« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

小鯛

文化人とか言われる方は難しいですね~ツイッターやフェイスブックで考えを発信し続けなければ、時代遅れとなってしまいますし、発信すればしたで、うっかりミスを、いえ本心を言ってしまいます。ジャーナリストと呼ばれる、江川紹子さんが、今回の御岳噴火の救助に対し、「自衛隊の装甲車を出す必要があるのか?」とツィートしたそうで、あちこちから叩かれているようです。

「なぜ、御嶽山に自衛隊派遣なんだろ…。人が必要なら、むしろ警視庁や富山県警の機動隊や山岳警備隊の応援派遣をした方がよさそうな気もするが…。」
どうも、本来左翼的な考え方の方らしく、自衛隊という言葉に無防備に反応してしまったのでしょう。この後、専門的な知識を持つ方に、自衛隊の装甲車は火砕流や火山弾に対して、適正な乗り物だと諭されますが、論理のすり替えや、八つ当たりを繰り返して、最後は自分の無知を認めましたが、謝罪はしていません。
今回の痛ましい自然災害、まだ頂上付近にはどれだけの方が火山灰に埋もれているか分からない状況だと思います。家族の方も一刻も早く帰ってきて欲しいと願っているでしょうし、それを救助する方々も命がけのことです。
恐らく一番最善な事が、自衛隊の装甲車派遣だったと思いますが、イデオロギーの違いだけで、自衛隊という言葉に異常反応するのは、全く人間のくずですよ。
Kodai1 小鯛の手鞠寿司は、以前も作ったことがありますが、あの時はキダイだったと思います。今回は、真鯛で作ってみました。私の作り方は、全くの自己流ですから参考にならないかもしれません。
鱗と内臓を取ってから、頭も切り取ってしまいます。
Kodai2 それをバットに並べ、上下、塩を振りかけて斜めにして置きます。
Kodai3 1時間ほどすると、小鯛から水分が出てきますから、塩を落として三枚におろし、腹骨を剥き、小骨を抜いて軽く酢にくぐらせます。
三枚におろしてから、塩をするとからくなりすぎるかな?と思い、骨が付いたまま塩をしています。
あとはサランラップを使って、手鞠寿司を作るだけですが、飯と小鯛の間に大葉を挟むと美味しいですね。また飯は少量の方がきれいに出来上がります。
脊椎骨は良く干してから炙り、また干してから粉末にすれば良いダシになります。
剥いた腹骨は、これまた良く干してからオーブンで焼けば、美味しい骨せんべいになります。腹骨ですから、小さくても脂が良くのっていますよ。

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

お食い初め

二女の赤ちゃんがもうじき百日を迎えるので、お食い初めをやるなら鯛を買ってこようかと言ったら、我が家でお食い初めをやっても良いか?とのこと。赤ちゃんの面倒を見ながら、お食い初めの支度をするのも大変なので、快諾しました。

前日に、腹帯をいただいた近所の神社で、お祓いをしていただき、境内の小石をお借りしてきました。これは無事歯が生えたら、またお返しに行かなければなりません。
このような子どもに関する地方行事が、ネットのおかげで全国区になってきましたね。我々や、我々の子どもの頃は知らなかったことが、すぐに調べられるようになりましたし、それに関するグッズも売られています。何でも商売、商売です。
私のブログで振り返ってみると、長女の娘「ゆず」の時に、お食い初めをやりたいから、真鯛を送って欲しいと要請されて、送っていますね。お食い初めをやったのは昨年の5月のことです。こういったことは、ブログを付けておくと便利ですね、備忘録に写真が入っていますからね。
Okuizome1 尾頭付きの鯛の塩焼きと酢の物、煮物、吸い物にご飯ですが、赤飯と小鯛とマグロの手鞠寿司です。手鞠寿司は偶然です。そうそう、歯固めの石も忘れてはいけません。
長女が作ったものと比べると、なかなか凝っていますが、長女は静岡で赤ちゃんの面倒を見ながら作ったものですから、無理はありません。
今回、吸い物も鯛のダシを使っていますからね、本当に凝っています。
Okuizome2 赤ちゃんには食べさせるまねだけです、一生食うに困らないようにとの願いを込めて、でしょうねぇ。
それにしても、鯛を焦がさないように焼くのに苦労しました。なにしろ、小さなマンション住まいですから、グリルに入るわけもなし、電熱グリルと、アルミホイルを駆使して1時間以上かけて焼きました。
昨夜は、ゆず親子も居ましたし、何故か長女の義妹も食事に来ていたので、大賑わいでご近所に迷惑をかけてしまったかもしれません。

| | コメント (2)

