« イカ | トップページ | ウミグモ »

2015年10月16日 (金)

干物

手のひらの長さより少し大きなムシガレイが出ていたので買ってきました。

Karei1 鰭もパリパリ食べるなら、これくらいのサイズまでですね。
もう少し寒くなってくると、卵をいっぱい持った大きなムシガレイが出てきますが、その前なので、少しは脂がのっているかなという期待もありました・・・・・し、300円と安かったこともあります。
Karei2 朝作れば夕方には出来上がり。
Karei3 脂ののりはいまいちでしたが、とても美味しく出来上がりました。
偶然孫二人が来ていたので、むしりながら与えたら気に入ったらしく、もっと欲しいとせがまれてしまいました。おかげで、爺さんは鰭や骨のあるところしか食べられませんでした。
ところで、日本では魚料理は頭が左になるよう、盛り付けなければいけないと言われますが、カレイの場合どうするんでしょうね?有眼側を上にすれば天地が逆ですし、無眼側では、何だかおかしいし・・・・・

|

« イカ | トップページ | ウミグモ »

コメント

カレイの干物、美味しいですよね。
当地にはカレイの干物にできるような手頃のものは売ってません。やはり海辺には敵いませんね。
カレイの焼き物の盛り付け方、疑問ですね。
ネットで検索しますと腹の白い部分を見せて盛り付けるって載っていましたが見た目は良くないですよね~。
私としては美味しく食べれれば気にしませんが・・・。

爺は孫の喜ぶところが何よりの御馳走で骨が多くなりますね。
我が家も同じようなものですね。

投稿: 北割 | 2015年10月19日 (月) 09時22分

こちらでは近海の底引き網が漁の主流なので、底魚であるヒラメ・カレイの類いは多い方でしょうね。この魚は小さいし、水っぽいので干物には適していると思いましたが、やはりそうでした。と言いますか、他に食べようがないというのが正解かもしれません。

投稿: からっぽ親父 | 2015年10月19日 (月) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イカ | トップページ | ウミグモ »