« 桑の実の季節 | トップページ | »

2014年5月28日 (水)

うなぎ

鰻の生開きをいただきました、7尾も。

ご存知のように、シラスウナギの不漁から鰻価格が高騰して、庶民の口には入らないようになってきた鰻ですから、全くありがたい事です。

今年は一転、シラスウナギが豊漁で、マスコミでは鰻が安くなると、一斉に報道されています。
Eel この私がいただいた鰻も、昨年末シラスウナギとして養殖業者さんに池入れされたものですが、実のところシラスウナギの価格はまだ下がる前(200万円以上)、1月になっても1キログラム100万円を切ったのはだいぶ後だったと聞きます。

土用丑までに出てくる鰻は、このかなり高価なシラスウナギが成長したものなので、養殖業者としては、そんなに簡単に下がって貰っては困るようです。

また養殖にかかる経費は、シラスウナギだけでなく、餌も、重油も、電気も水道も、全て価格が上がってしまっていますので、シラスウナギの価格が半分になったから、鰻も半分の価格になると思うのは大きな間違いですが、マスゴミの連中は変な煽り方をしますね。

とは言っても秋以降、かなり下がって我々の口にも入りやすくなるのは間違いありません。

皆さん、沢山食べて下さい。

我が家は、二女夫婦が来て、塩焼き、うな丼を満喫して帰っていきました。

|

« 桑の実の季節 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑の実の季節 | トップページ | »