« キイロスズメガ | トップページ | LUCY »

2014年9月 7日 (日)

小アジが・・・・・

南蛮漬けにちょうど良い小アジが出ていましたが、全国的にその時期なのか、ニュースに小アジがよく出てきましたね、しかしこのニュースは、小アジ(豆アジ)のパックの中に、有毒のクサフグなどが混ざったまま売られていたという、真にスーパー側の杜撰な管理がニュースになったものです。

京都ではこんな事があったようです。
スーパー「マツモト」(本社・京都府亀岡市)は4日、「マツモト向日店」(向日市森本町高田)で販売したアジのパックに、有毒のシロサバフグとみられる幼魚が混入していたことを明らかにした。乙訓保健所は同時期に仕入れ、販売した6パックの回収を指導した。

 同保健所などによると、2日に販売したアジのパック(約300グラム)に体長5センチのシロサバフグとみられる幼魚1匹が混入していた。4日に購入客から申し出があった。」

このニュースでおかしな事があります。「有毒のシロサバフグの幼魚が混入」とありますが、シロサバフグは筋肉、内臓を含めすべて無毒です。よく似た種類にクロサバフグやカナフグ、ドクサバフグ等がありますが、部位によっては有毒、ドクサバフグなどは筋肉も有毒だそうです。
ただし、フグは毒のあるなしに関わらず、無免許の人間が調理してはいけない事になっているそうで、おまけに未調理のフグを売ることもいけないんだと、以前このブログで教えていただきました。ですから、未調理のフグをスーパーで売ってはいけないのは分かります。
新聞側が無知なのか、上記の「有毒ではないが、未調理のフグ類を売ることはできないので・・・・云々」という説明が面倒なのか、はたまた、一般人にそんな説明をしたところで理解できないと思っているのか分かりませんが、これは間違っていると思います。
さて、アジも成長しますので、次第に南蛮漬けではちょっと大きすぎるかな?というサイズになってきます。
Aji1 そうなると、ちょっと面倒ですが、刺身を作ります。以前も言いましたように、私個人はあまり大型のアジより、小さいものの方が刺身は好きです。
Aji2 小骨もすべて取ってあります。頂き物のスダチがありましたので、絞りながらいただきます。
すばらしい香りですね、うぅ~ん、アジの刺身最高。
骨は例によって、骨せんべいです。
Aji3

|

« キイロスズメガ | トップページ | LUCY »

コメント

爽やかなスダチの香りがこちらまで匂ってきますとテーブルを見るとスダチが・・・。
アジ・トリの唐揚げにかけていただきました。
シラスもチリメンも美味しくいただいております。
骨も丈夫になりそう、ごちそうさまです。

投稿: 北割 | 2014年9月 7日 (日) 20時12分

私もあの記事読みましたが
猛毒のシロサバフグ混入って・・・
報道する者として恥ずかしくないのかな?と感じました。

そもそも無毒フグのシロサバフグ。
しかもフグは後天的に毒が蓄積する魚なのに
そんな小さなシロサバフグに毒がある訳がありません。
よっぽど添加物タップリの量産食品のほうが体に毒です。
まあ記事にインパクトが欲しいのでしょうが悪意を感じます。

投稿: P太郎 | 2014年9月 7日 (日) 20時47分

北割さん
スダチはおそらく徳島産ではないでしょうか?
焼酎に絞っても美味しいです。
カルシウムと適度な運動ですが、運動は本当に適度なところから始めた方が良いと思います。

私も歩き始めるときに、20分程度と決めて、調子が良ければ少しずつ増やします。最初から、1時間と決めてしまうと、長続きしませんから、継続できる設定でやられた方が良いと思います。

投稿: からっぽ親父 | 2014年9月 8日 (月) 06時24分

P太郎さん

気持ちとしては分からないではありません。毒のあるなしに関わらず、調理できない、イコール毒があるのと一緒だ。という論理かもしれません。

無毒であることを知らない消費者が見つけて、文句を言われるより先に、発表してしまえ、しかし、無毒って言えばそれまたおかしくなるから、どうせ無知な消費者どもだ、有毒にしちゃえ。ってとこかな?

フグの調理に関する事情を説明して、「無毒でも調理しない方が良いですよ」という啓蒙とすればすばらしい新聞社だったのに・・・・・

新聞社にそんなことを求めても無駄かな?

投稿: からっぽ親父 | 2014年9月 8日 (月) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キイロスズメガ | トップページ | LUCY »