« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

大なまこ

良いお天気が続きます。TOYOTA系列はゴールデンウィークが始まっていて、長い連休のようですが、私は貧乏暇なしで仕事に出ています。

市場は4日の月曜日は開いているようですね、連休には催し物もあるようですが、そういったものは私には関係なく、新鮮で安い魚が揚がってくれれば、それで満足です。
最近私の好きな小イカがちょくちょく揚がっているので、ちょっと面倒ですが頑張って調理しちゃいます。
Koika 100ハイ程あったでしょうか、このお刺身はゆずちゃんちょっと苦手だったようです、焼いたものは気に入ったようでした。翌日、バカガイの刺身を食べさせたら、これは気に入ったようで「もっとちょうだい」と何度も言われました。微妙な味や食感で決めているのでしょうね・・・・そうそう、大きさもあるのかもしれません。
ところで、先日大きな赤なまこが売られていましたが、また出ていました。
Namako 一番大きなものは30cm以上あります。このトレイだけで500円ですから随分お買い得ですが、なまこだけこれだけ食べるということは想像するだけで疲れてしまいます。やはりこれも季節ものですね。

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

鯉の季節

大きな鯉が浅瀬でバチャバチャと産卵の真っ最中です。

Koi2 子供の頃なら興奮して川に入っていったでしょうね。
こういった産卵期に浅瀬にのっこんで来るのは、海水魚も淡水魚も一緒でしょうか。要は遭遇率の問題でしょうね。
Koi1 海辺では滅多に淡水魚は食べませんが、内陸では貴重な蛋白源で色々な料理があるのでしょうね。野生の鯉は刺身で食べる場合にはジストマなどの寄生虫に気をつけなければいけません。
鯉の卵は付着性で藻などにくっつき数日でふ化します。昔はシュロの毛やヒカゲノカズラを産卵床として使いましたが、シュロはアクが出て良くなかった記憶があります。今は専用の化学製品があるんでしょうね。
Koi3 錦鯉の勉強を少しやったことがあります。鯉がふ化して2cm位の稚魚になると、姿形、色など劣るものに餌を与えるのはもったいないということで、選別が始まりますが、それが品種によって選別の尺度が違っていて面白かったですね。「紅白」では最初の選別で、真っ白なものと真っ赤なものを取り除きます。しかし、日本庭園などでは真っ赤なものと真っ白な鯉も、一尾ずつ入っているときれいですね。
その当時、師匠は「とにかく良いものを沢山見ることによって、審美眼が養われる」と教えていただきました。これは美術品や骨董品にも通じることかもしれませんね。
女房を選ぶ時には使えませんでした・・・・・

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

還暦

土曜日は女房の60回目の誕生日で、つまり還暦でした。

娘達はサプライズで還暦を祝う会を企画してくれまして、私の時と同じ偽装で有名になったしゃぶしゃぶ屋さんを予約し長女一家はいない、という設定で実は会場で待っていると言うサプライズ企画だったんですが、これは私の時やったのでばれていたのではないかと思います。私の時はびっくりしましたよ。
まあばれていても、孫が来てくれるというのは嬉しいもので、少しずつ家族が増えていって、随分賑やかになったものです。合計8人ですからね・・・・・ありがたいことです。
で、その還暦祝いがの続きかどうかは分かりませんが、その8人が翌晩また我が家に集まり、食事会だというんですから、またまた賑やかなことです。おまけに、不定期に我が家へ現れる、長女の旦那の妹、つまり長女の小姑って事ですが、そのえりちゃんまで参加するというから、我が家の底が抜けてしまうのではないかと心配しました。
女房の友達などは、「娘の小姑が遊びに来るなんて、意味が良く分からない」と言うそうですが、現に遊びに来て飯を食っていくんですから、確かに不思議って言えば不思議ではありますね。娘達がいなくても遊びに来ますし、二女親子がいても遊びに来て、当然のことのようにみちたんを抱っこしています。
そのえりちゃん、銀行員でしてね。こんなものをプレゼントしてくれました。
100yen1 新幹線開業50周年記念の100円硬貨だそうです。表には東海道、山陽、東北、上越、北陸で使われている新幹線が刻印されていて、
100eyn2_2 裏面は全て共通で初代の0系新幹線が刻印されています。
効果を集める趣味はないんですが、なんやかんやで記念硬貨ってものがあると交換したりして、いくつか集まっているんじゃないでしょうか。昭和天皇の10万円金貨ってのもありますし・・・・・一枚だけだけど。

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

魚追加

Magochiこの地区は、このようなマゴチの仲間はあまり好かれないのか、いつでも安いです。決して、古い訳ではありません、2尾で500円・・・確かに頭が大きくて、小骨を取るにも苦労しますが美味しい魚ですよ。私はやはり、昆布締めが一番だと思います。

Simausinosita これはシマウシノシタ、全て生きていますから、これだけで800円、死んでいるものは500円でした。これは以前、刺身で食べたときに歯ごたえと言い、味と言い絶品でしたから、今回もやってみましたが、やはり美味しかったですね~。
今回2種類追加で合計は?
陽気も良くなってきたので、ベビーカーでお散歩です。お母さんが留守なので、そろそろ昼寝をするかと思ったのですが・・・・・
Michi なかなかしぶとく、あきらめて家に帰ってきました。町内をぐるっと一周してしまいましたよ。
Img_4749 この辺、標高は7.3メートルのようで、津波は大丈夫かな?

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

シジミの日

昨日4月23日は『シジミの日』なんだそうです。有限会社日本シジミ研究所が定めたと言います・・・・・し(4)じ(2)み(3)で4月23日。

Sijimi そんな訳でじゃないんでしょうが。、シジミが安かったので大量購入してきました。帰ってきてから量ってみたら、1.6kg位あって600円でした。
この地区のシジミは砂出しがしてありませんので、半日くらいかけて砂出しをし、小分けして冷凍しておきました。
これも孫達の食料です。

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

新緑

長崎大学の教授、外山三郎先生が「大学内の楠並木の新緑がとてもきれいだ」とおっしゃっていましたが、正門から入ってロータリの辺りから教養部まで、楠並木があり新緑の頃には、緑だけではなく、赤も混じったしかも一本一本新緑のパターンが異なっていて、先生の仰ったとおりの美しさでした。今頃は、大きな木になっているのでしょうか?

ケヤキの木も、一本一本新緑の様相が異なっていて、見ていて飽きませんね。
Keyaki4 いろいろな緑色から、ベージュ、赤に近いものもあります。
Keyaki3 山へ行ったらきっと色々な新芽できれいでしょうね~。
Keyaki1 私は公園の新緑で我慢です。
Keyaki2

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

危険な運転

以前も言いましたか、この地区は女性の運転マナーが非常に悪くて、後ろから煽ってくる車は殆ど女性です。車間距離が全くないから、スピードを上げれば上げたままぴったり後ろに付いてきます。

黄色信号での突っ込みも多く、赤信号でも突っ込んできます。
昨日は、こんな場面がありました。

右から来る車は一旦停止の標識があるにも関わらず、全く停まる気配もなく交差点に入り、私が急停車した場面です。これも女性でした。

徐行する気配もなく停止線に向かっていましたので、見えたときには交差点に入っています。ドライブレコーダーの画面でもそう見えますから、余程のことでしょう。
この交差点は以前も若いお母さんの死亡事故があったところです。その事故がどちらが悪かったかは知りませんが、事故を起こしやすいことは確かですから、もう少し気をつけて貰いたいですね。もしぶつかっていれば、この車の運転手もかなりの怪我をしていると思います。それとも鋼鉄の体で出来ているんでしょうか・・・・・

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

ミミイカ

ミミイカが深谷さんに出ていたので買ってきました。ミミイカはダンゴイカ科に属していて、50種ほどあるそうですから、これがミミイカなのかは定かではありません。ダンゴイカ科の一種としておいた方が良いのかもしれませんね。

Mimiika1
ですから、団子三兄弟です。
Mimiika2
私、良くこのイカを買ってきますので、以前の記事を呼んでいると
6月のものより、5月のものの方が卵が入っていて美味しかったと書いてありますが、今回はまだ四月。
Mimiika3 下ごしらえは二つの墨袋と、口器、目玉を取り去れば出来上がり。外套腔に入っている砂にも要注意です。
以前は煮付けだけでしたが、今回はオーブントースターで塩焼きもしてみました。ひっつかなアルミホイルを使用したところ、きれいに焼けました。
右から二つ目のイカは、卵が吹き出しています。焼いたものの方が、断然美味しいですね。

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

また筍

と言ってたら、また筍が届きました。今回はあく抜きをしてくれてあります。

Takenoko3 私、一生の間に竹藪一つくらい食べちゃうかもしれませんね。

| | コメント (0)

