« シマウシノシタ | トップページ | ヒウチダイ科 »

2014年10月 2日 (木)

小サバ

新幹線開業50年だそうですが、確かに私が小学生の頃でした。そうそう、東京オリンピックの年だったんですよね、なんとか間に合わせるように作ったんじゃなかったかな?1964年のことです。

もちろん貧乏人の子供が新幹線になんて乗れるわけがなかった、ではいつ初めて新幹線に乗ったか、というのがあまり記憶にないんですよ。万博へ行ったときには確かに乗ったと思いますが、これまたあまり記憶がない・・・・・・・おそらく、中学生の頃、東京に居る兄を父と一緒に訪ねたときに乗ったのではないか・・・・・・それにしても、乗ったという記憶がないのです。
30日、一色の市場では小さなマサバがあちこちで出ていましてね。
Kosaba1 小さいけど安くて(私が一番好きな言葉です)結構新鮮です。しかし、本当のところは、こう数が多いと安さはあまり差がありませんので、適量に分けてあるところで買うことになります。これでも隠れて見えませんが、十数匹あるでしょう。400円です。
Kosaba2 この中でも特に鮮度の良いものを、締め鯖にしようと塩を振っておきました。小鯛の時と同様、塩が利きすぎると考え、三枚におろさずに塩をしておきました。1時間くらいすると、水分がたっぷり出ましたので、塩を良く洗い、酢に30分ほど浸けておきました。
Kosaba3 とても美味しく出来上がりました。
残りのサバは、煮付けとカレー揚げになりましたが、締め鯖が一番美味しかったですね。

|

« シマウシノシタ | トップページ | ヒウチダイ科 »

コメント

サバも美味しい魚ですね。
学生時代は焼きサバ・煮つけ定食が好物でした。
安いことが何よりでしたが・・・。
晩酌をするようになってからしめ鯖が多くなりました。

投稿: 北割 | 2014年10月 2日 (木) 21時53分

こういった集団で生息する浮き魚が著しく減少しているんだそうです。日本では資源保護のために制限を加えているのですが、隣国のやつらは公海上で無制限ですからね、無法者ですよ。

しかし、一番大きいのは鯨でしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2014年10月 5日 (日) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シマウシノシタ | トップページ | ヒウチダイ科 »