« 貝 | トップページ | ネズミモチの花見 »

2013年6月 6日 (木)

ツメタガイと言えば

一色の海岸の防波堤には、ツメタガイが良く落ちています。
Tumetagai1 たいがい割れていますが、まだ身が付いたものもあります。
Tumetagai2 これはカラスがツメタガイの身を食べようと、上空からツメタガイを落として固い殻を割るためです。車が轢いて割ってくれるってのもあります。

しかし、ツメタガイは海の中の砂に潜っていますから、カラスが採ってくるのはちょっと至難の業です。
Tumetagai3 ツメタガイは以前も言いましたように、二枚貝に穴を開けて食べてしまいます。ですから、アサリ屋さんにとっては不倶戴天の敵。

アサリ屋さんは日を決めて、ツメタガイ退治をしているのです。ほとんどは、陸上に大きな穴を掘って埋めているのですが、そこはそれいらない物ですから、あちこちにバラバラ落ちても、それ程気にしないんではないでしょうか。

|

« 貝 | トップページ | ネズミモチの花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貝 | トップページ | ネズミモチの花見 »