2015年4月17日 (金)

筍の季節

筍が大好きだと言ったら、連日のように筍が届くようになりました。中には茹でてあく抜きをしていただいたものもありますし、このように堀立のものをいただくこともあります。

Takenoko2 しかし、さすがにこの地区の方ですから、あく抜き用の小糠も必ず付けてくれます。しかし、この量はどうでしょう?大小併せて20本近くあります。
この筍をいただいた方は、旧幡豆町で三ヶ根さんの近く「小野ヶ谷」というところに住んでいる方で、以前私が徘徊して紹介した「小野小桜(おののこざくら)」さんが住んでいたところです。
1,500年代初めのことです。
さて、筍ですが毎日食べてますよ。煮ても焼いても・・・・・焼くのはあまりないかな、とにかく何でも好きです。食感が好きなんですね。
まだシーズンの初めですから、しばらく楽しめます。

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

忘れてました

このブログが10年目に突入していました。

つまり満9年を超えたって事です。
その当時の記事を見てみたら、ちょうど今頃義父が亡くなっていたんですね。すっかり忘れていました。このブログは容量が多いので、過去を振り返っても殆ど残るだろうと思われます。まあ、写真は極力小さくしていますがね。
Sakura 八重桜がきれいになってきました。
追伸:ブログの使用量は21%ですから、あと35年分あるということですが、それは無理ですね・・・・・

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

タイラギ

春ですからやはり一回はタイラギを食べておかなければいけません。

Tairagi1 30cm以上ありますから、この辺では最大級かもしれません。ずっしりと重く、殻も厚いです・・・・・と言っても食べるのは貝柱だけです。外套膜も内臓も食べられると言いますが、外套膜はあまり美味しくないし、内臓は不気味です。
Tairagi2 お馴染みのタイラギカクレエビも夫婦でひっそり暮らしていたのでしょうが、真に申し訳ありませんすみかを奪った上、結果的に殺してしまいました。
なんでも、住み家のタイラギがなくても、海水なら1ヶ月ほどは飼育できるんだそうですが、全く道具もありませんし、さようならしました。そう言えば、アサリなどに入っている小さなカニ、ピンノと言いますが、あれもアサリなどから取り出して海水に入れておけばしばらく生きています。抱卵個体なんかは産卵までしちゃいます。
タイラギの食感は、刺身でもホタテ貝のようなネットリとしたものではなく、コリコリでもなく、ゴリゴリといった感じでしょうか。一番近い貝柱なら「アコヤガイ」の貝柱に似ています。

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

鯛飯

鯛飯にも色々ありますが、また醤油と味醂、すりごまたっぷりに浸けて置いた、真鯛の切り身を温かいご飯の上に

Taimeshi1 ネギもたっぷりです。これをかき混ぜていただきます。
Taimeshi2 鯛のアラで取った熱々のだし汁をかけて、鯛茶漬け・・・・・茶漬けは変かな?
もう少し、薬味や野菜を考えてみましょうか。

| | コメント (2)

2015年4月13日 (月)

真鯛

最近日本人としてはとても恥ずかしい事件が色々起きていますね、とても残念としか言えません。元校長の買春事件なんぞは、もう本当に病気なんだと思いますよ。いや、病気で片付けてはいけないことは良く分かっています。家族はもちろんですが、多くの教え子にもショックを与え、日本国民に迷惑をかけたことは間違いありません。今後どのような顔をして生活していくのでしょうね、自業自得ですが。

埼玉県の高校生、サッカー部の集団万引きなんぞは、一人二人じゃなく20人以上だって言うんですから、もうこれは出来心なんかではなく、プロの仕業です。韓国へ置いていって、向こうの法律でしっかりさばいて貰った方が良いです。
今後もこんな恥ずかしいことが増えるんでしょうね。
Tai1 鯛が安いので、結構楽しんでいます。
Tai2 焼き白子。ねっとりと美味しいです。
Ta13 カマの塩焼き、やはり鯛ですね。

| | コメント (2)

2015年4月10日 (金)

