« できた~ | トップページ | サンマの季節 »

2014年9月15日 (月)

舞妓はレディ

周防正行監督の『舞妓はレディ』を昨日観てきました。

私の中では、日本の監督でただ一人、監督の名前を聞いて観に行きたいと思う方です。

舞妓になりたいと、田舎から出てきた少女は、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル、という設定。監督の奥様をはじめ、周防作品ではお馴染みの方々が出ていますが、くどいようでいて案外さっぱりしているのは、主人公の少女、春子を演じる、上白石萌音ちゃんが素朴で新鮮だからでしょう。
とにかく面白いですから、一度観てください。
そして、素朴で可愛かった春子が、京言葉を操ることができ、踊りも洗練された舞妓さんになる一年間を是非観てください。
本編が始まる前の、いろいろな邦画の予告編を見ていたら、ジャニタレや大根アイドルだらけで、しらけていたのですが、本当に良かった良かった。
そうそう、インド映画のように、時々ミュージカル風になりますが、皆さんの歌も良かったです。春子役の萌音ちゃん、最近テレビにも出ているんだそうですね。

|

« できた~ | トップページ | サンマの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« できた~ | トップページ | サンマの季節 »