« 笑う練習 | トップページ | 飛蚊症2 »

2013年6月14日 (金)

セイタカシギの子育て

防波堤をゆっくり走っていたら、カルガモの親子が餌を漁ってました。
Karugamo ひーふーみーよー、雛を数えてみると11羽います。この数をお母さん鴨はちゃんと把握しているんでしょうか。点呼を取るわけにはいかんでしょうね。

いつもセイタカシギにいるところで、一羽のセイタカシギが卵を抱いているように見えました。
Seitakasigi1 後ろに卵の割れたものも見えますから、もう孵化しているのかもしれません。

それにしても、セイタカシギの人間で言うと膝の部分ですが、我々とは逆に曲がるようになっているんですね。

数メートル離れたところでは、雛を連れたセイタカシギも見えました。
Seitakasigi2 アップにしてみましょう。
Seitakasigi3 もう一羽いるんですがね。
Seitakasigi4この場所はヘドロがいっぱいで、あまりきれいな場所ではありませんが、工業用水や、家庭排水が流れてくる場所ではありませんので、少しは安心です。

ネットで調べると、孵化後26日ほどで飛べるようになるそうですから、この写真を撮ったのが6月6日ですので、来月には飛べるようになるということです。

|

« 笑う練習 | トップページ | 飛蚊症2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑う練習 | トップページ | 飛蚊症2 »