2014年9月26日 (金)

再び台風

またまた台風と共にゆずがやって来ました。

 昨夜は大きなオニオコゼですが、ゆずには送ろうと思っていたイトヨリダイを食べさせました。
Okoze 台風の影響で魚はほとんどなかったのですが、深谷さんの水槽にこのオニオコゼがくつろいでいたので、締めてもらいました。
 例によって、薄造りから皮、肝、胃袋、卵巣の湯引きをおまけにして、紅葉おろしでいただきました。もちろん、ゆずには刺身はまだ早いので、湯引きしたものを与えたところ、肝は大いに気に入ったようですが、胃袋はこりこり食感ですから、食べませんでしたね。
 夏は暑かったからか、食欲があまりありませんでしたが、今回は何でも完食、食後のデザートは止めておこうかと思ったんですが、信州の美味しくてジューシーな梨があったので、与えたところこれまた無言で完食。その後可愛いお代わりポーズもあったのですが、腹も身のうちとあきらめさせられました。

| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

フードプロセッサー

日曜日の午前中、カレーを作っていたときにフードプロセッサーが回らなくなり、中身を取って回してみると回るので、な~んだ量が多かったのかと、少量にしてやってみたら、やはり回りません。いえ、モーターは回っているのですが、刃が空回りしているんですね。思えば、随分酷使してきましたから無理はありません。

Brown さっそく、ネットで注文したら、翌日には届きました。
 前のものがBROWNで、使い勝手が良かったものですから、今回も同じメーカーのものを選びました。今回買ったものはスライサーも付いているようですね。
 結局カレーは、最後の少量が切れなかったので、手動で切りました。今回はキーマチーズカレーでした。

| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

送りの荷

 また傷ましい事件がありましたね、殺されたお嬢さんには本当にお気の毒だったし、殺される直前の恐怖というものを考えると、胸が張り裂けそうです。こういった社会的に本当に弱い人たちに、被害を与えることについては、実際の刑より何倍か増しにする、という法律を作らなければいけませんね。

 愛知県では、地域の安全情報を「パトネット」というメールマガジンで配信しています。私も刈谷市と西尾市の2カ所登録し、不審者情報や空き巣などの被害状況を配信してもらっていますが、両市付近で毎日のように配信されるのが、小さな女の子や女子生徒の体を触ったり、男性器露出の変質者情報ばかりです。
 こんな事による、犯人はかなり警察の方でも把握をしているのでしょうが、逮捕をしても軽い罪ですぐに出てきてしまう、再発防止の措置が全くされていない、ということで犯罪が今回のようにエスカレートすることはあっても、少なくなるということはないようです。
 毎回こんな事があると言っていますが、もう本気で対策を講じなければ、いたいけない少女たちの被害が増していくばかりです。
 こういったことに、一番障害があるのが人権家と言われる法律家や文化人と呼ばれる、私にいわせれば、ひ・と・で・な・し・です。光市の母子殺人でも、ドラえもんまで出してきて弁護したエセ人権家弁護士がいました。
 とにかく犯人には体内にGPSを埋め込むなり、去勢するなり本気で考えて欲しいと思いますね。
Itoyori 最近、送りの荷ばかり買っていまして、下手に地元の荷にこだわるより、お値打ちで買える場合もあります。
 ただ昨日のカツオは戻り鰹で、脂がのっていたことは確かですが、いわゆる「ゴリガツオ」でしたね、極端にひどくはなかったですが、どうもあの食感はいけません。刺身で食べるなら、たたきのように炙ってから、なるべく薄く切った方が良いかもしれません。
 イトヨリはスワカネさんに出ていて、一色市場のものはめちゃ高く落とされていますが、これはかなりの大きさで700円でした。元々、価格ほど価値があるとは思っていないのですが、静岡のものだと聞いたので、孫の所へ送り返してやろうと思って買ってきました。
Gomasaba ゴマサバはどこのものか聞かなかったのですが、安かったので干物用に買ってしまいました。
Gomasaba2 真面目に小骨もすべて抜きました。
 まあ送りの荷を極端に毛嫌いする方もありますが、実際にはそれを知らないで買っていることもありますので、上手につきあうことですし、魚屋さんも聞かれたら素直に本当のことを教えてくれるような所とつきあった方が良いですね。
 先日もある魚屋さんに「これは地元のやつ」と聞いたら「うちは地元のやつしか扱ってない」と見得を切られてしまいました。もずくなど結構送りの荷も扱っているし、地物でも同じものが三日も並べられていることもあるので、送りの荷を馬鹿にすることは出来ません。

