« メアジ | トップページ | セアカゴケグモ »

2014年10月21日 (火)

ミドリフサアンコウ

「緑」という名前なのに「赤」い色が入っている、どこかの誰かと一緒のような「ミドリフサアンコウ」がまとめて売っていました。通常はいろいろな魚に紛れていますが、年に何回かはまとまって捕れるようですね。人間のみどりさんはもう出てこなくても良いですが、ミドリフサアンコウは、これからの寒い時期、ちょくちょく出てきて欲しいです・・・・・・安価でね。

Midorihusaankou1 本物のアンコウと違って、皮はザラザラで食べられません。調理は簡単、ずるっと皮をはいで、肝と卵巣だけ取り出しましたが、卵巣はひからびたような状態ですから、産卵後かな?
Midorihusaankou2 頭の部分もきれいにすれば食べるところは多いでしょうが、これだけあっても食べきれませんから、今回はあきらめることにしました。
鍋でいただきましたが、美味しい魚ですよ。特に肝が絶品です、ふわふわとろとろで本物のあん肝よりずっと美味しいです。
卵巣はそれなりに・・・・・卵とは思えませんがね。

|

« メアジ | トップページ | セアカゴケグモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メアジ | トップページ | セアカゴケグモ »