« 刈谷大府線 | トップページ | 健さん死す »

2014年11月17日 (月)

イソギク

銀座のクラブでアルバイトをしていたからと、女子アナウンサーの内定を取り消されて、告訴したって言うんですが、女子アナってのがそんなに高貴な仕事なんですかね~年下のスポーツ選手をたぶらかして、玉の輿に乗ろうかってばかり考えている、軽薄なおねーちゃんだという印象ですが・・・・・・銀座のクラブのホステスさんってのは、いろいろな著名人が通うところですから、一流どころは知識も教養もなければつとまらないって聞きますよ。どちらも、みんながみんなということではないでしょうけど。

Isogiku1 一色漁港の一番西、埋め立てられて末の防風林がありますが、その根元に沿ってずっとイソギクが生えているのは知っていました。
Isogiku2 ちょうど今が開花の時期です。
このイソギク、wikiによりますと、千葉県から静岡県、伊豆諸島に自生するが、各地で栽培される。とあります。実は、この近くでイソギクが自生しているところは見られませんので、これはもしかしたら、海岸を造成したときに植えられたものではないかと考えています。
Isogiku3 花はいわゆる花びらの舌状花はありません。匂いはほのかな菊の香りで、強烈な香りはありません。
Isogiku4 小さなハエが集まっていました。

|

« 刈谷大府線 | トップページ | 健さん死す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刈谷大府線 | トップページ | 健さん死す »