| | コメント (2)

2014年9月23日 (火)

アレチウリ

外来植物の中でも、繁殖力が強くて、農作物に被害を与えることもあるという『アレチウリ』ってのを見たことがありませんでしたが、先日のポール断裂徘徊の時に、刈谷市と大府市を結ぶかなり狭い道を歩いていると、川の斜面にアレチウリらしき植物を発見しました。

140914_053601 ガードレールに覆い被さって、どこがガードレールなのか分からないほどです。
アレチウリは北アメリカ原産で、1952年に静岡県で見いだされてから、現在東北以南で普通に見られるということです。
140914_053503_2 日本のクズ(葛)がアメリカに渡り、大繁殖して被害を与えている、という話を聞いたことがありますが、現在、ここの場所は本来、クズが繁茂していた場所だと思われますから、アレチウリこそ最強の植物だといえます。さすが、アメリカ!カエルもカメもアレチウリも強い!

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

ネズミゴチ

最近、孫にかまけて魚の写真がアップされない、というご指摘がありましたが、魚はほぼ毎日食べています。何年もこんな事をやっていると、デジャブのように、あれこんな事前にも言っていたな?と思うことがしばしばで、そうなると同じ事を書いては申し訳ないような気がしてきます。当初、備忘録として始めたことですから、そんなことを気にしなくて良いんですがね。ついついです。

これもそう、ネズミゴチのやや大きいものが出ていました、刺身にちょうど良いくらいです。
Kochi1 7尾ありましたが、1尾深谷さんのお兄さんに皮のむき方を教えていただきました。
Kochi4 背びれを切って、首の骨を切断、裏返しにして切り口の背骨を包丁で押さえ、頭を尻尾方向に引っ張れば、皮と内臓が一度に取れる、というわけです。
ところで、深谷さんはこの魚が2種あると言っていました、つまり臀鰭の両側に黒い線のあるものと、左から2尾目のようにないものが異種だというのです。
これ、調べてみるとネズミゴチの雌雄の違いのようです。つまり、黒い線があるものが雄、ないものが雌らしいですね。
第1背鰭も雄が
Kochi2 雌が
Kochi3 のようです。これも以前言ったような・・・・・・・
刺身は美味しかったです。
Kochi5

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

月下美人

二女の婚家から「月下美人」が咲きそうだから見せてあげたい、とアパートまで持ってきてくれたのですが、その日は咲かなかったため、昨夜咲きそうだと持ってきました。昨夜は、赤ちゃんのお父さんが宿直だったためで、赤ちゃんを風呂へ入れるのに一人では大変なので、いつも我が家へ来ていたのです。冬ではないので湯冷めすることはないでしょうが、実家は何かと楽ですし、我々夫婦も赤ちゃんを見たり抱いたりしたいので、誰も文句を言う人はいません。

月下美人は、夕方には咲く気配、満々で蕾がほころびかけていました。
8時過ぎにはほぼ満開、かすかな芳香がありました。
Flower1 9時になると、かすかな芳香ではなく、はっきりした香りに変わってきました。
私と女房は以前、実家に帰ったときに偶然開花時期だったので見たことがありましたが、二女は初めてだったようです。
同じ株から一年に二回、三回と咲くことがあるようですね。今回は三つの花が咲きました。
私が起きる早朝はまだ開いていましたが、朝、9時頃にはしぼんでいました。実質、半日の命ですね。
Gekkabijin2 記念写真。

| | コメント (2)

2014年9月20日 (土)

アクシデント

日曜日、例によって暗いうちから早朝徘徊をしていました。

亀城公園の前を通り、境川を超え東浦町に入りました。
この日は快調だったので、東浦町のぶどう園あたりを気持ちよく歩いていたのですが、1時間ほど経った時、右手のポールに違和感が・・・・・というより、ポールの反応がありません。驚いて手を見ると、ポールはしっかりと握られています、が・・・・グリップより下がない。
Poll いや、下に落ちているではないですか。
そう、完全に折れているのです。
慌てて拾ったものの、何故こんな事が起こったのかさっぱり分かりません。
ポールはアルミ製で、メーカー曰く400kgの荷重に耐えられるとのこと、私、400kgもありませんし、特に乱暴に扱った記憶もありません。
いつ購入したか考えてみると、昨年の5月以降、夏前ですから、1年と3~4ヶ月でしょうか。どれくらい歩いたでしょうかね~500kmを超えてはいないと思います。どう考えても、壊れるのが早すぎますね。
一応、師匠の越後屋さんに聞いてみようと思い、写真と共に連絡を取ってみたところ、やはり非常に驚かれ、購入したところへ持って行こうかという私に、欠陥品なら揉み消される恐れがあるから、私が連絡しますとおっしゃってくれました。
その結果、このポールは製造過程で200本に5本の割合で、亀裂が入っている欠陥品だったと判明。メーカーが回収をしたのですが、回収しきれないものが私のところへ来たようです。もちろん、交換してくれることになりましたが、このような事実を公表していないメーカーの姿勢に、越後屋さんも憤慨されていまして、今後公表しないなら、越後屋さんの手で、報告書を書いて公表するとのことでした。
現在、ノルディックウォークは怪我などのリハビリや、歩くのが不自由になったお年寄りたちに、非常に効果的だという事が分かっており、越後屋さんも一生懸命でしたからね、お怒りも分かります。
もう少し、弱った方でしたら転んでしまいますよ。
というわけで、今週はポールがないのですが、さすが越後屋さん、ちゃんと予備のポールを貸してくれました。そうそう、越後屋さんの勤務先、藤田保健衛生大学の医学部へ行ってきたのです。学内を案内してくれたり、ウォーキングの指導もしていただき、貴重な時間をありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

帯化したタカサゴユリのその後

スコットランドの独立は否決確実となったようですね、それにしても不思議なのは、沖縄の独立運動家がスコットランドの独立の応援に行ったというんですから、良く意味が分かりません。スコットランドと沖縄では、意味が違うと思うのですが・・・・・・

そんなに独立の応援に行きたいなら、チベットやウィグル自治区の応援に行けば良いんですが、おそらくそれはスポンサーの関係で行けないんでしょうね、ス・ポ・ン・サ・ー・の関係で。
そうそう、ついでですが沖縄の基地反対に出かけていく、本土のプロ市民や左翼の皆様、何故、ロシアに向けて北方領土返還と叫ばないのでしょうか、その辺が不思議でなりません。
さて以前、タカサゴユリの花の帯化の写真をアップしましたが、その後実になったので写真を撮ってきました。
Taika1 花の数ほどは実が出来ていませんが、かなりの数があることは確かです。

| | コメント (2)

2014年9月17日 (水)

ツルボ

Turubo先日のこと、知り合いの鰻屋さんから電話があり、「今、つるべが来ている」とのこと。意味がよく分からないので、聞いてみると、用事があって出かけていたが、自分の養鰻場に帰ってきたら、父親が「笑福亭鶴瓶」さんと話をしていてたとのこと。彼も話しに加わってみると、NHKテレビの取材できているとのことでした。そういえば、毎週月曜日の夜8時から鶴瓶さんの番組をやっていましたね、見たことないけど。

その後、最近オープンした例の丼屋さんに案内し、一緒にご飯を食べたそうです。
今回は西尾市が舞台で、10月に前後編2回でオンエアされるとのこと、お暇な方は見てください。
花はつ・る・ぼ・・・・・・・

| | コメント (2)

2014年9月16日 (火)

サンマの季節

サンマの季節ですね~我が家も恒例になっている、徳島のスダチを沢山いただいたので、サンマを買ってきました。

Sanma とてもきれいなサンマですね~1尾200円、5尾で700円と聞きましたので、当然5尾買ってしまいますね。次女夫婦にあげれば良いことですしね、それにしても高橋さん、売り切ってしまいたいという下心見え見え、それに乗ってしまうのが消費者ですけどね。
Sanma2 くちばし、黄色ですよ。
Sanma3 当然、初物は塩焼きですね。スダチを搾って、いただきま~す・・・・・・・・・・んんん?全然美味しくない。
そう、これ塩焼きではなく、素焼きです。仕方がないので、醤油をかけて食べましたが、既に頭の中が塩焼きのイメージなので、全然美味しくありません。やはり塩って重要なんですね。
Sanma4 これは二女のその日の食卓、なかなか上手に焼けました。
Sanma5 2~3日後の、ゆずちゃんの夕食。ちゃんと大根おろしまで食べたっていうんだから、もう一人前ですね。

| | コメント (2)

2014年9月15日 (月)

舞妓はレディ

周防正行監督の『舞妓はレディ』を昨日観てきました。

私の中では、日本の監督でただ一人、監督の名前を聞いて観に行きたいと思う方です。

舞妓になりたいと、田舎から出てきた少女は、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル、という設定。監督の奥様をはじめ、周防作品ではお馴染みの方々が出ていますが、くどいようでいて案外さっぱりしているのは、主人公の少女、春子を演じる、上白石萌音ちゃんが素朴で新鮮だからでしょう。
とにかく面白いですから、一度観てください。
そして、素朴で可愛かった春子が、京言葉を操ることができ、踊りも洗練された舞妓さんになる一年間を是非観てください。
本編が始まる前の、いろいろな邦画の予告編を見ていたら、ジャニタレや大根アイドルだらけで、しらけていたのですが、本当に良かった良かった。
そうそう、インド映画のように、時々ミュージカル風になりますが、皆さんの歌も良かったです。春子役の萌音ちゃん、最近テレビにも出ているんだそうですね。

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

できた~

最近こういったことが上手になってきましたね。

おしゃべりも上手になってきましたし、動きも活発になってきました。家庭の中の事故に気をつけなければいけません。

| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

時間

Kanichi先日アップした、私の父とそのひ孫の写真、赤ちゃんにとってお母さん、父に対しては孫である私の二女が面白い写真を見つけて合成したようです。

左が先日の私の父とひ孫、91.5年の開きがあります。右の写真は約30年前の、やはり抱いているのは私の父、抱かれているのは孫である赤ちゃんの母親。私が少し写っていますが、当時の眼鏡フレームですね。

この時、父はいまの私とほぼ同じ年齢だったと思います。

偶然、同じアングルの写真があって良かったですね、これは私の兄が撮ったものだと思います。

父は比較的「生」に執着する人です。生来丈夫な人だったし、遺伝的にも長生きの家系なんでしょうね。大きな事故や、病気も経験しましたが、まだまだ生きると思います。

私はここまで生きる自信はないし、孫も抱いたからいつでも良いなぁ~と思っています。願わくば、寝たきりにならないように、ころっと逝きたいものです。

ついでですが、葬式も戒名も墓も要りません。できるなら、ドラキュラが太陽に当たった時のように、ちりぢりの灰になり跡形もないように吹き飛ぶってのが理想です。

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

トビウオ

何かおかしなニュースばかりですね、ずんずん体操?で赤ちゃんが死亡?全く医学の知識がゼロなのに、思い込みだけで宗教的な事に大切な赤ちゃんを預けるなんて、考えられないですが、恐らくそのようなことに赤ちゃんを委ねなければいけないのは、赤ちゃんに何らかの障害などがあって、藁をも掴むような気持ちだったんでしょうね。身近に赤ちゃんが居るだけに、考えるだけで恐ろしいです。

さて、土曜日、久しぶりに良い型のトビウオが出ていましたので、迷わず購入。
Tobiuo1 これだけまとまって出ているのは本当に珍しいです。
ご存じトビウオは空を飛ぶので、鰭の形や位置がちょっと普通とは違いますね。
Tobiuo2 昔、実験場にいるときに、定置網に罹ったトビウオの卵を人工授精したやつがいまして、ふ化後の初期飼料なんかもあったのですくすく育って、1~2cmになると空を飛ぶところまでは行きませんが、水槽に刺激を与えるとジャンプするんですよ、一人前に。
大きいトビウオ2尾から卵が出てきましたが、精子があっても飼育はできません。醤油漬けにして「とびこ」を作りました。
Tobiuo3 毎年やっているような気がしますね。
刺身となめろうにしまして、これで半分。
Tobiuo4 このトビウオの刺身、うちの女房が馬鹿に気に入ってましてね、普段こういったものはあまり食べないのですが、何が気に入ったのか・・・・・・時々こんな事があります。

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

マイワシ

錦織選手、残念でしたね。と言っても、ラジオで聞いただけですが・・・・・

まだまだ次の機会があるでしょうから、頑張ってくださいね~それにしてもマスごみ、騒ぎ過ぎ。
さて、先日来小さなマイワシが出ていると書きましたが、魚兼さんは碧南の大浜の荷を持ってきますので、これに関しては、ほぼ独占でしょうか。
しかし、これも季節が季節ですので、多少なりとも鮮度に差があるようですから、腹の部分をよく見て、破れているものが多かったらやめた方が良いかもしれません。手で触ると嫌われますよ、あくまでも目で確かめることです。
Iwashi1 今回は、いえ今回も量が多いので、何にしようかと思ったのですが、生でいただくのは止めるわけにはいきません。
これはいつも言っているように、頭と内臓を取ってからビニール袋に入れて、塩をたくさんまぶして混ぜておきます。丸のままやる方法もありますが、これだと長時間塩に漬ける方が良いでしょう。私の場合は30分で終了。
その後、塩を洗い手開きします。
Iwashi2 これは志摩地方のウルメイワシの食べ方ですが、マイワシでも上等です。酢とおろし生姜でいただきますが、醤油を少し使っても美味しいです。いただきもののスダチがあったので、絞っていただきました。
残り半分を煮付けにしましたが、これは翌日、再びオーブンで焦がさないように焼くと、これまた美味しくて酒の肴によく合います。
Iwashi3

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

LUCY

映画『LUCY』を観てきました。

ひょんな事から事件に巻き込まれたルーシーは、体内に特殊な薬物を埋め込まれた運び屋にされてしまいます。しかし、アクシデントがありその薬物の袋が体内で破れて、それを吸収してしまいます。
その薬物は、人間の脳が普段10%しか使われていないのに、それを限りなく高める効果があるというもの。その効果が、荒唐無稽なものなのですが、モーガン・フリーマン扮する科学者が、さもありそうな説明をしてくれます。
冷静に考えれば、いえ冷静に考えなくても起こりえないことが起こるのですが、それはそれ映画ですからね、まじめに論じてはいけません。最後なんか、これでもかって程不思議なことが起こります。
リュック・ベッソンですからね、テンポは良いですよ。
全く飽きを感じさせません、主演はスカーレット・ヨハンソン。このおねーちゃん、蓮っ葉な役が似合いますから、適役だと思います。
さて、続編はあるのか・・・・・

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

小アジが・・・・・

南蛮漬けにちょうど良い小アジが出ていましたが、全国的にその時期なのか、ニュースに小アジがよく出てきましたね、しかしこのニュースは、小アジ(豆アジ)のパックの中に、有毒のクサフグなどが混ざったまま売られていたという、真にスーパー側の杜撰な管理がニュースになったものです。