キアンコウ

毎年恒例、暖かくなると鮟鱇鍋を食べる。そうです、ただただ安いと言うだけです。

Ankou1 これで600円ですから、流石に春のアンコウです。深谷さんには、この数倍のアンコウが2,000円で売られていましたが、流石に食べきれませんし、私には調理が出来ません。写真の大きさですと、キッチンばさみ一つできれいに解体できます。俗にアンコウの吊るし切りと言いますが、別に格好付けてやる必要はありません、素人は簡単に、簡単に。
Ankou2 口の中に白い斑紋がありませんので、キアンコウとしましたが例によって定かではありません。
今回、肝は比較的大きかったような気がします。
一軒、二人では食べきれないので二女夫婦に半分。みちのぶんも取っておきました。

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

この辺の桜はもうお終いです。

Sakura3 しかし、こぼれ落ちたばかりの桜の花びらって、何故こんなにきれいなんでしょうね。
Sakura4 すぐに踏まれたり、風に舞ったりしてしまうのが分かっているのですが、木に咲いているときよりも穏やかな暖かさを感じます。
Sakura2 それにしてもこの、落ちた花びらを愛でる感覚ってのは、日本人独特のものなんでしょうか?西洋の方はどのように感じているんでしょうね?いえいえ、別に西洋の方の眼が気になる訳ではないのですが、
Sakura5 落ちてシミのつき始めた花びら一つのも風情があるような感じがしますが・・・いかがでしょうか?

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

バカガイ

知り合いのアサリ屋さんから電話がありバカガイをいただきました。

Bakagai1 砂を取り除く自信がないので、足だけを取って刺身にすることにしました。
バカガイの語源について色々言われていますが、この足をだらしなく出していて、時として自分自身の殻で切ってしまうことがあるからではないでしょうか。
Bakagai2 魚介類の刺身を「甘い」と表現するのが嫌いな私ですが、これはとても甘いです。
今年は三河湾でもご多分に漏れず、アサリの漁獲量が激減しているそうです。アサリ漁師さんは仕方なくバカ貝を捕っているそうですが、アサリと比べればかなり安いんだと思いますよ。
一時期、この辺のアサリ漁が豊漁だったため、随分アサリ屋さんに転身した方もあったとか、自然のものですから好不漁がありますが頑張って下さい。

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

碧南海浜水族館

ゆずがいるとき、爺婆と3人で碧南海浜水族館へ行ってきました。碧南市は中電がありますから、市営の水族館を持つことが出来るんですね、今は中電も苦しいでしょうが、何せあの業界、無駄遣いが多いですから・・・・・・昔ちょっとだけ、その業界にいたので知ってます。とにかく、ばらまき・・・・・無駄な金を。

水族館はもちろん、無駄な金ではないですよ。安いし、この地区の子供には貴重な生きた魚を見る施設です。もちろん、イルカやアシカなどはいません。こじんまりとやっています。
何故、水族館へ来たかというと、ゆずが『ファインディング・ニモ』のDVDを夢中で見ていたからで、それでは本物のニモを見に行こうということになったからです。実際にニモ(カクレクマノミ)の水槽の前に行ったら、あまりの小ささに素通りでしたね。テレビの画面は大きいですからね~。同じものとは思えないんでしょうか。
Goso ハシキンメの全長40cm位のものが飼育されていたので、ゆずに「これ美味しいね~」と言っていたら、結構ゆずが食べたことのある魚があちこちに泳いでいました。
あとでゆずが食べたことのある魚介類も数えてみなければいけません。

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

カイワリ

アナウンサーと言えば、CBCラジオの夕方、パーソナリティをしている方が良く「夜ご飯」と言っていますが、これは正しくは「夕ご飯」か「晩ご飯」じゃないでしょうか。いくら夜遅く食べても、夜ご飯ってのはおかしいと思います。だって「朝餉、昼餉、夕餉」ですよねぇ。「朝食、昼食、夕食」です。「夜食」は”やしょく”だと思うんです。

