« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

アヤメ雌

昨夜、久し振りに近所のおっつぁん連中が集まり、一杯やりましたが、三重県の女子中学生殺害事件の話になり、みんな憤激していましたね~。一刻も早く捕まえて欲しいものです。しかし、本当にご両親の気持ちを考えると、やりきれないです。
Ayamemesu 今朝は、この辺で言うところのアヤメガニ、タイワンガザミの雌を買ってきました。

先日来、何度か雄を買って食べていましたので、味は覚えています。良い比較になるでしょう。

台風15号は温帯低気圧に変わり、一安心ですが、集中豪雨が来る恐れもありますので、ご注意下さい。

| | コメント (0)

2013年8月30日 (金)

ショクヨウガヤツリ?

毎日いたましい事件が多いですね、三重県の女子中学生、本当にお気の毒で何も言うことができません。これから、楽しいことがたくさんあるのに、その命を簡単に絶ってしまうような犯人を許してはいけません、またこのままでは第2第3の犠牲者が出る恐れがあります。早く捕まえて、極刑にするべきです。

さて、田んぼの中の大豆畑を走っていたら、なんだか左右で作物の色が違います。
Kayaturi1 右は深い緑色、左は黄色ですね。

車から降りて確認してみると、右側の畑はあきらかに大豆畑です。
Kayaturi2 ところが左側の畑は、大豆畑でありながら、別の植物がびっしりと繁茂しているではありませんか。
Kayaturi3 この黄色は、別の植物の穂の色です。

調べてみると、これはカヤツリグサの仲間、外来植物の『ショクヨウガヤツリ』ではないかと思われます。現在、日本いえ世界中で爆発的に増え、作物を枯らしたり、病害虫の棲み家となったりで害を与えているようです。
Kayaturi4

何と言っても、この植物、除草剤に強く、種だけでなく地下にできる塊茎というものから、繁殖するので、耕せば耕すほど塊茎が広まり、あっという間に畑一面に広がるようです。

道路を隔てた、大豆畑でも所々にショクヨウガヤツリが見えますので、トラクターでかき混ぜてしまうと何年か後には、同じようになるでしょうね。

数が少ない今のうちに、根の回りの土と一緒に抜き取って駆除する方が良いかもしれません、先程、ここを通ったら農家の方が、除草剤のようなものを散布していましたが果たして効果があるのでしょうか、しばらくしたら観察に行ってこようと思います。

そうそう、このショクヨウガヤツリのショクヨウは「食用」なんだそうです。地中海沿岸や、アフリカではこの塊茎を食用にしているとか、普通の作物ができない場所でのことで、効率は良くないと思いますが・・・・・

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

薬味醤油一ヶ月

かもめ~の水兵さん♪かと思ったら、セイタカシギの集団です。
Seitaka1 ですから、泳いでいるのではありません、歩いているはずです。一緒にいる、ダイサギかチュウサギと同じ位置に立てるのですから、いかに足が長いかが分かります。6月に孵化した、若い鳥たちも入っているのでしょうか。
Seitaka2 詐欺に脅されてしまいました。

さて、ちょうど一ヶ月前に作った薬味醤油ですが、残り少なくなったので、違った食べ方をしようと、サントルチオの生チーズを削って器に入れ、その上に載せてみました。
Cheese この生チーズ、キーマチーズカレーに入れた残りです。

そろそろ、すっぱくなりかけていますね、いわゆる乳酸醗酵ってヤツでしょうか。味はとても良くなります、あっさりしている生チーズが、ミルクの風味を感じます。

一ヶ月楽しんだ、薬味醤油もこれで終わりです。また来年・・・・・作るかな?

| | コメント (0)

2013年8月28日 (水)

パシフィック・リム

日曜日、雲行きのあやしい早朝、ポールを片手に、いや両手にウォーキングに出かけました。30分程経つと小雨がポツポツ、火照った身体には心地よい雨です。

しかし10分程で本降りとなり、「そうだ、家の窓を全て開けてきたんだった」と気が付きました。女房は恐らく、台風が来ても起きません。携帯電話を出すにも、躊躇するような雨の勢いでしたが、なんとか電話がつながり、窓を閉める事を頼みました。しかし、予想通り私を気遣う気持ちは皆無なので、そのままずぶ濡れで帰宅する事になりました。

午前中は借りてきたDVD『世界に一つのプレイブック』を鑑賞。これは、ジェニファー・ローレンスがアカデミー賞をとった映画です。コキュとなり精神を病んだ男と夫が亡くなり、精神を病んだ女が立ち直り、お互いを必要としていた事に気づく、というラブロマンスですね。相変わらず、こういったツッパリね〜ちゃんの役は上手いです。いずれこの娘はとるでしょうが、しかし、これがアカデミー賞?と思った事は確かです。

昼からは、映画のポイントが貯まっているので『パシフィック・リム』を観に行きました。この映画、全く期待していませんでしたが、とても面白かったです。

海の底に異次元に繋がる口ができ、そこから定期的に怪獣が出現、世界各地を襲撃するので、二人乗りの大型ロボットで阻止するって話ですが、テンポが良くあっという間に時間が過ぎました。菊池凛子さんが主演級ででていましたが、時々日本語のセリフになる時、えらく棒読みで、日本語はご不自由なのかなとも思いました。この菊池さんの幼少期を演じたのが、芦田愛菜ちゃんで悲鳴と表情、動作で怪獣への恐怖を表現するのですが、上手かったですね〜。撮影時に目の前に怪獣がいる訳ではありませんからね。

映画が終わって外に出たら、晴れていました。

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

ああ勘違い

長い人生の中には、言葉やその意味などを間違って覚えて、そのまま何十年、という事がよくあるようで、多いのは童謡や唱歌の意味を勘違いする事。「ウサギ追いし彼の山〜」ってのは「ウサギ美味し蚊の山」だと思っていた方がいますし、『赤とんぼ』の「負われて見たのはいつの日か」は赤とんぼだけに「追われて」たと思っていました。そうそう、『鯉のぼり』の「橘香る」は「立花薫」さんという人の名だとも思っていました。

実は恥ずかしながら、もっと酷い勘違い、間違いをしていたのが『辻村』さんという友人に年賀状を出す際、ずっと『述村』さんと書いて出していました。結婚して女房に指摘されるまで、ずっと間違ってましたから、そそっかしいというか馬鹿というか。

さて、私の知り合いの女性、どうも言葉を「音」で覚えるのでしょう、「点滴」は「けんてき」と言います。「案の定」は「おんのじょう」。

漢字に置き換えれば、間違わなかったかもしれませんが、勘違いというものはそういうものですから、仕方ありません。ただ、「正常値」のことを「せいじょうい」と覚えてしまったのは、最大の失敗でしたね。これはね〜、間違いを指摘してあげるか悩みましたよ。女性ですからね、六十代ですが。

結局、指摘しませんでした。

嘘だと思ってるでしょうが、本当の話です。

| | コメント (1)

2013年8月26日 (月)

離乳食

そろそろ離乳食に挑戦だそうです。

まだ色々なものは食べさせられないし、沢山は無理でしょうね。

しかし、この爺バカは頑張りますよ。

まだすぐには魚を食べさせないというのに早速準備しました。
Hataあまり大きくありませんが、マハタとシログチでしょうか・・・・・白身の魚です。

帰ってからネットで調べると、マダイがアレルギーになりにくいと書いてある所がありましたので、探したら
Taiこれも大きいもの2枚をおろして、骨を取り川をひいておきました。

3種の白身魚、しばらくは何とかなるでしょう。




| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

野菜たっぷりキーマチーズカレー

Curry 夏だ!カレーだ!

という訳で、またまたキーマチーズカレーです。

カレーと野菜をパンに載せていただきます。カレーの辛さが、野菜によって抑えられて、とても美味しいですよ。

食べていると体がほてって来ますが、とても心地よい暑さです。

3人で食べたのですが、カレーもパンも食べる食べる。お腹いっぱいになりました。

| | コメント (4)

2013年8月22日 (木)

懸賞

秋田書店の漫画雑誌で、懸賞の水増しをやっていたとニュースで見ましたが、ありゃ詐欺でしょう。しかも、その告発をした女性社員を「商品を送らずに猫ばばしていた」と解雇していたと言うんですから、なにやら面白くなってきたではありませんか。

さて、今朝のことですが、今日発売の漫画雑誌を買い、ふと懸賞のページを見てみました。この漫画雑誌、ネットでも応募できるので、1年ほど応募していました。当選者の所を見てみると・・・・・・
Syougakukan3 あれれ・・・【愛知県】●○●○と私の名前が・・・・・何が当たったんだろうと、よく見てみると。
Syougakukan2 ダニクリーナー・・・5名に見事当たっているではありませんか。

