« 掛川 | トップページ | キイロスズメガ »

2014年9月 4日 (木)

ATOK

職場のパソコンを新しくして、いろいろ使っていたのですが、どうも使い心地が悪い。理由は簡単です、日本語変換システムが、マイクロソフト製のMS-IMEだからです。

私がパソコンを始めたのは1956年からですが、初めはMS-IMEを使っていましたが、ワープロソフトで『一太郎』を使い始めた頃、同じくJUST SYSTEMの『ATOK』も使ってみました。すると、今までの歯がゆさから、一気に抜け出すことができ、その後ずっと使っていましたから、今回のMS-IME使用は重力が数倍圧しかかった気分でした。
とにかく、一言で言えば頭が悪い、地名などでもかなり有名なところでも変換できないものが多いです。例を言えば「戸隠」なんてのも変換できない。
Atok 業を煮やして、購入しました。一番基本のベーシック版です。辞書などの機能が少ないだけで、全くサクサク快適に打ち込むことができます。この文を書いていても、止まって考えることは全くありません。
まあ。Windowsユーザーにしても、Appleユーザーにしても、日本語変換システムが入っているわけですから、余分な金を出してATOKを買う人は少ないでしょうね。私のような人間は却って不幸なのかもしれません。
あそうそう、Appleも馬鹿ですよ。

|

« 掛川 | トップページ | キイロスズメガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掛川 | トップページ | キイロスズメガ »