« ノルディック・ウォーク2 | トップページ | アニサキス »

2013年7月 1日 (月)

アカメガシワの蜜

このような川沿いを歩いている訳で、信号などの歩きを停める要素はありませんが、時々、アカテガニや、色々な植物があるので、足を止めさせられてしまいます。もちろん、コンビニはありませんから、水の準備は必要です。

新幹線の高架下まで歩いてきて、のり面を見てみると
Hi3f0372 ニワウルシの木とニセアカシアの幼木がビッシリ生えています。他にもナンキンハゼも見られますし、外来樹木がはびこっています。
Hi3f0375 これは外来植物ではありません、アカメガシワです。葉の縁に黒く見えるのは、アリです。この植物は、葉から蜜を出すためにアリが寄ってくるのだそうです。
Hi3f0376 歩きながら、受精のために昆虫を利用しているのでなければ、なんだろう?葉を食害する虫から守って貰うためだろうか?と考え、家に帰ってから調べてみると、どうもその通りのようです。

なるほど、せっかくの栄養をアリさんに、無償で差し上げているのではないのですね。

えんだぁあああああああ~、突然で済みません、ホイットニー・ヒューストンのボディ・ガードの歌を思い出したものですから。

|

« ノルディック・ウォーク2 | トップページ | アニサキス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノルディック・ウォーク2 | トップページ | アニサキス »