« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

久し振りのウルメイワシ

くねちゃんが始球式で履いていた靴が、日本製の靴だったとかで批判の嵐だそうですが、なんだかんだ言って、ホントはみんな日本が大好きなんじゃないの?それとも、お得意な・・・・・

先日、実に久し振りに魚兼さんにウルメイワシの新鮮なものが出ていまして、もちろん大浜から持ってきたもので、魚兼さんにはこういった新鮮な浮き魚が入るので重宝しています。
__ サイズもちょうど良いですね~。

これは我が家定番の塩に漬けて手開き、酢と生姜でいただきますが今回、少し塩が甘かったので、酢醤油プラス生姜です。マイワシと違って非常に上品ですね。生で食べる場合も、塩をしておくとぐっと美味しくなります。志摩地方の夏の名物ですね。

骨ももったいないので、干してオーブンで焼けば骨せんべいです。
Urume2 授乳中のお母さんに送ってあげれば良かったですね。

| | コメント (0)

キャベツ

| | コメント (0)

2013年10月30日 (水)

秋鯖

中国での爆発炎上事件ですが、これから益々こういったことが増えてくると思いますよ。本来他国であるはずの地を蹂躙して、民族を迫害していれば当然開放運動が起こり、血が流されることになります。そして益々迫害に拍車がかかることでしょう。

さて台風27号が通り過ぎている土曜日、いつもの習慣で市場へ足を向けてしまいます。もちろん地元の魚はありませんが、送りの魚を扱っているところがポツポツと店を開けています。

ある魚屋さんでサンマを買おうか、鯖を買おうか迷ったのですが、秋鯖は何とかと言いますし、一度参加してみることにしました。なんと、800円。
Saba1 全長40cm丸々して期待が持てそうです。

半分を締め鯖、半分を味噌煮にしようと決め、締め鯖の分に塩を振ります。
Saba2 30分以上経っていますが、水分があまり出てきません。トレイはもちろん斜めにしてありますよ。

生の鰻の場合、水分と脂分を合計したものが80%あると言われ、水分が多ければ脂分が少なく、水分が少なければ脂分が多いようです。つまり水分が70%なら脂分は10%、水分が60%なら脂分が20%ということです。

鯖にもそう言ったことが当てはまるのでしょうか?この鯖の場合、水分が少ないから脂分が多いということに・・・・・食べた結果では確かに脂がのって美味しかったです。

鰻の場合食味テストをすれば、脂分が多いほど「美味しい」という結果が出るそうですし、鰻加工場では焼いている時に変形し憎いようです。鰻の場合、あくまでも鰻の場合ですよ。
Saba3 アラはもちろんネギと生姜をたっぷり入れて味噌汁に。
Saba4 締め鯖、一部手まり寿司に。上に乗っているのは、昼間の残り大葉とみょうが。
Saba5 味噌煮、左の赤いものはタカノツメ、右の黒いものはこんにゃく。

三日掛けて食べました、本当に美味しいです。

| | コメント (0)

2013年10月29日 (火)

kiss

とにかく少しもじっとしていませんね、昨晩もテレビ電話で見せてくれましたが、お母さんが鯛飯を作って、骨を取り除きながらつまみ食いをしていたところ、「私も食べたい」お意思表示をしてくるんだそうです。お箸で口の中に入れてやると、何度も要求する姿も見ましたが、先日まで離乳食を完全拒否していた子には見えません。

鏡の中の自分にキスしていますが、自分だと認識しているのでしょうか?

Yuzu

| | コメント (2)

2013年10月28日 (月)

猿渡川

昨日、早朝ウォーキングへ行って来ました。いつもの逢妻川・境川ではなく『猿渡川(さわたりがわ)』です。この川は豊田市の南部から、知立市を通って刈谷市に入り、途中逢妻川・境川と合流して衣浦湾に流れます。
Img_0077 刈谷の町の東から南部を流れる川です。

この川に架かる橋に、猿のレリーフが飾られているので、猿が由来の名前なのだろうと調べてみると、やはりありましたね~。(Wikipediaより)「猿渡」(さるわたり、さわたり)という地名には「(猿でも渡れるほど)狭く渡りやすい所」という意味があるが、空海(弘法大師)にまつわる言い伝えが猿渡川の名称の由来とされている。空海は帰京の際に現在の知立市付近を通りがかり、遍照院(弘法町)の南側で橋のない川に差し掛かると、その川のたもとで親猿と3匹の子猿に遭遇した。兄猿と弟猿2匹は仲が悪い様子で、どのようにして川を渡るのか見ていたところ、親猿は自分がいない場所で兄猿と弟猿を一緒にすることなく、巧みに3匹の子猿を対岸まで背負って渡した。空海は親猿の知恵に感心し、この川を猿渡川と名付けた。

  1. 親猿は兄猿を背負って対岸に着き、兄猿を置いてこちらに戻った。
  2. 親猿は弟猿Aを背負って対岸に着き、兄猿を背負ってこちらに戻った。
  3. 親猿は弟猿Bを背負って対岸に着き、そのままこちらに戻った。
  4. 親猿は兄猿を背負って対岸に着き、4匹の猿はすべて対岸に着いた。

これは良くクイズにあるヤツですね。

さて、早朝散歩をしていると良く同じように散歩をしたり、走ったりしている方と会います。ほとんどの方は気持ち良く挨拶をしてくれますが、中には全く挨拶をしない方もいます。この日会った方は、すれ違う直前になったら携帯電話を取りだして話しているという意思表示をしました。すれ違って振り返ると、もう電話は離していました。

早朝、5時ですからね~・・・・・・・・・
Img_0078 明るくなってきて、デンソーの本社も見えます、かなり望遠ですが。

この日の朝は、無理をしないように75分でやめておきましたが、夕方も調子が良かったので合計157分、18,429歩、13.8km歩くことができました。股関節は全く問題ありません。

| | コメント (0)

2013年10月25日 (金)

ぶか

このところ、赤ちゃん母子が来ていて、実家と婚家を行ったり来たりしています。赤ちゃんの動きは凄まじく、大人が行ってはいけない方と思う方へ移動し、触ってはいけないと思うものを触りに行きます。

目的の場所まで素早くハイハイして、何にでもつかまり、立ちます。その後は、人間でもソファでも手の届くもの全てを使って、歩こうとしますが、自信過剰でやはり倒れます。ちっとも目が離せません。
__ 先日、魚兼さんで安~~いタイワンガザミを買ったら、おぼっちゃまが「これ要ります?」と脱皮直後の、柔らかいカニを差し出してくれました。もちろん、「タダ」という言葉に弱い私は卑屈なほどニコニコして頂いてきました。

さて、どうしようかと思ったのですが、揚げるには大きすぎるし、半分に切れば水分が多くて危険、ここはグリルに入れて焼いてみることにしました。
Buka2 こんがりと焼けました。

さて、殻のまま食べられるかと、試しにハサミを食べたところ、香ばしくて美味しいです。

では胴体を、と思ってかぶりついたのですが、これは無理でした。

結局、身の少ない焼きガニを食べただけでした。次はやはり揚げてみたいですね。

| | コメント (2)

2013年10月24日 (木)

掛川散策

ホテルの部屋から掛川の町を見たので、少し散策することにしました。
掛川城を目指します。
Shiro2 この下の写真当たりが、昔の掛川公園の入口当たりで、売店があり『動物園』と子供が呼んでいた、小動物が数種飼育されていた場所です。熊がいたんですが、なんでも子供の足に噛みついたとかで、いなくなりました。カニクイザル「ももこ」なんてのもいましたね。他にはクジャクだとか・・・・・あとは思いつきません。ライオンやゾウなんてとんでもない話です。
Shiro1 天守閣には上れませんが、公園の中には入れます。昔は『霧吹きの井戸』なんてものがあったんですが、いまはどうなんでしょう?
Shiro4 町中を歩くと、建物のほとんどが、昔風の建物になっています。
Town1 銀行も、酒屋も
Town2_2 もちろん市営駐車場も
Town3 呉服屋さんは当然
Town4_2 以前お話しした、葛布のお店も。
Town5 私が掛川に住んでいた頃は、観光の「か」の字もなかったんですが、えらい変わりようですわ。

そうそう、葛布ですが「くずふ」ともよみますし「かっぷ」とも読みます。

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

百田尚樹さん

『永遠の0』を読んで、というか正しくは『モンスター』を読んだのが先なのですが、とにかく火が付いてしまったので、次々文庫本を読んでしまいました。『風の中のマリア』はオオスズメバチの働きバチのマリアを通じて、オオスズメバチと彼女達を取り巻く環境を教えてくれましたし、短編集『輝やく夜』は最後にほのぼのとする恋愛もの。『影法師』はなんと時代劇で、友情がテーマの映画なのですが、これは詳しく言えません。『ボックス』は高校生のアマチュアボクシングの物語、天才か努力か?テレビで見ていると物足らなく思えるアマチュアボクシングも、百田尚樹さんにかかれば、迫力満点の手に汗を握るボクシングになります。実際、百田尚樹さんは同志社大学(中退)在学中にはボクシング部に在籍していたそうです。

一転、ボクシングがテーマですが明らかにノンフィクション『黄金のバンタムを破った男』はファイティング原田さんとその時代の日本のボクシングの世界。王者濫造の現代とちがい、その時代は一つの団体に7つの階級しかなく、従って世界チャンピオンは7人しかいなかったんですね。ですから、チャンピオンに挑戦することも並大抵なことではなく、国内て、着実にランキングを上げ、今のような世界ランク下位のものを破って防衛回数を伸ばすなんて許されなかったと言います。おかしな事をすれば、すぐに王座剥奪だつたようですね。

この本を読むと、いかに亀親子のつまらなさが分かりますし、あの連中をのさばらせた、日本と世界のプロボクシング業界がお粗末だったかが良く分かります。

話は飛んで『プリズム』、一色変わった恋愛小説です。一般的に言う多重人格者との恋ですが、人格は変わっても生身の相手は一人、幾つかの人格に対する女性の心の動きと、別れとはどういうことなのかを考えさせられます。ラストが思わせぶりな所で終わっていますね、各自、お好みでという事でしょうが、この作品にはピッタリです。

あとは、本屋大賞を取った作品など三作品ほどありますが、文庫本が出るのを待てずに読んでしまいそうですね。

百田尚樹さんの作品、このようにジャンルが多岐にわたるというのも驚きですし、これからも楽しみです。


| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

姪の結婚式

土曜日に兄の娘、つまり姪の結婚式があり、掛川まで行って来ました。

新郎のお母さんの体が悪く、こぢんまりとやりたいとのことで主立った親族だけの結婚式となりましたが、出席者全員とお話ができましたし、これもなかなか良いものです。

披露宴後は、掛川の町中に温泉施設のあるビジネスホテルがあるからと招待してくれたので泊まってきました。

夕食は近くの寿司屋さんで、新婚二人と兄の長男も一緒に宴会です。しかし、披露宴でずっと食べていたので、もうお腹いっぱい。もったいないことをしました。

翌朝、ホテルの窓を開けるとすぐそこに掛川城が。
Kakegawajo まるで箱庭のような景色でした。

| | コメント (2)

2013年10月18日 (金)

海鮮丼

以前テレビで、料理の上手いというイケメン俳優さんが『大間のマグロ』を料理するってんで見ていたら、マグロをぶつ切りにて丼飯の上に載せただけっってのを見ました。思わず「これって料理かぁ~」と声に出してしまいましたが、今流行のようですね。
Img_2037 各種刺身を飯の上に載せる『海鮮丼』って言うらしいですね。

これどうやって食べるんですか、刺身の上から醤油をかけるの?それともやはり、小皿に醤油を入れて付けながら食べるの?だったら、刺身定食じゃいけないのかなぁ?
Img_2038 単に刺身定食より器が少なくて済むので、店の方としては洗い物が少ないのは確か。

だけど、これってご飯は何なのかな?寿司飯?それとも普通の白飯?暖かいの?冷たいの?
Img_2039 食べにくそうだし、ご飯に匂いが移っていそうだし、・・・・・・・

ちらし寿司とか、てこね寿司のように、魚介類に仕事がしてあれば良いんだけど。何か一つ納得がいかない最近の流行ですね~。

| | コメント (3)

2013年10月17日 (木)

ブリの子

ツバスと言うのか、イナダと言うのか、アブコと言うのか、とにかくブリの子供が深谷さんに活かしで売られていたので、台風前だということもあって買ってきました。
Fish1 2尾で1,000円、隣の生け簀には同じくらいのカンパチが1尾1,000円でしたが量の多い方を買ってしまいました。2日間に分ければ、締めてすぐのものと、一日おいたもので味や食感が比較できます、何しろ台風ですから。

結論を言えば、一日おいたものの方が美味しい。

ただ、味は食感を含めた総合評価ですから、やはり最終的にはお好みということになるでしょう。
Fish2 そういえば、次の台風も嫌な動きになりそうですね~。
http://www.nrlmry.navy.mil/tc-bin/tc_home2.cgi?ACTIVES=13-EPAC-16E.PRISCILLA,13-WPAC-26W.FRANCISCO,13-WPAC-94W.INVEST&SIZE=full&PHOT=yes&NAV=tc&ATCF_BASIN=wp&ATCF_YR=2013&ATCF_FILE=/SATPRODUCTS/kauai_data/www/atcf_web/public_html/image_archives/2013/wp262013.13101618.gif&CURRENT_ATCF_FILE=/SATPRODUCTS/kauai_data/www/atcf_web/public_html/image_archives/2013/wp262013.13101618.gif&CURRENT=20131017.0232.mtsat2.x.vis1km_high.26WFRANCISCO.70kts-970mb-110N-1428E.100pc.jpg&CURRENT_ATCF=wp262013.13101618.gif&ATCF_NAME=wp262013&ATCF_DIR=/SATPRODUCTS/kauai_data/www/atcf_web/public_html/image_archives/2013&AGE=Latest&MO=OCT&STYLE=tables&YEAR=2013&YR=13&BASIN=WPAC&STORM_NAME=26W.FRANCISCO&ARCHIVE=active&AREA=pacific/southern_hemisphere&DIR=/SATPRODUCTS/TC/tc13/WPAC/26W.FRANCISCO/vis/geo/1km_zoom&TYPE=ssmi&PROD=gif

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

台風一過

大きくて強い台風でした、お亡くなりになった方、被害に遭われた方々にはお悔やみ申し上げます。

しかし、日本の南には低気圧による雲がまとまり始めているので、近日中に台風になるのではないでしょうか。

台風の勢力が落ちずに東進してしまったので、等圧線の混んだ西高東低の形となり、台風一過の三河湾も強風で白波が立っています。
Taihu2 幸いなことに、この辺は台風が東側を通ったので雨、風ともにたいした被害はなかったようです。
Taihu1 台風一過の三河湾、一枚目は知多半島を望み、こちらは渥美半島が見えます。

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

備蓄

9月21日にテレビ東京系列で『ラスター彩故郷に還る』陶芸家・七代加藤幸兵衛の熱き思い  という75分に渡る番組がありました。
------昨夏のイラン旅行から始まり、イラン国立博物館での「大ラスター彩展」開催まで、一年余の密着取材により七代幸兵衛のラスター彩里帰りプロジェクトとその作品制作過程を追う特別番組です。(幸兵衛窯ホームページより)-------

大変良い番組で、今は本家本元のイランに存在しないラスター彩をイランで展示する過程を追ったものです。

幸兵衛窯には七代目幸兵衛さんが、あちこちで案内をしておられますので、「先日のラスター彩の番組、拝見しました。とても素晴らしい番組でした。」と声を掛けると幸兵衛さん、笑いながら「あの番組は全国的には視聴率は2%だったそうですが、きょうここへ来られている方々の視聴率は50%位あるんじゃないでしょうか」とおっしゃっておられました。やはり皆さんに声を掛けられるんでしょうね。
1003 季節風が吹くようになると、船が出なくなりますので、少しずつ備蓄しなければいけません。

とくにこういった小エビはかき揚げ用に便利です。

ただ、砂やゴミが多いので何回も洗うことが大事です。流水で、洗いながらゴミを捨て、水を捨てては下に残る砂を確認します。

砂がなくなったら、大きめのエビの甲羅だけ取って捨てます小さいものは構わないのですが、大きいものは揚げても額角が気になります。
1003_2 4~5つに分けて冷凍しておけば、野菜だけの天ぷらより豪華に見えます。
1003_1 さてこれは、先日の鱧の骨を乾かしては炙り、炙っては乾かして、粉末にしたもの。寒くなってから、鍋や吸い物のダシにしようと思っています。以前作った小鯛のダシが美味しかったので、作ってみました。

魚もこれまでやると捨てるところはありませんね。

| | コメント (2)

2013年10月14日 (月)

市之蔵

多治見市市之蔵は、愛知県の瀬戸市と背中合わせにある所で、両所とも焼き物で有名です。
Ichinokura1 三重県の伊賀と滋賀県の信楽のような感じですね。
Ichinokura3 周辺には数多くの窯元があり、この日はほとんどの所で、即売会や展示会を催しています。

中でも『幸兵衛窯』は色々なイベントを開催して楽しませてくれます。
Ichinokura2 本館の2階では加藤卓男さんの作品や、日記、愛用の画材などが展示され、この時だけは無料で観覧できます。三彩、青釉、ラスター彩、などの作品が無造作に展示されています。

今回、七代目加藤幸兵衛さんの息子さん、亮太郎さんのさびぐろのぐい飲みを買っていこうと思ったのですが、非常に人気作品で売り切れていました。春のイベントまで待たなければいけません。

蔵出し市の方で数点買い求めましたが、赤絵の皿には何か盛って紹介しなければいけませんね。

この湯飲みは、市之蔵の織部ストリートで買ったものです。
Koubei1 少し季節外れですが、冷茶を入れると涼しげでよいかと思いました。

薄くて固くて、磁器でしょうかね~。

我が家のお約束、早く行って早く帰る。蕎麦を食べて帰路につく頃には、駐車場は満車状態でした。

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

2013幸兵衛窯秋のいろどり市

Koubeigama 毎年春と秋に行われる、多治見の幸兵衛窯の蔵出し市、ここ2年ほど行ってなかったのですが、陶器に興味を持ったお嬢さんがいるので、案内も来たことですし、行ってくることにします。

10月12・13・14日です。

この日は、多治見全体で陶器市が開かれているようですから、あちこち賑わう事でしょう。

運が良ければ、穴窯の引き出し黒を見られるかもしれません。

また、この日は本館にある『加藤卓男』さんの作品も入場料無料で見学できます。

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

サンマが安くなりました。

社民党の党首選挙にゲイの方、つまり同性愛の方が立候補されているそうですが、「少子化」の問題はどのようなご意見をお持ちなんでしょうね~、ゲイであろうがホモセクシュアルであろうが、個人の趣味ですから批判はしませんがね。「私以外の皆さん頑張ってください」とでも言うんでしょうか・・・・・まあ、社民党なんて終わってるからどうでもいいか・・・・・。

さて、赤ちゃんですが、もう一月近く前から「つかまりだち」をするんだそうです。最近では実に器用に、母親や家具につかまり、立っていますし、ソファなどの手足の安定した場所では伝い歩きをしているようです。

ネットで調べてみると、ハイハイをしっかりせずに歩き始めるのは、あまり良くないとも書かれていますが、ハイハイも上手になってきましたので、本人にまかせるしかないでしょうね。

今の家の中って、色々なものがありますし狭いから、つかまりやすいんでしょうね。

さて、サンマが安く美味しくなってきました。
__ 高橋さんに6尾で700円だったので買ってきて、2尾を塩焼き、4尾を筒切りにして佃煮状に煮付けて保存しました。と言ってもすぐに食べてしまうでしょうけど。

本当に脂がのって美味しくなってきましたね。

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

葛より上手が

また痛ましいストーカー殺人がありました、本当にお気の毒なことで、涙が出てきます。

それもこれも、「犯罪者の人権」というものが、常に優先されるため、警察も司法も弱者である、子供や女性を守ってくれない日本の特殊な風潮のお陰だと言えるでしょう。

おかしな法律家とか、えせ文化人のが増えすぎで、弱者がまともに暮らせない町になっています。

その後ぼつぼつ歩いていますが、特に股関節に異常はありません。このブログを見た、越後屋さんが心配してご連絡頂き、負担のかからない歩き方をアドバイスして頂きました。

日曜日も早朝、雨上がりの中を1時間ほど歩いてきました。
Kuzu1 葛の花も終わり、いよいよ晩秋へ、そういえばコオロギの声もか細くなってきました。

しばらく歩くと、道路沿いの葛が繁茂している、その上をホシアサガオが覆い被さるように、繁茂しています。

葛といえば、家畜飼料としてアメリカに渡り爆発的に増え、有害外来植物として駆除されていると聞きましたが、ホシアサガオはその葛の上を行きます。
Asagao 葛の根は葛粉として、茎からは繊維が採れて、葛布となり江戸時代から掛川の名物になっています。私の母方の祖母が、この葛の糸を紡ぐ内職をやっていて、歩いて届けに行っていたと聞いたことがあります。

http://www.kuzufu.jp/index.html

今でも何軒か営業しています。

話を戻しますが、ホシアサガオは熱帯アメリカ原産の帰化植物です。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

土下座強要事件、恐いですね~。しかし、もう何日も前からネットでは本名から、勤め先、出身高校や現在の住所、車のナンバーなど、ありとあらゆる事が暴露されていました。本当に恐いですね~~~。
Hamo1 生きている鱧が2尾で500円だったので買ってきました。もちろん締めてもらったのですが、まだまだ油断が出来ないので、最初に首を落としてしまいます。
Hamo2 以前言ったように、鱧も無理に開こうとせずに、普通の魚のように三枚におろせば簡単です。長いまな板もありませんしね、ぶつ切りにしておろす、これが一番。

骨切りも、あまり気を遣わずにしっかりと切る。多少皮がきれても骨が残らないのが一番です。

時々、市場で骨切りした鱧が売られていますが、これは骨切りの幅が広すぎて、かなり骨が残っているように思えます。やはり自分の手で骨切りした方が良いでしょうね。
Hamo3 今回は蒲焼きと
Hamo4 柚子胡椒焼き。柚子胡椒を酒で溶いてから、鱧に塗り、オーブンで焼きました。何故か柚子胡椒なのにスダチが乗っています。

| | コメント (0)

2013年10月 7日 (月)

寝袋

日清焼そばUFOを食べて、バーコードを送ると当たるってヤツがありまして、何が当たる買っていうと
Ufo_2 写真の『宇宙服型』のスリーピングスーツ・・・・と書いてありますが、あきらかに寝袋です。

胸に取り外し自由な目覚まし時計も付いてまして、なかなかおしゃれです。

試しに着てみたところ、暑すぎて汗をかいてしまいます。

おそらくこれを着用することはないでしょうね、残念ながら。

| | コメント (4)

2013年10月 4日 (金)

ヘダイの鯛そうめん

また生活保護の問題が週刊誌を賑わわせていますね~自民党の国会議員三原じゅん子さんの愛人の妹が生活保護を受給しているとか、これね~生活保護の問題よりも、こんな人間を国会議員にしてしまった方が問題だと思いますよ。

そういえば、毎日新聞にその生活保護の記事が出ていました。

首相同じ生活してみて節約できますか?」

毎日新聞 2013年10月01日 23時15分(最終更新 10月01日 23時29分)

 4年前に夫を亡くし、月約8万円の国民年金を頼りに1人暮らしをしている新潟市中央区の女性(74)は消費税率が5%から8%になったら、現在1日1000以内にしている食費をさらに切り詰めるつもりだ。

 持ち家で暮らすが、持病の糖尿病、ぜんそく、膝の治療費と、通院のための交通費で毎月お金はほとんど残らない。「税率5%の今でさえ、孫が結婚すると聞いても祝儀も満足に出せない情けない暮らしをしている。子どもや孫の世代に大きな負担を残さないために増税がやむを得ないのは理解しているが、この先やっていけるか。ますます不安になる」

 東京都千代田区内のシェアハウスに住む男性(34)は、今年8月から生活保護費を3000円切り下げられ、昼食や夕食をたびたび抜くようになった。「3000円あったら、うまくやれば10日は(食費が)もつ。切り下げはきつい」

 政府は今後3年で、保護費のうち日常生活費にあたる「生活扶助」を最大10%削減する方針だ。その中で、消費税が引き上げられればどうなるのか。「もう限界。立ち行かなくなる。安倍首相には『同じ生活をしてみて、あなたなら節約できますか?』と聞いてみたい」と怒りをあらわにする。シェアハウスの隣の公園では、2年前に1人だったホームレスが6人に増えた。男性は「アベノミクスで経済を良くすると言うが、貧困者を逆に追い詰めている。国が自分で自分の首を絞めているようにしか見えない」と指摘した。【真野敏幸、加藤隆寛】

これ本当に新聞記者ってのが頭が悪いっていう見本のような記事ですね。

まず第一は、安倍さんと比べてどうするんですか?確かに安倍さんは生活保護の何十倍の給料を貰っています。それを生活保護と同じだけにして、節約できるかと言っているようですが、全く意味がないし、もしかしたらもっと節約しているかもしれません。

第2は74歳の女性、この方はしっかり年金を掛けても貰える年金が少ないので、生活できないと言っている。これはお気の毒です、真面目にずっと掛け続けて、この程度ですからね。実際、年金を掛けなくて生活保護を貰った方が、沢山貰えるんじゃないですか?こんな矛盾はいけません。生活保護の不正受給をやめさせたり、援助のシステムを変えたりして、このような真面目な年金貧乏の方を救うべきです。

第3は「3000円あったら、うまくやれば10日は(食費が)もつ。切り下げはきつい」3000円で10日間の食費なら、10000円あれば一ヶ月の食費がまかなえること、これなら楽に暮らしていけるでしょう。他にも税金や上下水道の基本料金、NHKの聴取料など免除されることが多いのです。恐らく、新潟の女性より裕福なはずですよ。そうそう、年金も払わなくて済みますからね。

私のブログでは時々生活保護の問題を指摘しますが、生活保護が悪いって言っているのではありません。不正受給している人、受給に甘えて働く意志を全く持たない人、受給しても感謝の気持ちが全くないひとが多すぎると言っているのです。

税金ですからね、本当に困った方に使うお金が無題使われていることに怒りを感じます。

しかし、こんな記事を良く書きますね~。

娘がヘダイで鯛そうめんを作ったと画像を送ってきました。
Hedai ヘダイもここ一色ではあまり人気のない魚ですが、決して不味い魚ではありません。

今朝偶然に、魚屋さんで「ヘダイの脂がのって美味しかった」という話を聞きました。

皿がもう少し大きくて、広がっているものがあれば良かったですね。

| | コメント (2)

2013年10月 3日 (木)

アラの塩焼きと煮付け

懐かしい名前を次々と訃報で聞きます。

克美しげるさんがお亡くなりになったとか、「さすらい」などのヒット曲で知られますが、我々の世代ではTVアニメ「エイトマン」の主題歌を歌った歌手としてよく覚えています。学生時代、宴会になるとこの歌を歌いながら、上半身裸で踊るのですが、やはり筋骨隆々の人がやらないとサマになりませんでした。今の私を知っている方には、想像できないかもしれませんが、私もやったことがあります。

克美さんはその後、愛人を殺したということで、思わぬ復活をしたもので、皆さん驚きましたよね。

ジュリアーノ・ジェンマさんがお亡くなりになったそうです。甘いマスクの、マカロニ・ウェスタンのスターでした。イタリア人でイタリアの西部劇でしたので、「モンゴメリー・ウッド」というイタリア人でないような芸名で出ていました。私は、TVの洋画劇場でよく見ましたね、とても人気がありました。交通事故でお亡くなりだそうです。

東洋の魔女の中村昌枝さんもお亡くなりになったそうです。我々の年代では、もう説明の要らないスーパー・スターですね。今の日本のアスリートが、強くなり国際舞台で力を発揮できるようになった原動力のような方です。今だったら、間違いなく『国民栄誉賞』だったでしょう。

懐かしい名前ではありませんが、トム・クランシーさんがお亡くなりになったそうです。ジャック・ライアンシリーズで、国際サスペンス映画の原作を書いた方です。アメリカの愛国心を全面に出す手法ですから、日本のことは嫌いだったようです。そういえば、そのジャック・ライアンを演じたハリソン・フォードも日本が嫌いだと聞いたことがありますね。

さて、私の大好きな『アラ』がとても安く深谷さんに出ていました。3尾で500円。
Ara1_2 アラにしてみれば、幼魚でしょうが、充分刺身が採れる大きさです。

しかし、刺身は何回も食べているので、塩焼きに挑戦してみました。大きいもの1尾を我が家で食べて、小さいもの2尾を二女にあげようと連絡しました。
Ara2 本当に美味しい魚ですね、身そのものにしっかりした美味さがあります。ただ、難点は身がしっかりしすぎて、お箸ではさばききれません。ここは手を使いながら、骨を取り鰭を取りいただきます。

美味しい魚をあげようと思っていた二女ですが、いらないのか取りに来ませんでしたので、翌日今度は煮付けです。
Ara3 これも美味い、きれいにいただきました。

で、どうやって食べるのが一番かと考えてみると、三枚におろして小骨を取り、皮付きのそぎ切りにしてから「鍋」か「しゃぶしゃぶ」が一番でしょう。もちろん、アラのアラでダシを取ってからです。

一年にそんなに何度も手に入りませんが、次はやってみたいと思います。

| | コメント (2)

2013年10月 2日 (水)

タイワンガザミの雌

中日ドラゴンズの次期監督の話題が賑やかですね。中日OBや外国の方、はたまた前監督の落合さんの名前まで出ていますが、落合さんは確か「落合じゃ観客が入らない!」という理由でリーグ優勝したにもかかわらず、追い出したんじゃなかったですか?それをまた来てくれってのもカッコつかないですよね~。え?違う?落合・・・嫁?、ああそれなら納得です。

私、もう一人候補として板東英二さんをぜひ入れて欲しいのです。金勘定やらせたら上手いと思いますよ~。

まあさて、冗談はやめて、中日ファンの方は誰がふさわしいと思っているんでしょうね。OBのTさんの名前も出ていますが、かなりダーティーなイメージがあって、下半身のだらしなさも報道されてましたよね、ああそうか巨人の監督も、あの地味な阪神の監督も下半身の話題が暴露されちゃったし、ここは名古屋も負けてはいないぞってところで、T氏にしちゃいますか?
Mesu アヤメの雌が安かったので買ってきました。左下は、あやめではなく本ガニ(ガザミ)です。ブカ(からが柔らかく身が少ない)だからということで、おまけにくれました。

実は買う時に2ハイほどブカが入っていると聞きまして、それらを冷凍しておいて、寒くなったら「鍋」のダシにしようと思ったからです。

ガザミを含めて、5ハイほど冷凍し、残りを蒸しました。二女に取りに来るように言いましたが、忙しいようなので食べるには二日がかりです。

しかし、雌雄でこれだけ色が違うカニって、他にはいませんよね~・・・・・オオシロピンノなんかも白と黒で違いますが、pinnoはそもそも生態が違いますしね。

| | コメント (6)

2013年10月 1日 (火)

旭日旗2

『バトル・シップ』というハリウッド映画がありまして、おそらくリム・パックの最中なんでしょう、環太平洋各国の戦艦がハワイに集結しています。

そこへ宇宙からエイリアンの艦隊が来襲、バリアを張ってしまいますが、日本の海上自衛艦とアメリカの船が中に取り残されます。

そこで、苦戦しながらも日米が協力しあって、エイリアンの船をやっつけるという、荒唐無稽な映画です。

この映画、リム・パックの最初から旭日旗が出まくりで、何故か国対抗のサッカー大会の決勝が日本対アメリカで、これも旭日旗が振られまくります。それで、日本が優勝しちゃうんですよ。

エイリアン船攻撃でも、日本の艦長の進言を受け入れ、エイリアンを撃破しますし、こんな映画、韓国で上映したら国民全員頭から火を噴いて、気が狂ってしまうのではないかと思ったのですが・・・・・いやいや、この映画自体を上映してないんじゃないかと思って、ちょっと調べてみました。

すると、なんとなんと、韓国では4月11日に封切り14日までに94万人を超える大ヒット、翌日には100万人も突破されたそうです。

ところが期待通り、「親日映画でけしからん」という韓国の反応だそうです。旭日旗が出てくるのは、触りの部分だから出てきたと同時に、席を立って家に帰れば良かったのに。そうすれば、浅野忠信さん演じる日本の海上自衛艦艦長「ナガタ」の活躍を見なくても済んだのに、その後も日米合同でエイリアンの船をやっつけるところも見なくて済んだのに。

どうも韓国の方々の精神構造は理解できませんね、私ならはなから見に行きませんね。
韓国では朴大統領の失政が続き、あちこちで頭を下げており支持率も急降下だとか、今後ますます日本叩きに拍車がかかると思うと、情けなくなりますね。

映画自体は、アメリカの娯楽映画ですからね、「じぇじぇじぇ」と言うところがたくさんあります。海軍の船長で優秀な兄、できそこないの弟がある思惑で海軍に入る、いきなり大尉さんです。兄さんが亡くなると、その艦の最高位だということで艦長さんに・・・・・しかし、そういうところを観る映画ではないので、我慢すればなかなか楽しめる映画ではありました。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »