« | トップページ | アミ »

2014年11月 6日 (木)

チゴダラ

無罪判決となった事件が、本当にやっていたのかやっていなかったのか・・・・・・今回の件も、正当防衛を主張しているようですが、素手で女性から殴られたと言っても、刃物で10回以上も刺すというのは異常ですし、この男稀代の嘘つきであることは間違いなさそうですね。

Chigodara1 チゴダラが深谷さんに出ていました、大きいものも小さいものも200円、大きい方をかってきました。
今回の目的は、「肝」です。どうです、大きそうな肝じゃないですか。
肝を傷つけないように、背骨の方から切って行き、頭に内臓を付けた状態で取り外します。
Chigodara2 見事な肝が取れました。
これを醤油に浸けて味付けと、水分を抜きます。
Chigodara3 身を短冊状に切って、裏ごしした肝と和えたものがこれです。肝は裏ごししなくても良いのかもしれませんが、一応生ですので寄生虫対策といったところです。
身は水分が多く、あっさりし過ぎていますので、濃厚な肝がなければ美味しくはないでしょうね。半分の身を昆布で挟んで翌日いただきましたが、これも特に美味しくはありませんでした。
時期にもよるのでしょうが、価値は肝だけで、身はおまけ、肝をいかに上手く使うかにかかっています。

|

« | トップページ | アミ »

コメント

無罪判決となった事件ももう一度洗いなおすべきでしょうね。
こんなに凶暴となる性格は治るものではありませんよね。でも、恐ろしい性格です。

チゴダラ、底にいる魚なんですね。
初めて知りました、まして肝が美味しいなんて・・・。

投稿: 北割 | 2014年11月 6日 (木) 21時14分

とにかく、やりきれない思いがしますね、加害者に優しい日本ですから。

チゴダラ、エゾイソアイナメと区別がつかないとか、副菜の具、程度の魚です。

投稿: からっぽ親父 | 2014年11月 7日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | アミ »