« BOWMORE | トップページ | 大晦日 »

2014年12月30日 (火)

BOWMORE2

箱の裏にはBOWMOREの愉しみ方ってのが書いてあります。

BOWMOREは牡蠣との相性が抜群。だとか。
Bowmore2

まず、牡蠣の汁を吸いBOWMOREを一口、続いて牡蠣を食べ、空いた蠣殻にBOWMOREを注ぎ飲むんだそうです。美味しそうですね~~~~。

ところがこの日は生牡蠣がなく、代わりではありませんが白ミルと呼ばれる「ナミガイ」を沢山いただきました。汁は飲めませんが、これも磯の香りたっぷりですから、牡蠣に負けていません。
Namigai1ナミガイの刺身をほおばりながら、BOWMOREをゴクリ。二つの磯の香りのフレーバーがこだまのように鼻孔に響いてきますね~。
Namigai2ナミガイの内臓はオリーブオイルで焼いていただきましたが、これも濃厚なグリコーゲンがクリーミーで、それをBOWMOREで洗いながら、のどに押し込んでいきました。

いや~のどちんこ、蹴倒して入っていきます。





|

« BOWMORE | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOWMORE | トップページ | 大晦日 »