« 股関節 | トップページ | 帰省 »

2013年9月27日 (金)

旭日旗

韓国という国は素晴らしい国で、日本もおおいに真似をしなければいけないことがあります。

それは犯罪者を逮捕した時の扱い、日本ではまるでお客様のように、ヤッケなどの衣服を頭から掛けて、顔が全く見えない配慮。しかも、手錠までも隠してくれる。

韓国はそんな訳にはいきませんよ、マスコミにしっかり顔が出るような配慮をする、犯人が下を向いたりしたら、警察官が髪の毛をむんずと掴んでまでも、カメラに顔を向けてくれます。

人権人権と、加害者の人権ばかりが優遇されている日本の現状、もっと韓国をお手本にしなければいけません。

さて、その韓国、またやってくれましたね。

旭日旗禁止法案」だそうで、旭日旗を使った場合、懲役や罰金が科せられる法案を提出したそうです、そして恐らく通るだろうというのです。ところが、この旭日旗、侵略の象徴だと言っていますが、問題にし出したのはここ数年のこと、サッカーなどの日韓大会で、自分たちが良からぬ事をして、問題になった時、「日本が旭日旗を掲げていたから」とおかしな言い訳をしたことに始まり、それなら旭日旗を侵略の象徴にしてしまえ、ということから現在に至っています。

ですから、旭日旗に似たありとあらゆるものにいちゃもんをつけます。オリンピックの日本体操選手のユニホームにもいちゃもんです。西洋のお菓子の袋にもいちゃもん。極めつけは、マケドニアなどの国旗も旭日旗と似ているからといちゃもんです。

そのうちに、登る太陽にも「旭日旗と似ている太陽はけしからんニダ」と言い出すかもしれません。

しかし、そんな韓国も、朝日新聞の社旗と韓国発祥のあのいかがわしい、統一協会のシンボルマークにはいちゃもんをつけないんだそうです。両方とも旭日旗そのものですけどね。

傑作なのは朝日新聞にいちゃもんをつけない理由です。「朝日新聞は反日的な新聞だから良い」んだそうです。ずいぶん矛盾してるじゃないですか。

実際には海上自衛隊の旗として現在も使われている美しい旗ですし、韓国以外どこの国からもいちゃもんをつけられることはありません、むしろデザイン的に美しいため、日本が舞台の映画では必ず旗であり、鉢巻きであり出てきます。韓国の方々は「旭日旗はアジア人にとってハーケンクロイツと同じだ」とおっしゃっていますが、ここでアジアを出さないで頂きたい、反日のアジアって朝鮮半島の二国と中国だけです。それも、自国の政治経済の失敗を反日教育にすり替えているだけ。こんな事はいつまでも続きませんよ、私、今の韓国には絶対行きません、だってそうでしょう、あそこまで反日教育して、日本人を憎んでいるなら、食事に何を入れられるか分かったもんじゃありませんからね。

そうそう、映画と言えば面白い話がありますから、また後日。

|

« 股関節 | トップページ | 帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 股関節 | トップページ | 帰省 »