他にもCBCの女性アナウンサーで「何気に」を多用する方、同じく「うんぬんかんぬん」を多用する方・・・・方言として使うには良いと思いますが、言葉を大切にしなければいけないアナウンサーは使っちゃだめでしょう。「何気ない」という言葉は一つの言葉で、「何気」があったりなかったりするものではありません。「さりげない」という言葉と同じだと思います。「さりげなく」ではなく”さりげに”と使いますか?
「うんぬんかんぬん」はおそらく、方言ではないでしょうか?正式にはこのような言葉はないと思います。私も愛知県に来て初めて知りました。「云々(うんぬん)」は長い文の以下を省略するときに用いるものですが、この辺では「うんぬんかんぬん言う」と続け、「あれこれ言う」だの「どうのこうの言う」という意味に使っているようです。
まあ偉そうなことを言っていますが、おそらく人から見れば私もおかしな言葉を使っているんでしょうね。年寄りの戯言だと思って下さい・・・・・・おおおおっ、年寄りで思い出しましたが、以前「正常値」を「せいじょうい」だと勘違いしているおばちゃんを紹介しましたが、その方「としをたべてみえる」ってのをよく使います。何のことかと考えてみると「食べる」は「喰う」のやや丁寧な言葉ですから、早い話が「年(歳)を食っている」というのを丁寧に言っているようです。
前置きが長すぎました、カイワリを買ってきました。この魚、ある図鑑で見てみると、全長50cm普通は30cmと書いてありますから、これくらいが普通の大型サイズだと言うことでしょう。
Kaiwari 体が扁平なので思ったより身が取れません。美味しい魚だと思いますが、私は刺身にするとやや身が固すぎると思います。
Saba1 赤身魚の代表、マサバです。今のサバは脂がのっていませんが、半分をみちたんに半分を締め鯖にとっておきました。
締め鯖は酢で締めるところまでは何とか到達しましたが、酢の半分をバルサミコ酢を使い、オリーブオイル漬けにしたところ、とても美味しく食べられました。塩加減は締め鯖を作るところでしたまま、ニンニクと乾燥パセリ、粗挽き胡椒だけです。
Saba2

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

花筏

♪こぬか雨降る三河~筋ぃ~♪
というわけで、細かい雨が降る中、ウォーキングへ行ってきました。きょうは桜の写真を撮ろうかとカメラを持ってのウォーキングですから、暗いうちには出ません。それでなくても雨で暗いのに。
亀城公園へ着いて刈谷球場で雨宿りしながらストレッチをしていたら、雨がやみました。
Img_4635 桜は大丈夫かと思ったのですが、かなり散っているものが多いです。

先日、民放テレビのニュースを見ていたら、水面に落ちて集まった桜の花びらを「きれいですね~花びらのじゅうたんのようです」と言っていましたが、じゅうたんは水の上には敷きません。日本には「花筏(はないかだ)」という言葉があるのですから、覚えておかなければいけないでしょうね。言葉を伝える仕事ですから、大事にして欲しいと思います。

Sakura1 残念ながら、亀城公園では花筏ができていましたが、写真を写すことができない場所だったのできれいに撮れませんでした。
Sakura2 花より団子・・・・・

| | コメント (2)

2015年4月 4日 (土)

4月4日

きょうは4月4日、毎年言っていますが昭和48年目の前で同級生が亡くなった日です。

この記事を書いてからも既に8年が経過してしまい、40年以上前のことになってしまいました。
何度読み返しても、胸がどきどきしてきます。もう一度書けと言われても書けません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・合掌。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

全員集合

と言っても、私の係累は少ないですが年に何回かは集まってくれます。今年は正月がインフルエンザ騒動で集まれなかったものですから、今回初めてかな?

集まると良くやるのが、西洋手巻き寿司・・・・・いやいや巻かないし、寿司でもないんですが、どうにも似たような感覚になります。
要はフランスパンの薄切りに、チーズやハムや野菜や卵、何でものせて食べちゃおうという料理で、調理は簡単小さな子供の世話をしながらでも食べられますし、何より楽しい。
Img_0535 私の料理は、ハシキンメとマグロのオリーブオイル漬け、これはゴルゴンゾーラのクリームチーズに良く合いました。
小さな子を交えて、わいわいがやがや、本当に賑やかです。ご近所迷惑になってはいけないので、8時前には終了です。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

イシナギ

久し振りにイシナギを買ってきました。

Ishinagi1 2メートルになるって言うんですから、海の中で見たら恐怖を感じるでしょうね。
Ishinagi2 とてもきれいな身です。味は忘れてしまいました。今夜いただきます。

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

固めの食事

魚の追加です。

Img_0531 ハシキンメです。小骨が少ないので、離乳食には良いかもしれません。
Kurodai これは逆に大きい骨しかないので分かりやすいです。
Maaji マルアジかと思ったら、これはマアジですね。そろそろ赤身の魚も食べさせなければいけないというので、アジから挑戦です。
これはくせ者でしてね、小骨が残りやすいです。指で丁寧にあたってから、銀の爪で抜き取りましたが、気をつけて与えて貰いたいです。

魚は好きなようです。歯が生えてきて、食事も固めになってきました。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »