« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

ハシキンメ

ある魚屋さんに『ハシキンメ』と表示された魚が出ていました。
Goso1 300円なので迷わず買いました。

昨年、ハシキンメだと思ったものが『ヒウチダイ』ではないかと書いたことがありますが
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-d438.html
写真を見てみると、明らかに違いますね。胸鰭が。まあ素人ですから間違っているかもしれません。
Goso2 どちらにしても美味しい魚だと思うので、大きめのものを刺身にしてみました。
Goso3 小骨が少なく調理しやすい魚です。食感も味も良く、美味しくいただきました。

今回写真はありませんが、煮付けにしてみました。食べる前に、皮を上手に剥がしていただくのですが、これも美味しかったです。

| | コメント (6)

2014年3月28日 (金)

また大羽いわし

一月いぬ 二月逃げる 三月去る・・・・・本当にあっという間ですね。

我が家の女性軍、女房・長女・二女・ゆずが昨日はコストコへ行って来たようで、夕食に出てましたピザが。

いやいや、美味しいですね~しかしカロリーが高そうですね。

私は晩酌にコソコソと、タイラギの刺身なんかいただいちゃおうかと思ったのですが、貝好きな二女が来ちゃいましたしね~~~。

さて、また大羽いわしが出ていましたので買ってきました。
Iwasi 半分を刺身用、半分を塩をして軽く酢にくぐらせておきました。刺身と言うよりたたきですね、でもこれ美味しい。

鰯をおろしていたら、十数尾の内一尾だけ卵が出てきて、他は全て大きな精巣でした。その精巣を集めきれい洗って、味噌汁に入れたら美味しかったです。

酢にくぐらせたものは、翌日、やはり細く切ってオリーブオイルや胡椒で混ぜ合わせ、パンに載せて食べました、これも美味しかったですね。

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

ひじき

ひじきが出ていました。
Hijiki 1つ200円ですが、3つだと500円、とちょっとお得。で三つ買ってきた訳ですが、こんなに食べる訳じゃないので、結局、近所にあげてしまうんですよね。

ひじきと言えば、一時期、ヒ素が多いので食べるのをやめましょうなんて話がありましたが、な~にどんぶり一杯食べることはないので、普通の食生活では問題にしない方が良いでしょうね。

ひじきは海岸の岩場に生えている海藻ですが、生えている時はこんなに真っ黒ではなく、濃い緑がかった褐色でかなり長いですね、そして密生しています。これがひじきだと言われても、煮物からは想像できないものです。

私、ひじきを加工して食べられるようにする方法は知りませんが、生のひじきを加工して食べさせられたことはあります。

その昔、大学の実験場にいた時、薬学部のおねーちゃんが二人泊まっていったことがあります。今は時効ですが、もちろん違反です。

そのおねーちゃんたち、翌朝ご飯を作ってくれたのですが、生のひじきをフライパンで炒めて出してくれました。しかしアクが強くて、とても食べられるものではありません。

おねーちゃん達、生のひじきを知っていたって事ですかね~・・・・・

このひじきは生のものを軽く干してから茹でたものではないかと推測します。

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

またミドリフサアンコウ

昨日家に帰ったら、集合住宅のエントランスに、ゆずちゃんとお母さんが出迎えてくれていました。なんでも結婚式があるとか、ゆずちゃんも正式なご招待があるようで、これで2度目です。またベッドが招待席なんでしょうかね~。

ミドリフサアンコウがまたまた集団で出ていました。あまり大きなものはありませんので、まとまって出ていれば、何か素材として考えられますね。今回は久し振りに鍋にしようかと思います。
Ankou1 昨年12月の時も言いましたが、このアンコウ、皮はザラザラで食べられるとは思えません。前回は干物にしたと書いてありました。
Ankou2 調理はいたって簡単、ズルッと剥くだけです。あれだけのアンコウがこの量に。しかし、二人だけですから、これでも多いくらいです。

鍋は最近凝っているキムチ鍋、モヤシとニラも入れます。

身があっさりしているので、キムチ鍋には良く合います。

残りは翌日、唐揚げになって出てきました。

| | コメント (2)

2014年3月25日 (火)

忍者

掛川へ行ったゆずちゃん一家、ゆずちゃんにとっては大叔父が勤務する掛川城へも行ったそうです。
Dscf81141 後ろで刀を構えるのが大叔父です。昔からこんな事が好きだった人ですから、喜んでやっているようです。
Ninja しかし、ゆずちゃんんはただ恐いだけ。何が何だか分からないのではないでしょうか。

この場所は『御殿』ですね、天守閣は新築ですが、御殿は昔のまま、いろいろな時代劇のロケで使われたそうです。

この忍者、ゆずのお母さんいわく、「掛川城について色々説明してくれたよ、外人さんとも話してた」ということで、外人さんにも親父ギャグを言っているんだと思います。
Tonbe これは実家での記念写真。ゆずちゃん遅いお年玉をいただいたようです。

| | コメント (4)

2014年3月24日 (月)

くぎ煮

3月6日、小さな生コウナゴが魚兼さんで売っていましたので、購入。くぎ煮を作ってみました。
Kugini1 例によって、さけとみりんと日本酒を適当に入れて、沸騰したら生のコウナゴを入れます。アクを丁寧にとって、決してかき混ぜてはいけません。フレーク状態になってしまいます。
Kugini2 落とし蓋をしてことこと煮詰めます。

半月後の22日、コウナゴのくぎ煮があちこちでパック入りで売られていましたので、買おうかと思ったら、魚兼さんのおねばさんが「これで作ったら?」と勧めてくれたのが『釜揚げこうなご』、もうかなり大きくなっています。
Kugini3 確かにこれなら、型くずれはしにくいです。

早速前回と同じくのいい加減な調味料で作ってみました。

釜揚げなので、ほとんどアクが出ません。

型くずれしにくいと言っても、かき混ぜることは厳禁。
Kugini4 美味しく出来上がりました。

隣町に住む、さっくんのお父さん、つまりゆずのもう一人のお爺ちゃんにお裾分けで持っていきました。

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

お買い物

お母さんのバッグを持ってお買い物へ行くようです。お母さんが声をかけると、その都度バイバイをしていますから、お出掛けごっこをしているのでしょうか。

それにしても、荷物を持って歩くことが出来るようになったんですね。

きょうは、ゆずちゃん一家、私の実家の掛川へ曾祖父母のご機嫌伺いに行ってくれました。じいじとばあばはさぞかし嬉しかった事でしょう。

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

お手伝い

ゆずちゃん、お掃除のお手伝いですか?

お母さんのすることをよく見ているんでしょうか、足下の邪魔になる車のオモチャを蹴ってどかしていますが、それもお母さんのすることを真似しているのかな。

さて、サワラが出ていたので買ってきて、ゆずちゃんの食料です。
Sawara1 魚偏に「春」でサワラ、しかしあまり脂はのっていないようでした。
Sawara2 小さな子が食べるにはその方が良いのかもしれません。

骨を取って切り分けておきました。

| | コメント (2)

2014年3月21日 (金)

春ですね

マイワシ、塩をして軽く酢にくぐらせたものを、ホタルイカとわけぎでぬたにしてもらいました。
Iwasi また、小さなトリガイが出ていましたので、買ってきました。昔なら、いくらでもいただいたのに・・・・・・これはアサリやウナギと同じで、貴重品となったものです。
Torigai 小さいので、2~3枚口に入れないと味が分からないくらいです。
Sake 二女が信州へ行ったお土産のお酒で、一杯。

春ですね~。

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

大羽鰯

大きなマイワシが出ていました。
Iwasi1 全長22~23cmありますから『大羽鰯』と読んでも良いのかもしれません。体側の黒い点が2列あるものもあります。

手開きしようとしたのですが、身が固くてできませんでした。三枚におろして、出来るだけ小骨を抜いたのですが、さすがにこの大きさだと小骨を抜ききれないので、2~3mm巾に切ってネギや大葉と合わせたたき風にしました。

そうそう、脂は全くと言って良いほどありません。

ただ私は、刺身で食べるなら、あまり脂の多いマイワシより、あっさりしたマイワシの方が好きですね。

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

マグロ大根

桜の季節になると始まるお隣の国の駄法螺妄言、「ソメイヨシノは韓国起源」。

http://news.livedoor.com/article/detail/8640981/

お馴染み数ある「ウリジナル」の一つであります。科学ってものは全く無視して、ああだったら良いな~こうだったら良いな~という、そうファンタジーの世界です。

茶道も韓国起源だと言っているようですが、韓国の茶道の写真を見たら、茶筅が30cm以上あってトイレットペーパーは転がってるワ、お湯は魔法瓶から汲むワでもう「道」なんてもののかけらもありません。そもそも、韓国ではお茶を飲む習慣は昔からなかったと言いますね、韓国茶というものは「茶の葉」を使うものではなく、麦茶などの他の植物の実などを使うものなのです。

どなたかが言っていましたが、日本の歴史はヒストリー、中国の歴史はプロパガンダ、韓国の歴史はファンタジーだそうですが、全く見事に的を射たお言葉ですね。

韓国で前方後円墳が発見された時、「それ見ろ、やはり韓国が前方後円墳の起源だ、日本に作り方を教えてやったんだ」と大喜び、ところがそれは日本のものより後から作られたものだと判明、それでは「日本から教えてもらった可能性があるニダ、じゃあ壊しちゃえ、」って事になったとか。全くおかしな国です。

さてマグロの頭の部分が出ていたので「ハチノミ」を取りだして、ブリ大根ならぬマグロ大根を作ってもらいました。
Daikon やはりブリ大根の方が美味しいのですが、安いし、コラーゲンたっぷりなので我慢しましょう。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

カガミダイ2

黄砂イコールpm2.5が沢山飛散してきているようですね。
Japan_detail_20140317150000_large (tenki.jpより)

こちらでこのような違和感なのに、関西地方はもっとすごいんでしょうね~。

Kagamidai2 さて、カガミダイですが身はゆずの食料に保存したのですが、大きな肝が入っていたので、ニンニク醤油に浸けておいてから、片栗粉をまぶし、オリーブオイルで焼いて貰いました。

これがまた絶品です。もっと食べたいのですが、やはりこれくらいが適量でしょうね、ただ強制的に太らせたガチョウの肝と違って、野生の海の中で育った魚の肝ですから、とても健康的だと思います。

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

浮き魚にも挑戦

先日オモチャと一緒に送った魚は連日の荒天で、あまり多くはありませんでした。

大人用の物が多かったですね、青魚にも挑戦するかと思い、マサバも入れておいたところ、脂の少ないしっぽの方を食べさせたようです。
Saba2 これは塩焼きではなく素焼きでしょうね。

他には今の季節欠かせない黒鯛、悪食ですが一応鯛の仲間です。

これは2~3日前に買ったカガミダイ。
Kagamidai 三枚におろして、切り分けて保存しておきます。

これで何種類になったかな~~~?

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

蕗の薹

蕗の薹を採ってきました。

どこにあるかって言いますと、お客さんの裏庭に毎年生えてくるので、それを狙っているのです。
Hukinotou1 沢山は生えてこないのですが、大きくなったものから2~3回に分けて楽しめます。

「薹が立つ」と言うと、大根などの野菜の花芽が出ることで、野菜が筋っぽくなるので嫌われますが、蕗の薹そのものは春の使者として大歓迎です。

そうそう、人間でも「薹が立つ」って言いますね。
Hukinotou2 蕾を包んでいるがくのような物も少し残して揚げてもらいました。もう少し衣が少ない方がいいかな。

塩でいただきましたが、ほろ苦くて美味しくて最高でした。

また来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

大変ですね~

小保方さん、大変なことになっていますね。

初めは単なる日本人科学者のいやらしさで、おねーちゃんいじめかなと思っていましたが、そうですか論文取り下げも検討しているんですか。

しかし、マスゴミも色々過去にさかのぼって騒ぎすぎ、これで小保方さん、日本が嫌になってアメリカへ行き、数年後、十数年後にノーベル賞受賞、なあ~~~んてなると面白いですね。

話は全然変わりますが、私も某魚病学会って所に所属してましてね、もちろん研究発表なんぞした事ありませんが。で、学会なんてかなりいい加減なところで、間違った発表をしたからといって謝罪したり、訂正したりする必要はないって所だと思っています。

その昔、ウナギの病気で俗に「棒状」と言われた鰓病だと思われた病気があります。
Img0060pcd 簡単に言うと鰓弁の中央、血管ではない場所に「棒状」に血液が充血する病気で、シラスウナギ時期から成鰻まで大量斃死を伴う病気で、感染力らしきものもかなり強く、ウィルス説が有力視されていました。

これを某水産大学の教授が、その時は病名が「鰓うっ血症」だったか「鰓弁充血症」だったかと言っていたと思いますが「この病気は飼料中のマグネシウム不足から来る栄養障害だ」と発表したんです。

理由として、1.近年(30年近く前の話です)北洋のホワイトミールが不足して、マイワシのブラウンミールで飼料を作っているが、ブラウンミールはマグネシウムの含有量が少ない。

2.それが証拠にこの病気はホワイトミールを多く使っている浜名湖地方では少ないが、ブラウンミールを多く使っている愛知県で多い。

ってやっちゃったんです。それで、実験でマグネシウム無添加の餌を与えたら、この病気が発症したと言うんですね。

あわてたウナギの飼料メーカーは、急遽、マグネシウム強化の飼料を発売したと言います。

確かにその当時、高価なホワイトミールに見切りをつけ、安いブラウンミールでコストダウンを量った愛知県一色地区はシラス時期のほんの一時期以外はブラウンミール主体の餌を与えていました、そこまでは先生も勉強していた。

ところが、この病気は浜名湖地方で多く発症して、その後愛知県に移ってきた病気であったことは知らない。そして、餌付け20日位のシラスウナギでも発症してしまう病気だったことも知らないようでした。シラスウナギと言えば、先程述べたようにブラウンミールは与えていませんし、栄養障害が出るには早すぎるでしょう。

また一度も感染していない群に感染したウナギを入れると、10日から2週間くらいで発症して、感染症を疑わせる例が数多く見受けられました。

そして決定的だったのは、各研究機関が再現実験をしても、どこも成功しなかったと言います。

その後この病気は「ウィルス性血管内皮細胞壊死症」という病名に変わっています、もちろんウィルス性の感染症という認識ですね。

さてその後、マグネシウム説を打ち出した先生、別になんの訂正もないし、その先生の門下生に聞いてみると「マグネシウムのマの字も言いませんよ」とのことでした。
Img0015pcd さてこれが病気でない鰓弁です。鳥の羽のように見える、中央が血管で板のようなものが規則正しく並んでいるのが、鰓薄板。
Img0027pcd この部分でガス交換をして呼吸している訳ですから、非常に重要な部分ですね。

いやいや、小保方さん、可愛いから好きなんですよ。

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

アケガイ・・・・・まだ

マレーシア航空の旅客機が行方不明だそうで、広い海だと分からないのでしょうかね~、それにしても機体がバラバラになれば、何か浮遊物が出てくると思うのですが。

そうそう、遅ればせながら、東日本大震災から3年が経過したんですね。私としては、まだ3年しか経ってないのか、という感じです。

お亡くなりになった方、現在も避難を続けておられる方、お悔やみとお見舞いを申し上げます。組織としても個人としても、無駄な税金を使わず、しっかり納税をして貢献したいと頑張っているつもりですが、あとは政治家の連中がまともにそれを使ってくれるか、それが心配ですし、連日報道される生活保護の不正受給、これがなければ本当にいいんですが・・・・・
Akegai 3月4日、アケガイの身入り確認のため買ってきました。

まだ小さいし固いですね、採取場所によっても身入りは変わってくると思うので、何とも言えませんが、もうちょい、と言っておきましょう。

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

焼き鳥

土曜日に二女夫婦と一緒に大府市共和にある焼鳥屋さんに行って来ました。以前、越後屋さんに連れて行って貰ってから、気に入って何回も来ています。「今のお客さんだけで手一杯なので紹介しないで」と書いてありますから、店名等は出さないことにしましょう。

お酒は色々豊富で、同一銘柄の「飲み比べ」があります。この日は『八海山』五種の八海山が5勺ずつお盆に並べられて出てきます。

焼き鳥は原則としておまかせ。

10種の焼き鳥に刺身かつくねを選びます。私は当然刺身を頼みました。
Sashimi 砂肝、笹身の湯引き、心臓、肝です。

肝の血抜きがしっかりされているので、臭みも全くなくとろけるような美味しさでした。

混んでいる為もあってか、ゆっくり出てくるので追加注文することなく、お腹は一杯。

おまかせで焼き鳥10本と刺身、2300円ですから決して高くありません、私が飲んだ酒の方がずっと高い。

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

プレゼント

ゆずちゃんの食料、お魚を送るついでに、荷物の一番上に携帯電話のおもちゃを入れておきました。お母さんに、ゆずに開けさせてと伝えておいたので、一生懸命開けようとしています。

最初興味を示すものの、臆病な子なので尻込みして、困った顔をしています。

次第に親の反応から、異常のないものだと判断したのでしょう、慣れてきます。

女の子ですからね、少し臆病なくらいの方がちょうど良いかもしれません。

Yuzu 相変わらず何かつまんでいるようですが、私の二女、つまりこの子のおばさんが受け取って食べるふりをしたら「絵?何やってるの!」とあきれ顔だったそうです。お母さんは、ゴミ箱に捨てるからね。

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

ホタルイカ

韓国のことわざに「泣く子は一つ余計に餅を貰える」ってのがあるそうですよ・・・・・

1日、富山湾でホタルイカ漁が解禁されたとテレビでやってました。アミの中で青白く光ホタルイカはこの時期、貴重な風物詩ですね。
Hotaruika わけぎとめかぶ、ホタルイカに酢味噌をかけて頂きます。

ホタルイカは、眼球が固いので、食卓に載せる前に取り去っておくと食べやすいですね。小さいけど濃厚なミソ(イカの)がたまりません。

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

カツオ イタリア

カツオのオリーブオイル炒めが出たついでですが、イタリアでは「カツオ」という言葉は男性器のことを言うんだそうですね、ネットで調べてみると色々なことが書かれています。

では「鰹」をイタリアでは何と読んでいるかというと「palamita(パラミータ)」だと書いてあるサイトがありましたが、「tonno(トンノ)」がイタリアではマグロやカツオの総称だと書いてあるところもあります。tonnoもしくはトンノという、マグロを出すイタリア料理店があるようですね。

いつも言うように、西洋人は日本人のように魚食習慣が少ないので、種類などを細かく分類することはないんでしょう。マグロもカツオも一緒くたです・・・・・あれ?日本でもカジキマグロなんて言う人が多いから、あまり偉そうなこと言えないか。

英語では「bonito(ボニート)」これはスペイン語から来ているそうです。他には「skip jack tuna」とも言われているそうですが、一般的にそう言われるのかは疑問です。いえ、一般的には見たこともない魚だと言うのが正解でしょう。

高校の先生が、日本人は魚食中心だから魚の種類をはっきりと分けていった、欧米人は肉食中心だから肉の部位をはっきり分けていった。と言っていましたが、これは本当でしょうね。ちょっと前は、サーロインだのランプだの細かいこと言わずに「牛肉」で済ませてましたからね、ホント、最近ですよ。

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

啓蟄

きょうは啓蟄なんだそうですが、穴から出かっかった虫も震え上がってしまうような寒さになってしまいました。風も強いので、体感気温はさらに低くなっていると思われます。
Asatuki 小さなプランターに植えた「あさつき」の芽が出てきました。

これは以前、球根のような根のようなものをいくつか頂いたものを、芽が生えて成長するたびに、ハサミで収穫していたら、次々と出てくるので薬味に重宝していました。

これで3年目だと思いますが、もう少し大きなプランターに植え替えた方が良いのでしょうか?

少量必要な時にとても便利です。

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

あぶさん・・・終了

ビッグコミック・オリジナルに41年間連載された、水島新司さんの『あぶさん』が連載終了しました。

私のブログでは、あまり好意的なことを書きませんでしたが、実は連載開始当時『あぶさん』のファンで、単行本も20冊以上買ったでしょうか。
Abusan1 酒好きなスラッガー景浦安武が実際のプロ野球を舞台に、大活躍ではなく代打として、地味に活躍する姿が大好きでしたが、次第にエスカレートして高齢なのに何度も三冠王を奪ったり、60歳過ぎまで現役で頑張ったり、おいおいちょっとやり過ぎじゃないの?ってのが目立ち始めました。

これが仮想のプロ野球を舞台にしていればまだ良いのですが、現実のプロ野球が舞台では、整合性の取れないことが多分に出来てきました。

また野球以外の登場人物が、大金持ちだったり、建築界や財界の大物だったりで、鼻につくことも多かったです。

そんなに大活躍しなくても、細々と代打人生を送って欲しかったですね。

その後、現役を引退してから迷走を始めてしまったので、早くやめて欲しかったのですが、やっとここへ来て終了を決意したようですね。
Abusan2 ただ、私の青春時代を楽しませてくれたことは確かですから、お礼を申し上げたいと思います。

長い間ご苦労様でした、今後の活躍をお祈り致します。

| | コメント (2)

2014年3月 4日 (火)

カツオ料理

プリウスのリコールに行って来ました。

さて、先日鰹を食べた時のハラモ、つまり腹側の身を干物にしたと言いましたが、
Katuo1 ちょっと干しすぎてしまって、固くなったことと、写真でも分かるように脂がのっていないので、そのまま食べるのはやめにして、ちょっと炒め物にしてみました。

セロリをピラーで適当に皮を剥き、オリーブオイル、ニンニク、塩胡椒で、細切りにした干物を炒め、ぶつ切りにしたセロリを加えて炒めます。

セロリの食感がなくなっては美味しくありません、適当なところで火から下ろして白ワインでいただきます。
Katuo2 これ美味い。

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

きょうはひな祭り

きょうはひな祭りです。

昨年の今頃はさぞかしドタバタしていたのではとブログを読み返してみると、やはり小さな居候が居ただけに、何もしなかった私でもあたふたしていたのが分かります。

それにしても大きくなったものです。やはり、ブログに登場させて良かったな、と思っています。総合的に読み返せますからね。

さて、ひな祭りの写真が届きました。
Yuzu1 この着物は人形屋さんにいただいたものです。ちょっと女の子らしくなりますね。
Yuzu2 言葉が少しずつはっきりしてきたから、今に意味があることを喋ると思います。
Sushi1 手まり寿司を作ったんだそうです。
Sushi2 こちらゆずの手まり寿司、小っちゃぁ~。

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

陶芸展

ある方から入場券をいただいて、隣の高浜市にある『かわら美術館』へ「鯛22回日本陶芸展」を観に行ってきました。

『かわら美術館』は私が朝晩通勤で通っているところで、建物の横にイベントの宣伝が掲げられていますので、興味があるときは鑑賞したいと思っています。

今回も以前から気がついていたのですが、ずっと休みが取れなかったので、3月9日の最終日直前になってしまいました
Tougeiten 陶芸は素人ですが、ただの土塊から、あのような素晴らしい色や形が産まれるということが、とても感動的で、あちこちこのような機会があると短い足を伸ばすことにしています。

作品はどれも素晴らしいものでしたが、特にこのパンフレットに掲載されている入賞作品は、しばらく見入ってしまうような作品でした。

一番上に掲載されている作品が大賞の「藍三彩1301」加藤清和さんの作品です。

この美術館のギャラリーに加藤さんの三彩がいろいろ展示即売されていました。欲しかったですが、手が出ません・・・・・・ぐい飲みくらいなら買えたかな?

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

初赤ナマコ

http://news.livedoor.com/article/detail/8585032/

この記事によると、キャロラインちゃんのお父さん、つまり故ケネディ大統領は、マッコウクジラの歯で作った工芸品を収集していたとか、そういえばその昔、長崎にもマッコウクジラの歯の工芸品がありまして、長崎駅前のビルに小さな店がありました。

それ程高い物ではなかった記憶があり、私もタイピン・カフスのセットを持っていたと思います。象牙のように、使い込むと味がある色になると聞きました。

また探してみよっと。
Aka1 昨日、今年はまだ「赤ナマコ」を食べてないと気が付いたので、買ってきました。もちろん「青ナマコ」よりちょっと高いです。それにしても小さいですね~。
Aka2 小さいのでか、あまり固く感じませんでした。

青より美味しく感じたのは気のせい?

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »