« スズメバチ | トップページ | ウォーキング »

2013年9月18日 (水)

ウルヴァリン SAMURAI

映画を4週連続で観てきました。

そして、やっとシニア料金の適用を受け、1,000円で映画を観てきましたが・・・・・

私、映画は自宅のパソコンで席の予約を取ってから出かけます。チケット売り場が混雑していても、ネットの予約なら発券がスムーズだからです。もちろん、予約の際には券の種類(料金)も打ち込む訳で、年齢を証明できるものをお持ち下さい。と書かれているので、入口でドキドキしたのですが、何も言われませんでした。それはそれでがっかり・・・・・

『ウルヴァリン SAMURAI』は『X-MEN』シリーズの番外編というのでしょうか、ヒュー・ジャックマン演ずるウルヴァリン(ローガン)が太平洋戦争の長崎原爆投下の際に、助けた日本兵に呼ばれ再び日本の地を踏むことになります(現代です)。

その日本兵は年老いて、余命幾ばくもない状態。しかし、日本でのトップ企業のリーダーという設定です。が・・・・・ここから日本という国の描き方が、しっちゃかめっちゃかで、戦後すぐの外国が思っている日本と変わりません。さすがに芸者ガールは出てきませんが、企業のリーダー達を守るのは黒装束の忍者、対抗するヤクザが沢山出てきて、ミュータントであるウルヴァリンと同じ動きができる。

最悪なのは、日本人が演じる日本人は良いのですが、中国人が演じる日本人は日本語がへたくそで棒読み、全く白けてしまいます。私、洋画は字幕派ですが、今回だけは吹き替えの方が良かったかもしれません。

というわけで、この映画はDVDが出てから借りてきても良かったでしょうね。

ただ、ウルヴァリンを助ける女性『ユキオ』を演じる「福島リラ」さん、個性的な顔立ちで良かったです。

さて、今回も映画が終了してエンド・ロールになると、ぞろぞろお帰りになる方が多かったです。三分の一くらいは帰ったでしょうか。しかし、こういったマーベル・コミックの映画はかなりの確率で、エンド・ロールの途中で本編の続きや、次作の予告編のようなものが入ります。

今回も、次作の予告を示唆する映像が入っています、あれ?あの男が・・・・。という映像ですので、見逃してはつまらないですね~。

|

« スズメバチ | トップページ | ウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スズメバチ | トップページ | ウォーキング »