスタンクローリーは一般道でも、おそらく80km以上のスピードで走っていました。これって何か似てますね。

そうそう、ストーカー殺人事件、結局殺人(事故)が起きなければ、何も動いてくれない。予防措置ってのは全く講ずることはないってことです。

さてタコですが
Tako1 最近、市場で多くなってきました。小さなものなら、5~7ハイで7~800円ですから、色々楽しめます。

先日、タコをあちこちに配ったら、タコサラダの画像を送ってきてくれました。
Tako2 これは二女の作品ですね。
Tako3 これは長女。
Tako4 これは我が家の女房の作品。

さすがに、どれもよく似ています。

タコは、オリーブオイル・塩・ニンニク・胡椒で和えてあると思います。タコのカルパッチョ風サラダですね。

| | コメント (4)

2013年6月 9日 (日)

リアル~完全なる首長竜の日~

映画の予告編以外の予備知識がなかったのですが、何となく面白そうだったので観てきました。

他人の意識の中に入り込むという、最近のSFに良くある設定だなとは思いますが、首長竜ってのは何なのか、どのように物語に関係してくるのか、全く分かりませんでした。

終盤まで、ネタばれするようなこともなく、興味深く引き込まれていきました。

多少、首長竜にはこじつけのようなものもありましたが、恋人のどちらかが必ず死んでしまって、生き返ったり、化けて出たり?のお涙ちょうだいの映画でなくて本当に良かったです。

ジャンル的には、ホラーサスペンスという範疇でしょうか、映画館の冷房が効きすぎていたので、余計に寒かったです。

綾瀬はるかさんはいいですね~ボインですし。男優の佐藤健さん、痩せすぎです。綾瀬はるかさんと並んでも綾瀬さんより細いです、大根ですが。

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

飛蚊症

一ヶ月ほど前から、右目の一部に黒い糸くずのようなものが見え始め、うっとうしいので、眼科へ行って来ました。

『飛蚊症』ではないかと言われましたが、網膜剥離などの悪い病気の可能性もあるので、後日、眼底検査をしましょうとのこと。

非常にテキパキした、お医者さんで翌々日には診ていただけるとのことで、昨日行って来ました。眼底検査は初めてで、しばらくの間、瞳孔を開きっぱなしにするので、車の運転が出来ないといわれ、徒歩と電車で出かけて行きました。

検査は瞳孔を開く点眼薬をさし、30分ほどで撮影と診察が行われました。いや~まぶしいですね~。

結果はすぐに教えてくれて、「加齢による飛蚊症でしょう」とのことです。いやはや、還暦になってしまいましたからね~目も衰えるんですよ。歯は丈夫なんですがね、ナニは?そりゃ秘密です。

診察が終わったのが6時くらいでしたが、外は土砂降りになっていて、全然まぶしくはなかったですが、蛍光灯を直接見ると、ちょっといつもより明るいかな、と感じましたね。

念のために、一ヶ月後、もう一度検査です。

| | コメント (2)

2013年6月 7日 (金)

ネズミモチの花見

イスラム圏では姦通罪があり、犯した者は「石打の刑」だそうです。

単に石を投げつけられるだけではなく、下半身を地中に埋め、頭ほどある大きな石を至近距離から投げつけられるので、事実上の死刑なようですね。

最初の方が、慈悲深い方でしたら(?)一発でお亡くなりになるように、ぶつけてくれるのでしょうが、下手だったり意地悪だったりすると、長く苦しむことになるようです。
Nezumimoti1 今、一色町の海岸部ではネズミモチが花盛りで、あまりよい匂いではありませんが、プンプン香ってきます。
Nezumimoti2 ここはハマウドと一緒に。
Nezumimoti3 ネットで調べてみると、実がネズミの糞に、葉がモチのようだからこの名が付けられた。とあります。
Nezumimoti4 それ程大きな木にはなりませんが、海岸部ではエノキと同じくらい生えています。
Nezumimoti5 森林を形成するよな木ではなくて、その周縁に存在する低木でしょうね。しかし、良く増えるものです。

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木)

ツメタガイと言えば

一色の海岸の防波堤には、ツメタガイが良く落ちています。
Tumetagai1 たいがい割れていますが、まだ身が付いたものもあります。
Tumetagai2 これはカラスがツメタガイの身を食べようと、上空からツメタガイを落として固い殻を割るためです。車が轢いて割ってくれるってのもあります。

しかし、ツメタガイは海の中の砂に潜っていますから、カラスが採ってくるのはちょっと至難の業です。
Tumetagai3 ツメタガイは以前も言いましたように、二枚貝に穴を開けて食べてしまいます。ですから、アサリ屋さんにとっては不倶戴天の敵。

アサリ屋さんは日を決めて、ツメタガイ退治をしているのです。ほとんどは、陸上に大きな穴を掘って埋めているのですが、そこはそれいらない物ですから、あちこちにバラバラ落ちても、それ程気にしないんではないでしょうか。

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

女房を寝取られた男をフランス語でcocu(コキュ)って言うんだそうですね。

あまり有名でないタレントさん同士でも、自宅のベッドで女房が他の男と、お祭りの真っ最中に旦那が帰宅すれば、話は面白いからテレビや週刊誌の、格好のネタになっているようです。

ビートたけしさんが、番組の中で、この夫婦は別れた方が良いか悪いかのアンケートをやってましたが、たけしさん、第3の選択肢として「一緒にやる」っておっしゃって、大受けされてました。

アサリ屋さんから電話が入り、バカガイが欲しかったら取りにおいで、とのことでしたのでいただいてきました。
Shell 中には、サルボウも、ウンネェと呼ばれるツメタガイも入っていましたので、全部一緒に茹でてから、砂を洗い落としました。とにかく砂で苦労する貝です。

バカ貝は水管の中にも砂が入っているので、ハサミで少し切り開いてから、洗うと良い、と教えていただきました。

アサリも沢山いただきましたが、アサリの有り難さが良く分かりました。

| | コメント (2)

2013年6月 4日 (火)

マゴチの旬?

土曜日、大小のマゴチが多く出ていまして、これって春の黒鯛や、冬のスズキのように、産卵でのっこんで来るのでしょうか。

事実、私が買ったマゴチにも、かなり成熟した卵が入ってました。
Magoti2 そうしてみると、マゴチの旬ってのはこの辺では4~5月くらいと考えて良いのかな?
Magoti1 マゴチも一色ではあまり人気のない魚ですね。

歩留まり悪いですからね~、でもアラも全部食べれば結構沢山食べられますし、何と言っても安いです。
Magoti3 これで1尾分の昆布締めです。今回はワサビでいただきましたが、醤油にはちょっとポン酢を落とすと美味しいです。

アラは日曜日に帰った長女に、還暦のお返しにあげました。その晩。skypeで赤ちゃんを見た時に、あら煮も見せてくれましたが、美味しそうに煮上がってましたよ。なにしろ、母親ですからね、カルシウムを沢山摂らなきゃね。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

ハマウドの季節

映画が1,000円だと喜んでいて、6月2日は「映画の梯子だぞ~!」と意気込んでいましたが、赤ちゃんが来ていては権利を行使しに行くつもりはありません。

写真を撮ったり、ビデオを回したり、日が高くなる前にお散歩に行ったりです。

この日の赤ちゃんは、あまり機嫌が良くなく、眠りたいのに眠れないという、悪い状態だったんでしょうね。それでいて、抱っこして歩いていれば十数歩で眠りに入ってしまいますが、眼球が動いているレム睡眠なので、下ろせばすぐに泣いてしまうということで、町内を一周しました。

途中、知り合いのお婆ちゃんに久しぶりに会ったら、あまりの久し振りなのと、私が赤ちゃんを抱っこしていることで、しばらく私が分からない。それでも、分かってくれましたがね。

赤ちゃんを見て喜んでくれましたが・・・・・「女の子だ・よ・ね・ぇ?」そうそう、迷った時には「女の子」って言った方が無難なことはさすがに年の功です。
帰ってきてその報告をしたら、「胸に女の子ですて書いておこうか」とか「リボンを付けようか」とか乗りの良い家族です。
Yuzu2 最近、首がしっかりしてきたので、こんなポーズも長時間出来るようになりました。
Img_9815 さて、一色町はハマウドの季節になってきました。
Hamaudo1 これが食べられたらな~
Hamaudo2 食べられないから、ここまで増えたんだろうけど。
Hamaudo3

| | コメント (4)

2013年6月 2日 (日)

赤いちゃんちゃんこ

数日前、二女からメールがあり、6月1日の夕食をおごってくれるというのです。前から、ボーナスが出るとあちこち連れて行ってくれましたので、まだボーナスは出ていないでしょうが、私の誕生日に合わせてくれたんだろうと思っていました。

夕方、二女夫婦が迎えに来てくれてこの辺ではちょっと有名な「しゃぶしゃぶ」のチェーン店「木曽路」に着きました。

ここは全て個室になっていますので、女中さんが部屋に案内してくれます。

部屋に入ると、なんとそこには、静岡にいるはずの長女一家が居るではありませんか、もちろん赤ちゃんも一緒です。駐車場にもそれらしい車が止まってはいませんでしたし、部屋の入り口にも、ほかの靴が置かれてもいませんでした。

どうやら、私以外の全員が知っていて、私を驚かそうと企てたようです。ですから、『木曽路』でも駐車場を別にしたり、靴を隠したり、女中さんに部屋の中に誰か居るような言動をしてくれないよう頼んだということです。

思ってもいないことでしたからね、驚きましたし、嬉しかったですよ。赤いちゃんちゃんこに、赤い帽子、なども木曽路に用意されているんですね。
Img_4980
赤ちゃんにも被せてパチリです。

この子がこのような姿をするのは60年後です。自分が通ってきた道ですから、きっとあっという間ですね。もちろん私はいませんが・・・・・

| | コメント (4)

2013年6月 1日 (土)

映画が1000円

本日をもって、メンズデイでもなく夫婦割りでもなく、一年365日映画の鑑賞が1,000円になりました。

| | コメント (8)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »