« ノルディックウォーク | トップページ | 三河湾徘徊記 »

2013年6月25日 (火)

洋風手巻き寿司

富士山の頂上に降った雪は、100年後に麓で湧水となって湧き出すそうですが・・・・・あの例のあふれ出したトイレを思い出すと、あれが湧き出してくるのを連想してしまいます。

いっそ、世界遺産認定された今、富士山立ち入り禁止にしてしまってはいかがでしょうか。やるわきゃないか金儲けだもんね。

土曜日、久し振りに?ん?6月1日以来だから久し振りじゃありませんね。赤ちゃんを含む全員が集合して夕食会がありました。長女の旦那サックンの妹エリちゃんが手焼きのパン持参で参加してくれました。最近、こういった夕食会には、エリちゃんが参加してくれるのが恒例となってくれました。

台風崩れの低気圧が通過したため、船が出ていなくて魚が少なかったので、和食はあきらめ、マルアジ、タコ、クルマエビを購入。

吉良に行き『サントルチオ』さんで、プレーンとゴルゴンゾーラのクリームチーズ、ブルサン、サラミ、ソーセージを購入。

マルアジとタコはそれぞれカルパッチョ風にしました。

卵も焼いて、野菜もたっぷり。
Img_0395 二女夫婦が仕入れてきた、手羽先もあります。

フランスパンを薄く切り、クリームチーズを塗ったら、お好みのものをお好みの組み合わせで載せていただきます。まるで洋風手巻き寿司です。実に賑やかに、夕食会は終了。

|

« ノルディックウォーク | トップページ | 三河湾徘徊記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノルディックウォーク | トップページ | 三河湾徘徊記 »