京都ではこんな事があったようです。
スーパー「マツモト」(本社・京都府亀岡市)は4日、「マツモト向日店」(向日市森本町高田)で販売したアジのパックに、有毒のシロサバフグとみられる幼魚が混入していたことを明らかにした。乙訓保健所は同時期に仕入れ、販売した6パックの回収を指導した。

 同保健所などによると、2日に販売したアジのパック(約300グラム)に体長5センチのシロサバフグとみられる幼魚1匹が混入していた。4日に購入客から申し出があった。」

このニュースでおかしな事があります。「有毒のシロサバフグの幼魚が混入」とありますが、シロサバフグは筋肉、内臓を含めすべて無毒です。よく似た種類にクロサバフグやカナフグ、ドクサバフグ等がありますが、部位によっては有毒、ドクサバフグなどは筋肉も有毒だそうです。
ただし、フグは毒のあるなしに関わらず、無免許の人間が調理してはいけない事になっているそうで、おまけに未調理のフグを売ることもいけないんだと、以前このブログで教えていただきました。ですから、未調理のフグをスーパーで売ってはいけないのは分かります。
新聞側が無知なのか、上記の「有毒ではないが、未調理のフグ類を売ることはできないので・・・・云々」という説明が面倒なのか、はたまた、一般人にそんな説明をしたところで理解できないと思っているのか分かりませんが、これは間違っていると思います。
さて、アジも成長しますので、次第に南蛮漬けではちょっと大きすぎるかな?というサイズになってきます。
Aji1 そうなると、ちょっと面倒ですが、刺身を作ります。以前も言いましたように、私個人はあまり大型のアジより、小さいものの方が刺身は好きです。
Aji2 小骨もすべて取ってあります。頂き物のスダチがありましたので、絞りながらいただきます。
すばらしい香りですね、うぅ~ん、アジの刺身最高。
骨は例によって、骨せんべいです。
Aji3

| | コメント (4)

2014年9月 5日 (金)

キイロスズメガ

デング熱、何か不思議ですね~今の感染は、デング熱に罹った人の血を蚊が吸って、その蚊が他の人の血を吸って感染した、ということですよね。直接的な、蚊どおしの水平伝播はないはずですから、ウィルスを持った蚊が増えるためには、人間などの動物を介して水平伝播して行くか、ウィルスを持った蚊の卵に伝播する、垂直伝播ですが、垂直伝播は考えていないようです。

しかし、それにしては罹患者が多い、つまりウィルスを持った蚊が多すぎませんか?最初のデング熱に罹った人の血を数十匹以上の蚊が吸ったか、数少ないデング熱のウィルスを持った蚊が、次から次へと代々木公園を訪れる人の血を吸いまくったか・・・・・・いずれにしても、不思議なことです。
本当に、冬になって蚊が死に絶えたら、終息するんでしょうか・・・・・・
早朝、仕事場で、ゴミを出しに行ったら
Suzumega3 道路に、スズメガらしき大きな蛾が休んでいました。
Suzumega1 スズメガは夜行性ですから、そろそろお休みなのは分かりますが、雨に打たれているので寿命なのかもしれません。
子どもの頃は、夕食時に家庭の電灯をめがけて、よくこのスズメガの仲間が乱入して、夕食の上に鱗粉をまき散らすので嫌われていました。
こんな時はすぐに私か弟が、食卓のある電気を消し、隣の部屋の電気を点けると、スズメガは移動しますので、蠅叩きなどを持って退治しに行きます。
素早く羽を動かして、スマートに飛翔しますので、戦時中のドイツの戦闘機、メッサーシュミットに似ていると、弟と二人で追いかけ回したものです。
ネットで調べてみると、このスズメガは『キイロスズメガ』のようですね。
幼虫の時は、ヤマイモやナガイモの仲間の葉を食べているそうです。

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

ATOK

職場のパソコンを新しくして、いろいろ使っていたのですが、どうも使い心地が悪い。理由は簡単です、日本語変換システムが、マイクロソフト製のMS-IMEだからです。

私がパソコンを始めたのは1956年からですが、初めはMS-IMEを使っていましたが、ワープロソフトで『一太郎』を使い始めた頃、同じくJUST SYSTEMの『ATOK』も使ってみました。すると、今までの歯がゆさから、一気に抜け出すことができ、その後ずっと使っていましたから、今回のMS-IME使用は重力が数倍圧しかかった気分でした。
とにかく、一言で言えば頭が悪い、地名などでもかなり有名なところでも変換できないものが多いです。例を言えば「戸隠」なんてのも変換できない。
Atok 業を煮やして、購入しました。一番基本のベーシック版です。辞書などの機能が少ないだけで、全くサクサク快適に打ち込むことができます。この文を書いていても、止まって考えることは全くありません。
まあ。Windowsユーザーにしても、Appleユーザーにしても、日本語変換システムが入っているわけですから、余分な金を出してATOKを買う人は少ないでしょうね。私のような人間は却って不幸なのかもしれません。
あそうそう、Appleも馬鹿ですよ。

| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

掛川

おちびさんも2ヶ月を過ぎ、大分しっかりしてきたので土日にあちこちへ披露に行ってきたようです。

ありがたいことに私の実家、つまり赤ちゃんにとっては、曽祖父と曾祖母にも会いに行ってくれました。すると静岡に住む長女もゆずを連れて合流となったようです。ゆずのお父さんは仕事なので、お母さんが初めて車を運転して来るというので、ちょっと心配でした。他には、先日結婚した私の娘たちの従姉妹も合流したようです。
実家の二人は、もう92歳なので全て順調とは行きませんが、二人にとっての女系の孫、曾孫が全て揃い、一緒に食事をしてご機嫌だったようです。
Tombe2 91.5歳の年齢差があります。
Tombe4 母には息子が三人ですから、娘はおらず今のところ、これが全ての女系の血筋です。
お袋とゆずがそっくりだったと、大笑いだったようです。

| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

早朝ウォーキング

日曜日、例によって朝からウォーキングを始めました。例によってとは言いながら、実に10日ぶりくらいです。雨が降っていたり、雨が降らないまでも、雲行きが怪しく落雷の危険性があるときは、河川や開けた場所でのウォーキングは危険なので控えていました。

5時から出発したのですが、なにやらこの日はパトカーがあちこちに多い。時々、サイレンを鳴らして走り出すこともあります。おそらく、何か事件でもあったんでしょうね。
土曜日の夕方も1時間弱歩いたのですが、久し振りのウォーキングの方が、歩くのが快適なような気がします。
1 家に帰って歩数計を見たら、ちょうど10,000歩を歩いたことになります。
このうちしっかり歩きは
2 81分、9,754歩です。一分間に120歩ですから、かなり早くなってきましたね。今までは、117歩が多かったです。たった3歩でも81分をかければ、243歩余分に歩いたことになります。
さて、月曜日の新聞を見てみると、曹長4時30分に刈谷市南口付近で、20歳の女性が5万円入りのバッグを強奪されたとか、私が歩き始める30分前に事件が起こっていたのですね、しかも私、その辺歩いてました。

| | コメント (5)

2014年9月 1日 (月)

森牧場

昨日ではなくて、1週間前の日曜日、二女夫婦が半田市にある『森牧場』へ連れて行ってくれました。

ここは、牛肉を食べさせてくれる、この辺では結構有名なお店です。牧場と付いていますから、牧場直営のお店なんでしょうかね。
自分で来たことはありませんが、何回か娘のおごりで連れて来てもらったことがあります。
ここはいわゆる、霜降りのお肉ではなく、赤身を食べさせるお店なので、私は気に入っています。
Mori1 コースでポタージュやサラダ、デザートも付いていますが、ステーキは大きな鉄板の上にレアの状態で人数分出てきます。あとは、自分の好きなように切って、中央の温度の高いところでお好みに焼くだけです。
Mori2 一人前160グラムあるそうですから、まあまあお腹いっぱいになります。ごはんはとろろご飯、お代わりができます。
やはり肉は脂肪酸の旨みより、アミノ酸の旨みですね~。
個室に分かれていますので、小さな子供連れでも安心です。この写真は、このお店で撮ったもの、おとなしく待っていました。
Michika もうおっぱいの中にステーキが出てきたかな?

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »