« ひともじぐるぐる | トップページ | shrimp »

2015年11月17日 (火)

スダレガイ

私が市場に来る理由の1つが、食用や食用以外の魚介類で珍しいものにお目にかかれるからです。本来なら漁船で捨てられるものだったり、珍しい形をしていたり、好奇心を満足させてくれることが良くあります。こんな私なので、珍しいカニや正体が分からない物体があると取っておいてくれて、見せてくれる魚屋さんもあるくらいです。市場ってのは本当に楽しいですよ、先日も小さなキホウボウの仲間がトロ箱から落ちていたので拾ったら、「持って行って良いよ」と言ってくれました。

今朝も深谷さんのお父さんが「これが本当のスダレガイだ」と2つの貝をくれました。

Sudaregai1 右側の貝はザルガイですが、左側の貝は最近一色で良く揚がってくる、アケガイともスダレガイとも言われて売られている貝と良く似ています。かねてから、私はアケガイであろう。なぜなら、輪肋が殻頂部で消失しているから、と素人判断をしていました。それがこれです。
Akegai 一方、今日いただいた本物のスダレガイと思われる貝は、
Sudaregai2 きれいに殻頂部まで刻まれています。
Sudaregai3_2 全体的にも溝が深いので、くっきりした感じになっていますね。
やはりよく売られているのはアケガイで良いと思います。

|

« ひともじぐるぐる | トップページ | shrimp »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひともじぐるぐる | トップページ | shrimp »