« kiss | トップページ | キャベツ »

2013年10月30日 (水)

秋鯖

中国での爆発炎上事件ですが、これから益々こういったことが増えてくると思いますよ。本来他国であるはずの地を蹂躙して、民族を迫害していれば当然開放運動が起こり、血が流されることになります。そして益々迫害に拍車がかかることでしょう。

さて台風27号が通り過ぎている土曜日、いつもの習慣で市場へ足を向けてしまいます。もちろん地元の魚はありませんが、送りの魚を扱っているところがポツポツと店を開けています。

ある魚屋さんでサンマを買おうか、鯖を買おうか迷ったのですが、秋鯖は何とかと言いますし、一度参加してみることにしました。なんと、800円。
Saba1 全長40cm丸々して期待が持てそうです。

半分を締め鯖、半分を味噌煮にしようと決め、締め鯖の分に塩を振ります。
Saba2 30分以上経っていますが、水分があまり出てきません。トレイはもちろん斜めにしてありますよ。

生の鰻の場合、水分と脂分を合計したものが80%あると言われ、水分が多ければ脂分が少なく、水分が少なければ脂分が多いようです。つまり水分が70%なら脂分は10%、水分が60%なら脂分が20%ということです。

鯖にもそう言ったことが当てはまるのでしょうか?この鯖の場合、水分が少ないから脂分が多いということに・・・・・食べた結果では確かに脂がのって美味しかったです。

鰻の場合食味テストをすれば、脂分が多いほど「美味しい」という結果が出るそうですし、鰻加工場では焼いている時に変形し憎いようです。鰻の場合、あくまでも鰻の場合ですよ。
Saba3 アラはもちろんネギと生姜をたっぷり入れて味噌汁に。
Saba4 締め鯖、一部手まり寿司に。上に乗っているのは、昼間の残り大葉とみょうが。
Saba5 味噌煮、左の赤いものはタカノツメ、右の黒いものはこんにゃく。

三日掛けて食べました、本当に美味しいです。

|

« kiss | トップページ | キャベツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« kiss | トップページ | キャベツ »