« 鯛飯 | トップページ | 忘れてました »

2015年4月15日 (水)

タイラギ

春ですからやはり一回はタイラギを食べておかなければいけません。

Tairagi1 30cm以上ありますから、この辺では最大級かもしれません。ずっしりと重く、殻も厚いです・・・・・と言っても食べるのは貝柱だけです。外套膜も内臓も食べられると言いますが、外套膜はあまり美味しくないし、内臓は不気味です。
Tairagi2 お馴染みのタイラギカクレエビも夫婦でひっそり暮らしていたのでしょうが、真に申し訳ありませんすみかを奪った上、結果的に殺してしまいました。
なんでも、住み家のタイラギがなくても、海水なら1ヶ月ほどは飼育できるんだそうですが、全く道具もありませんし、さようならしました。そう言えば、アサリなどに入っている小さなカニ、ピンノと言いますが、あれもアサリなどから取り出して海水に入れておけばしばらく生きています。抱卵個体なんかは産卵までしちゃいます。
タイラギの食感は、刺身でもホタテ貝のようなネットリとしたものではなく、コリコリでもなく、ゴリゴリといった感じでしょうか。一番近い貝柱なら「アコヤガイ」の貝柱に似ています。

|

« 鯛飯 | トップページ | 忘れてました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯛飯 | トップページ | 忘れてました »