« ちょいブカ | トップページ | 神経締め? »

2015年10月12日 (月)

サンマの煮付け

朝晩涼しくなってきて、サンマもそろそろお終いかな?と書いてみて、おかしな事に気が付きました。本来なら秋の味覚であるサンマですから、今からが一番美味しいとき、しかしこちらの魚屋さんでは、サンマはそろそろ飽きてきてあまり出ていません。

一年で一度買うか買わないかの、魚屋さんに6尾600円というのと、8尾800円というサンマが出ていました。何のひねりもない、1尾100円というサンマですが、1尾ずつ売るということをしたくないようです。
Sanma1 魚屋さんに仕入れのスタイルがあるようで、こちらの好みに合うところへ集中していくようになります。すると魚屋さんもそれを感じてか、ますます仕入れが集中するというか偏るというか・・・・・行きつけの店が決まってくるような気がします。ただ、行きつけの店が決まって常連さんになっても、最低の礼儀だけはわきまえなければいけませんので、奥に入ってストーブの前に座ったり、お手伝いをするような常連面はしないようにしています。一人、おばちゃんであちこちの店を手伝って呼び込みをしたり、販売している人がいます。きょうはこちらの店、明日はあちらの店という具合にあちこち渡り歩いていますが、私はこのような方は相手にせずに、本当のお店の方と話して魚を買うことにしています。その人が正式に魚屋さんに雇われているなら話は別ですがね・・・・・
サンマは娘が「サンマの煮付けを食べたい」というので、今年最後かもしれないサンマの煮付けです。
Sanma2 サンマの煮付けは我が家では筒切りにしますが、内臓は取らなければいけません。まず、頭に近い胸鰭のすぐ下で頭を落とし、次に肛門の1~2mm上付近で切ります。その後、銀の爪で上から内臓を引っ張り出せばすっぽり内臓が出てきます。胴体を合計4つに切り、血液等をよく洗ってから水切りすれば、下拵えの出来上がりです。
Sanma3 やや濃いめに煮れば保存食でしばらく食べられますが、すぐになくなってしまいます。

|

« ちょいブカ | トップページ | 神経締め? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょいブカ | トップページ | 神経締め? »