この懸賞はクイズではなく、今週号のどの作品が良かったか、とか、見ていないのはどれか?というようなアンケートで、賞品は二つまで希望できます。

ところが、このダニクリーナーとはどんなものか、さっぱり記憶がありません。

これが本当に私なら、赤ちゃんのために、という理由で希望したのでしょう。

さて、賞品は届くのでしょうか。乞うご期待。

ちなみに、秋田書店ではなく『小学館』です。

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

また赤ちゃんアート

小林旭さん、のっけの歌から『ダイナマイトがヨ~ダイナマイトが150トン・・・・・』って歌ですから、ビックリですよね~その後『~♪骨の髄までシボレーで、あ~とでひじ鉄クラウンさ~♪』って今の若い方が聞いたら、あきれるか、新鮮さを感じるか、驚くことは確かです。

高額の借金をしても、キャバレー回りをやれば返せちゃうし、またそれだけの魅力もあったと思いますよ。

この方も波瀾万丈の人生だったといえるでしょうね。
Hujitozan1 またまた赤ちゃんアートだそうで、今回は今話題の世界遺産、『初の富士登山』です。赤ちゃんが背負っているリュックは、ケースに入ったコンパクトデジカメですから、赤ちゃんが大きくなったとは言え、まだまだオチビちゃんです。一応、日よけの帽子もかぶせてあります。
Fujitozan2 滑落で、あえなく初登頂は断念です。

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

お芝居とコンサート

お盆前に、こんなお芝居とコンサートへ行って来ました。
Oshibai 小林旭さん、浅丘ルリ子さん、松方弘樹さん達のお芝居とコンサート。他には宮園純子さんや堤大二郎さんなどの名前は知っています。

歌手の狩人の弟さん、平浩二さん三善英史さんも出ていました。

お芝居は、信長と道三の初対面のエピソードですね。

コンサートは、ほとんどの方が一発屋とも言えますので、小林旭さんが中心ですが、さすがに存在感がありますね~体力さえあれば、ワンマンショーが十分できるほどのエンターティナーです。ちょっと太りすぎですから、1時間が限度かな。

実は、今回出演の、どなたのファンでもないのです。ただ、パンフレットの「人は若いと言うけれど・・・・」これが最後かなぁ・・・見逃すな!という見出しで、思わず予約の電話を入れてしまったのです。

これって、通販の手口ですね。

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

六ヶ月

六ヶ月なんだそうです。

何事も楽しんでやる二人のことですから、写真撮影ぐらいは協力しましょう。
Yuzu1 ところが大人の思惑と、赤ちゃんの機嫌がいつも一致する訳ではないので、これは大変です。
Yuzu8 壁には二分の一(アラビア数字です)HAPPY BIRTHDAYという旗が張ってあります。
Yuzu5 だいぶご機嫌が良くなってきました。
Yuzu4 そろそろ良いかな?
Yuzu2 おっ、絶好調。
Yuzu6_2 そろそろ飽きてきましたね、眉に皺が寄っています。
Yuzu7 はいおしまい。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

車検

早いものと言えば、愛車プリウスが第一回目の車検を受けました。
Prius 100,000kmを少し越えたところです。1年間で、33,000km位ですね。

平均燃費は25km/l前後、3年前に確かガソリン価格が125円/lを想定して、5年間で100万円以上のガソリン料金が違うと計算したのですが、今は150円を超えてしまったので、かなり助かっているはずです。

問題は、メインのバッテリーがどこまで正常に働いてくれるか、またバッテリーを交換するならどれくらいの料金がかかるかですね。

楽しみにしています。

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

ワールドウォーZ

14日、『World WarZ』を観てきました。ブラッド・ピット主演のゾンビものです。しかし、アメリカ人ってゾンビが好きですよね〜。アンデッド願望が強いのかもしれません。

ストーリーはいたって単純、突然、全世界に広がる謎の病気、咬まれる事により感染し、12秒後にゾンビとなって、人を襲う。主人公はいかにこの原因を探り、人類を救うか世界中を駆け巡るのです。

あちこち、ゾンビに襲われながら、ゾンビが襲わない人間がいる事に気づきます・・・・・その理由とは・・・・・それが分かった時点で、ほぼラストのクライマックスが想像できます。。

ちなみに「Z」は「ゼット」ではなく「ズィー」と発音してますね。

毎月14日はこの映画館のサービスデーで、1000円です。シニアの特典をまだ行使できません、ポイントは貯まるばかりだし。

| | コメント (0)

2013年8月15日 (木)

海緋鯉

深谷さんに『ウミヒゴイ』と思われる魚が出ていたので買ってきました。まだ一度も食べたことがないのですが、ヒメジの仲間だから美味しいでしょう。
Umihigoi1ほかには、マトウダイ、カナド、クラカケトラギス、ヒメジ2尾、カサゴの仲間2尾で200円です。
Umihigoi2ウミヒゴイと思われる魚には、下顎に2本のひげがあります。鱗は大きいです。さばきにくい魚ではありません。
Umihigoi3結構、身がしっかりしていて美味しい魚です。女房、長女夫婦にも好評でした。

ただ、これだけでは足りないので、アブコも買ってきました。
Abuko1これは地元、網でとられたものだと思いますが、締めてありました。
Abuko2脂は全然のっていませんが、味が良いですからね。あまり魚が好きでない女房が、一番沢山食べていました。




| | コメント (2)

2013年8月13日 (火)

すいか

この腕立て伏せのように上体を起こすことも最近よくやりますね。

それにしても、最近の赤ちゃんの洋服って凝っています。

これ上下でスイカですよ。

| | コメント (0)

マイワシの手まり寿司

赤ちゃんはある日突然、面白い動作をします。

最近覚えたのは、口をとがらせながらブブブブブーッとツバキを飛ばしています。

これが何の意味があるのか分かりませんが、歯が生えてくるのではという説もあります。もちろん意味がないのかもしれません。

昨日、親子三人で買い物に行き、「また男の子に間違えられた~」と帰ってきました。やはり、胸に「女の子です」というプレートをぶら下げて行かなければいけません。

昨日、実に久し振りに地元大浜のマイワシが出ていましたので、買ってきました。
Maiwasi1 全長10cm前後の、私にとっては非常に好みのサイズです。

丸のまま、ビニール袋に塩と供に入れ、蔓延なく塩が付くようにかき混ぜます。

1時間ほどすると、塩が回りますので良く洗い、頭と内臓を取って手開きします。

寿司飯に、生姜と大葉のみじん切りを混ぜ、ラップを使って手まり寿司を作りました。イワシは軽く酢にくぐらせてあります。
Maiwasi2とても美味しい手まり寿司が出来上がりました。自画自賛。

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

イワガキ

お盆休みで赤ちゃん達が帰ってきています。そうなると、当然、お客様も多くなり、我が家は大賑わいです。

1週間ほど前に、赤ちゃんの部屋のエアコンが壊れ、そうなるとエアコンの入れ替えに時間がかかって、間に合わないかと思ったのですが、電気に詳しい友だちに聞いてみたところ、本体の故障ではなく、リモコンの故障ではないかと教えてくれました。また、電気屋で取り寄せると時間がかかるから、ネットで探してみたら、とのアドバイスもくれ、必ずしもリモコンの型番が一致しなくても、操作できるかも、とも教えてくれました。

探してみると、案の定同じものは出てきません。なにしろ、12年前のエアコンですから、今まで良く保ったものです。

それではと、見た目だけで同じような、別物を一か八か注文してみることにしました。

翌日、届いたリモコンに電池を入れ、祈るような気持ちでスイッチを押したところ、ウィーンとエアコンが動き出し、めでたしめでたしとなりました。
Yuzu ところで、赤ちゃんですが、体も成長して首を気にせずに抱くことができるようになりましたが、知恵が付いてきたのか、前のようにいつでも誰でも、抱っこしてご機嫌という訳にはいかなくなりました。

特に夜は母親以外には激しく拒絶することがありますね。

機嫌の良い時には、寝ていても抱いてくれと言わんばかりに、両手を出し、首を持ち上げて腹筋運動のようなことをします。
Iwagaki 三日ほど前、深谷さんに篠島のイワガキが出ていました。1コ150円だというので、剥きやすいものを選んで、4つ購入。

我が家の女房は食べませんので、全部食べるつもりで剥きました。

3コ食べて、最後の一個を取っておいたところ、無類の生ガキ好きの二女が来て食べられてしまいました。来るなら来ると言えば、もっと買ってきてあげたのにね~。

で、不思議ですが、あれほど魚好きの長女は、生ガキが食べられません。

こういったものは、好き嫌いがあっても良いし、無理に食べさせて食中毒になってもいけませんので、無理強いはしません。

さて、先日作った『薬味醤油』、細く切ったケンサキイカの上に載せてみました。
Ika

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

にゃんこ

セミの抜け殻の写真を撮っていたら、いつの間にかにゃんこが出てきました。ホント、猫の場合は音もなく、す~っと出てきます。
Cat2 後ろに子猫を従えていて、母猫は子猫の動きを牽制しています。「それ以上前に出ちゃいけないよ、今、この人間が餌をくれるヤツか、危害を加えるヤツか見るからね」とでも言っているんでしょうか。

確かに、誰かが餌を与えていることは確かです。ここまで近寄ってくるって事はですね。

あちこちで、こんなんがいっぱいですね。三ヶ根山の頂上にも、私がいつも歩く川沿いの堤にも、決して距離を縮めませんが、音もなく出てきます。
Cat3 餌を与えるという気持ちは分からないでもありませんが、次々に子供が産まれれば、新たな不幸もそれだけ増えるって事ですしね、・・・・・・・・もちろん、捨てるヤツが一番悪いですよ。

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

ヤマユリ

マラソンで、2位に10分以上の大差を付けた選手がゴールイン、その後待てど暮らせど、3位の選手が来ません。やっとのことで、30分以上遅れて、3位の選手がたどり着きました。

しばらくすると、マラソン大会の委員長が「よ~し、決着を付けるために、今から100メートル走をやるぞ!1位になったものが優勝だ!」

って今のプロ野球、セリーグの状態でしょうか・・・・・
Ogasayama1 小笠山に登るには、いろいろなルートがあると思いますが、この小笠池の辺「現在地」と書いてあるところに、車を停めると良いです。

小笠池は小さな人造湖で、この駐車場の前面が堤になっています。
Tutumi1 ここを登ると小笠池で、浮き桟橋の上に東屋が設けられています。
Ogasaike 今にも水中からジェイソンが飛び出してきて、引きずり込まれそうな景色です。

さて、この池の堤ですが、所々に白いユリの花のようなものが見えます。

今猛威をふるっている、タカサゴユリでしょうか?草の丈が高いので側まで行って確かめられませんが、こういった時望遠レンズは便利です。
Tutumi2 日本固有種のヤマユリですね。安心しました。
Tutumi3 蕾もあちこちにあるので、これから楽しめる季節なのかもしれません。

タカサゴユリが、種から発芽した翌年に花を付けるのに対し、ヤマユリでは5年かかるとか、これじゃ負ける訳ですね。またさほど美しくないタカサゴユリでも、ユリの仲間だと思うのか、敷地内に生えたものを引き抜く方が少ないように感じます。

この辺には来て欲しくないな~。

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

パソコンが

きょう、二人の方に「ちょっと腹回りが、痩せたんじゃない?」と言われました。実は、最近、風呂上がりに鏡を見ても、ちょっとスマートになったかな?と思っていたところなので、ムフムフと嬉しくなってしまいました。本当に腹回りが締まったなら、これは明らかに、ノルディックウオークの効果でしょうね。

ポールを使いながら歩くと、自分でも上半身の運動になっているのが実感されます。試しにポールを持たずにその動きをしようとしても、かなり不自然です。本当のところ、毎日歩いている訳ではないので、目に見える効果は期待してなかったのですが、二人から指摘されると、調子に乗ってしまいそうです。

さて、このブログを始めて七年ほどになりますが、二台のパソコンを、時には煙を出しながら、時にはファンが外れながら、ダマしダマし使ってきて、昨年、一台目がお亡くなりになり、今また二台目が風前のともし火となってまいりました。

スイッチを入れて、十数分後に自動的に切れるのです。なんの予告もなく、バックアップもなく、です。こんな恐怖のパソコン、なかなかないでしょ。仕事は全く出来ません。ほとんどしませんが………ネットの閲覧用ですね。

という訳で、ブログの更新が滞りがちになります。

これ?これはipadで書いてます。

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

イワタバコ

実家に帰ったついでに、小笠山へイワタバコの花を見に行ってきました。

一昨年の6月、長女夫婦(その頃はまだ夫婦ではありませんでしたが)と小笠山トレッキングを楽しんで、最後に岩肌一面のイワタバコを発見、夏にはこの花を見に来ようと、決心したのですが2回のチャンスを逃してしまいました。
Iwatabako 小笠池の駐車場に車を停めて、階段を歩きだしたんですが、東屋の横を通り、トンネルを抜けて・・・・・というような記憶があるのですが、どうもその道が見つからない。

もしかしてと、山の中に入っていったのですが、あちこち崖崩れで倒木がいっぱい。

立ち入り禁止のロープも張ってあります。

あまり無理して、遭難すると大笑いになるので、東屋付近の崖で見つけておいた、イワタバコの写真を撮ることにしました。保険のようなものです。
Iwatabako2 タバコの葉に似ているのでイワタバコと名付けられたそうですが、タバコはナス科、イワタバコはイワタバコ科です。若葉は食べられるそうですから、この辺も違います。

常時水しぶきや、水滴が当たるような場所で、薄暗いところがお好みのようです。この場所も、雨のように水滴が落ちていますから、良く濡れています。
Iwatabako1 鼻にも水滴がついています。
Iwatabako3 偶然ですが、ナスの花に似ているような感じもしますね。
Iwatabako4 実は、この撮影時間、7時前なんです。早朝の静かな時間に写真を撮りたいと思ったので、早起きしてきました。

ただでさえ、暗い場所で、朝早くですから、光量が全く足りません。三脚を持って、レリーズも忘れませんでした。ただ、足場がぬかるんで、三脚を置きにくかったですけどね。

今年はこんな物ですが、来年は冒頭の写真の所へ行き着きたいと思っています。

| | コメント (4)

2013年8月 5日 (月)

セミ

子どもの頃、当然夏休みですから、昆虫採集をやるわけですが、別に夏休みの宿題だからやるわけじゃなくて、生きているもの何でも捕まえるのが、子供の本能みたいなものだったんでしょうね。
Semi5 当時の掛川では、小さなニイニイゼミがほとんどで、時々アブラゼミを捕まえることができましたが、クマゼミなんぞは子供のあこがれであって、生息数自体も少なかったんでしょうが、捕らえることができませんでしたね~。羽根の透明なセミは憧れだったんですよ。

今回、掛川に帰っても、状況は同じでアブラゼミばかり、ニイニイゼミも見えません。

愛知県では、アブラゼミも多少見えますが、ほとんどクマゼミです。
Semi4 公園のケヤキの木は、クマゼミと抜け殻でいっぱい。

昼間、この抜け殻を見ていると、面白いことがたくさんあって、時々、カメラ片手に観察に行きます。
Semi3 これなんか、かなりドラマがありますよ。
Semi 羽化しようとしていた、セミの背中に別のセミが留まってしまった。その為か、上のセミの羽化は成功していますが、下のセミは飛び立つことができずに死んでしまいました。
Semi2 何故か枝先に、集まったセミたち。4尾が集まってきたようです。幸い、全て飛び立つことができたようです。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

感染性心内膜炎

4~5日前、 91歳になる母親が倒れたと聞き、これはいよいよお迎えが来たのかと、駆けつけようと思ったのですが、兄から電話があり、病状は落ち着いているから、今日明日にどうかなるようなことはないだろう、検査結果が出てからで良いのでは、と言ってくれたので待つことにしました。

7月28日に胸が苦しくて倒れたのですが、しばらくしたら回復したのですが、翌日また倒れ、胸の苦しさと発熱、意識ももうろうとしていたので、救急車で病院にはこんで貰ったそうです。

30日には結果が出て、『感染性心内膜炎』という病気だそうです。抜糸などが原因で、菌が血液中に入り、真相の内側、弁に病巣を作るらしいです。

放って   おけば死んでしまうので、抗菌剤で菌を殺す処置を一ヶ月ほどするそうですが、その間も病巣の破片が血管中に流れ脳梗塞になる可能性も十分にあるそうです。もちろん、歳ですから手術はしません。

