« マルアジです | トップページ | 魚の味噌汁 »

2013年6月18日 (火)

オブリビオン

トム・クルーズさん主演の映画『オブリビオン』を観てきました。

謎が謎を呼ぶSF映画ですが、少しずつその謎が解けたような気がする・・・そうあくまでも気がする、映画でとても面白かったです、細かいことを気にしなければ。

ところで、この『オブリビオン』って何の意味か未だに分かっていないので、調べてみると「忘れること」「忘れられること」「忘却」で映画を観た後では意味は分かります。

エイリアンの侵略を受けた地球、エイリアンは撃退したものの、月も壊され、核爆弾も使い地球は荒廃してしまい別の星に移住を始めている。

トムさん夫婦はそんな地球で、移住先に持っていく水などの資源を、エイリアンの残党が襲ってくるので、撃退用の無人ロボットをメンテナンスしながら、地上を監視している。って設定ですね。

荒廃した地球はとてもきれいに描かれています。テンポ良くストーリーは展開しますし、色々な意味でのどんでん返しがあり、楽しい娯楽作品です。二人の女優さんもきれいだし。

ただ、トムさん、女優さんと並ぶようなシーンはありませんね、別に良いんですが。

あとは、いつも言っているように、「核」の時間的な影響ってものを、恐らく無視していますから、へっちゃらで核爆発を起こします。これは何度も言いますが、アメリカの国策でしょうね、庶民に放射能の恐さを植え付けない、という。

ところで、シニア料金ですが、「リアル」は女房と一緒に行ったので、1人1,000円。「エイリアン2」は特別価格で、みんな1,000円。「オブリビオン」はポイントが貯まっていて、0円。という訳でまだ行使していません。

|

« マルアジです | トップページ | 魚の味噌汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルアジです | トップページ | 魚の味噌汁 »