治療を開始してすぐに良好な状態になったそうで、食欲もあり、意識の障害もないと聞きましたので、昨日お見舞いに行ってきました。

長女もお見舞いに行きたいというので、静岡まで足をのばし赤ちゃん共々掛川に連れてきました。もちろん、赤ちゃんは病院に連れて行けませんがね。
Satuki1病室に入ったら、いすに座って点滴をしてました。非常に少量の抗菌剤を24時間ずっと点滴するそうで、抗菌剤の血中濃度を有効値に保つためなのでしょうね。

ひ孫を抱きたかったでしょうが、こればかりは無理なので、i-padminiを持っていき、写真と動画を見せたら、嬉しそうに画面に話しかけていました。

話の最中、ひ孫のことを赤ちゃんと呼ぶので、これは惚けて名前を思い出せないな、と思い、長女に「赤ちゃんの名前は?」と聞かせたら「へへへへ~ゆ・ず・ほ」と言ったそうで、長女曰く「お婆ちゃん、試しているな」って顔だったよ、との事でした。

自宅には、もう一人91歳の父がいますので、食事などの家事が心配でしたが、なんのことはない、きれいに掃除して元気そうでした。
Satuki2いつもの口癖で、「もうだめだ」と言ってますが、今すぐどうかなるということはなさそうです。

ひ孫を抱いて嬉しそうです。




| | コメント (2)

2013年8月 2日 (金)

イシガメ?

日曜早朝ののノルディックウォークは真面目にやっていて、時々平日も30分ほどの、晩酌前ウォークを楽しんでいます。先日の日曜日は。111分13,559歩でしたから、122歩/分ということになり、念願の120歩越えとなりました。

まあ、無理をせずに、ということで始めましたので、これ以上記録に挑戦ということはしません。長く、楽しく続けたいと思っています。

さて、これは先々週の出来事です。
Kame1 かめさんが、道路を横断中でした。

近寄ってみると、手足を甲羅に入れて出てきません。

全体の感じが、見慣れたミドリガメとは違うような感じがしたので、写真を撮っておきました。
Kame2 上から
Kame3 前から
日本固有種だったら、いいんですがね~、イシガメとか。

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

最近のぼやき

私は時々このブログで韓国のことを取り上げますが、決して反韓でも嫌韓でもないつもりです。歴史的にも、政治的にも、また心情的にも正しいものは正しいのであって、間違った押しつけや、国際的にも常識外れな事は、やめた方が良いと言っているのですが、あまりにも最近の韓国の日本への反応が激しすぎて、それに対して少しでも意見を申し上げれば、反韓嫌韓と取られるような今の状況です。

呉善花・拓殖大教授が韓国入獄を拒否されたというニュースがありましたが、何と大人げない、しかも韓国のマスコミは揃って、同調する発表をしたと言うんですから、もう民主国家ではありません。

呉善花さんが言っているように、北朝鮮と何ら変わりはありません。国民は総反日でなければ、韓国内でまっとうな生活ができない、という恐ろしい国になっているのです。

朴槿恵大統領、父親が親日だったと言われて、その色を剥がすのに躍起になっています。しかし剥がれていくのは、そのようなものではなく、期待された政治的、経済的手腕です。

前の大統領もそうでしたが、自分の立場が危うくなると、国民の矛先を変えるために、日本を標的にするのはもうやめて欲しいですし、毎回毎回そんな簡単に、ひっかかるような国民では悲しすぎるでしょう。

在日の皆様でもそうですが、いつの間にか日本にいる在日の方は全て、戦時中の徴用かその子孫のような顔をしていますが、そんな訳はありません。ほとんどが出稼ぎか、韓国で差別・虐待され密航してきた方々と、ニューカマーと呼ばれる、戦後入ってきた方々です。

私は、日本人によるヘイトスピーチはやるべきではありませんし、恥ずべき事だと思っています。テレビを見ていると在日の方が批判していますし「本国の人が見たら何と思うか」という発言もありましたが、日本のヘイトスピーチを批判できるのは日本人だけです。

在日の方が批判すべきは、本国韓国の、日本国旗を焼いたり汚物を大使館に投げ入れたり生きている雉を殺したり(高麗雉だから日本とは何の関係もないんですが)日本の政治家の写真を焼いたり。そんなことを批判するべきです。

そして、良く、差別されたと言いますが、私の子どもの頃なんか、在日の方々がひじょうに恐ろしかったですよ。すぐに暴力に訴えるので、目を合わせることがはばかられましたからね。

今後何世紀も、同じ事が繰り返されるのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »