« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

 青海苔のおまけ

 青海苔と言えば、四万十川のスジアオノリが有名ですが、その昔長女が小さかった頃、五ヶ所湾にあるミカン屋さんへミカン狩りに行ったところ、お客は我々だけで寂しかったのですが、帰りに自家製の乾燥スジアオノリをくれました。遠火で軽く炙って、手で揉むと粉末状になってとても良い香り、暖かいご飯にかけて醤油をさっとまわすと、とても美味しいご飯になりました。また食べたいですね~。

| | コメント (0)

2016年2月26日 (金)

青海苔

魚兼さんに『浜名湖産の青海苔』ってのが出ていまして、話の種に買ってきました。

Aonori1 青海苔、アオサってのは非常にアバウトな表現でしてね~いつも言っていますように・・・・・しかも、その昔アオノリ属だったものがアオサ属に移されたりしたようで、素人には本当の名前は分かりません。
Aonori2 水の中に入れてみると、こんな感じ、もう粉砕してあるように感じられますね。こうなると、養殖されているヒトエグサかな~?
生で酢醤油で食べてみましたが、柔らかく香りも良いです。
長芋があったので、入れてみるとこれも美味しい。
味噌汁に入れても美味しい。
追伸:どうやらヒトエグサのようですね~昔、身近にあったのに忘れているんですね。申し訳ない。

| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

トリガイの季節

今年はトリガイが少しは採れるようですね~その昔は漁師さんがご近所に配ったものを、我々までいただいて、本当に嬉しかったんですが、最近は貴重なものになってしまい、ついぞ見たことがありませんでしたが、今年はちらほら出ています。

しかし、値段は高いですよ~。
Torigai これは大きいこともあるでしょうが、6枚で700円でしたから1枚100円以上。3人いましたから、一人二枚です。チビチビ日本酒をいただきました。
やはり遠慮なくいただけるのはメカブでしょうかね~先日のものは、お裾分けしてしまいましたので、再び買ってきました。メカブだけで900グラム近くありますから、我が家だけでは食べきれません。
Mekabu
トリガイも安くなるといいな~~~lovely

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

イシカゲガイの仲間

知り合いの魚屋さんのお坊ちゃまが、例によって「この貝、何ですか~?」と来た。

Shell3 大きめのアサリよりまた一回り大きな、殻の固い二枚貝。輪肋が顕著に出ています。
貝も全く専門外、でも図鑑があるから調べてみようと貰ってきました。図鑑って言っても、40年以上前の図鑑だしな~・・・・・絵合わせだけでは本当は同定って言えないんだよね。
しかし、思わぬ所にヒントがありました。
Shell2 貝を剥いてみると、なんと殆ど全てがトリガイのような「足」しかも黄色。どこかで見たことがあると思ったら、ザルガイにそっくりです。
ではザルガイ科の所を、と見てみると何と何と「エゾイシカゲガイ」ってのがあるじゃないですか。エゾは蝦夷だから北方種、ただのイシカゲガイはないのかと探すと、あることはあるらしいのですが図がない。
ではとネットで探してみたら、エゾイシカゲガイってのは北の方ではかなりポピュラーな食用貝らしいです。しかし、ただのイシカゲガイってのはあまり記載がない。かろうじてこのような記載を見つけました。(トリガイの)近似種のイシガキガイは正しくはイシカゲガイClinocardium buellowiといい,主として九州から北海道の内湾に分布し,水深10~30mの砂泥底にすむ。肉は白く軟らかく,すし種となる。…。だそうです。じゃあこれイシカゲガイで決定・・・でも放射肋を数えてみよ~っと。・・・・・・・・・41本。
エゾイシカゲガイ・・・40~45
イシカゲガイ・・・・・・・35~40
微妙だな~まあ素人の数え方だしね。
Shell1 足は開いて生で食べちゃいました。とても美味しかったです。
中にはカクレエビさんが入っていてビックリ、お気の毒ですがさようなら。

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

アンコウの季節

毎年言っているのですが、アンコウなどの鍋に良い魚は寒い間、さかな村には出てこないか、出ても非常に高い事が当たり前です。
暖かくなると信じられないような値段になるので、貧乏人は汗をかきながら、鮟鱇鍋を食べることになります。
Ankou 先日のこと、深谷さんに出ていたアンコウは500円と安かったので、思わず購入してしまいました。
時々こんな事もあるので、探してみることをお薦めします。
実は運が良ければ、もっと良いこともあります。
それはミドリフサアンコウやホンフサアンコウなら、値段も安く肝も結構大きいのでこれもお薦めです。私は味自体はアンコウより美味しいんじゃないかと思います。ただし、皮は食べられません。

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

メカブの季節

春の味覚といえばメカブもそうですね~つい先日までは、メカブなのか茎なのか分からないほどちょんびりだったのですが、今は茎が見えないほどメカブが大きくなってきています。毎年言いますが、あまり大きくなると付着生物が多くなりますし、遊走子が出てしまった痕が汚いので、今が一番良いかもしれません。

Mekabu メカブだけにして、サッと熱湯に通しました。あまり細かくせずに酢醤油でいただくのも美味しいですが、細かく叩いて長芋や納豆と合わせ、ネバネバ丼にしても良いでしょう。

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

春の味

菜花を沢山いただきました、私、菜花が大好きなんですよね~何にしても美味しいし、ほのかな苦みが春を感じさせてくれます。

Nabana おひたしに、漬け物に、てんぷらに、本当に美味しいです。
と、菜花を楽しんでいたら、お客さんの裏庭で「蕗の薹」が沢山採れたと聞き行ってきました。そう、私が毎年狙っているところです。
今年は暖冬で、既に一月から葉っぱが出てしまい、あきらめていたのですが、大量に出ていたそうで沢山いただいてきました。
Tenpura 大きいものをいくつか表面の萼だけ取って天ぷらに。
この苦みはまさしく春の恵みです。小さいものは蕗味噌煮して日本酒で一杯。
菜花も一緒に天ぷらにして貰いました。

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

モクズガニ

高橋さんにモクズガニが出ていましてね、大小数ハイと何故かアカニシが一個で500円。

Kani 雌は抱卵してますから、川から下ってきて交尾したものでしょう。この後、卵の発生が進めば放卵してゾエア幼生となって浮遊し、脱皮を繰り返して5期のゾエアと1期のメガロパ幼生を経て稚ガニとなり、着生生活をするといわれています。
モクズガニは淡水系のカニですが、幼生時は海水でないと生きていけないようですから、わざわざ産卵のために海へ降りてこなければいけないのです。
ただこの稚ガニってのは、匍匐移動ですから便利な移動手段なのかもしれません。
私、このモクズガニが川のどのあたりまで遡上するのか興味があるのですが、私の故郷掛川市のではかなり上の方まで生息していて、その昔は食料になっていたと、以前お知らせしました。
今、wikiで見てみると、1980年代には長野県、千曲川水系の犀川や諏訪湖周辺で採集されたことがあるそうですから、カニにしてみれば気が遠くなるような距離ですね。
人間にも寄生する肺吸虫の中間宿主になっていますから、生で食べるのはもちろん駄目。手で触ったら良く手を洗うこと、お子様には絶対触らせてはいけません。

| | コメント (6)

2016年2月18日 (木)

初対面

実家が新築されて母も、アパート住まいをやめ兄夫婦と同居することになったようです。長女一家が二人目の子供、このちゃんを連れて実家へ遊びに行ってくれました。

Konomi1 ひい婆ちゃんとひ孫です。母は5月になれば94歳になりますから、一世紀に近い歳の差があるんですね~。
Konomi2 このちゃん、首も据わって随分しっかりしてきました。

| | コメント (1)

2016年2月17日 (水)

要注意

このような怪し~いメールが2通来ました。

差出人 郵便局 - 日本郵政 <vvvbb-ccc@rambler.ru>
件名はありません。
本文
拝啓
配達員が注文番号05545890195の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。
従ってご注文の品はターミナルに返送されました。
ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。
このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便局 - 日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。
敬具
郵便局 - 日本郵政:
〒889-2828
東京都港区芝浦4-13-23
添付ファイルはzipファイルです。
この添付ファイルはウィルスの可能性が非常に高いですね~だいたいメールアドレスの.ruって何だよ。ロシア?もう一つのアドレスはsergeikase@rambler.ru
セルゲイなんとか@?もろロシア人じゃん。
困ったことにzipファイルだからなのか、アンチウィルスソフトをすり抜けて来ていますし、フォルダをスキャンしてもウィルスだと認識しません。
このようなメールが来たら、添付ファイルは開かずに即削除して、ゴミ箱からも削除することをお薦めします。日本郵便から添付ファイル付きのメールが来ることはないと思いますよ

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

ウォーキング1月

1月のウォーキングは以下のようになりました。

距離60.8km、時間10時間18分36秒、歩数67,964歩、平均速度5.9km、平均ペースは10:09/kmです。当初6.0km以上の速度で歩いていましたが、やはり無理をしていたんでしょうね、平均では5.9kmでした。それでも0.2km伸びてはいますね。
ただ2月に入ってからが足を痛めてしまったので、三日ばかり休んでゆっくり歩いたところ、ゆっくりのつもりだったのが普通のペースで、本当に2月はオーバーペースだったのでしょう。
やはりこの歳ですから無理はいけませんね、普通に歩いていれば楽しいんですから、体を痛めては何にもなりません。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

ニギス

日本海を低気圧が通過するため大荒れの天候だと言われていましたが、夜中に起こったことなので、あまりこの地区では大事に至りませんでしたが、昨日の朝は外気の温度が異常に暖かく、マンション内のエントランスは外と比べて冷房が入っているのでは?というほど冷やっと感じました。

Dsc_0081 ですから外側が結露してしまいました。これは当然冬ですから、建物自体がまだまだ冷えているため、このような結果になったんでしょうね。
Nigisu1 金曜日、天候が悪くなるという予報だったので、ニギスも安かったです。これ、塩焼きにしてみましたが、フワフワでとても美味しかったです。調理は簡単、鱗を取っただけです。
あとは塩煮、これも下拵えは同じ。酒、味醂、水、ショウガに味付けは塩だけ。
Nigisu2 骨離れも良いしとても美味しかったです。

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

釜まぶし

鰻の櫃まぶしならぬ『釜まぶし』ってのをゴチになってきました。

Unagi1 要するに、ご飯がお櫃に入れられたものではなく、小型の釜で炊きあげられてその上に蒲焼きがのっているのです。
特上は特大の蒲焼きが一本使ってあるそうですが、上では三分の二だそうで、上を頼んで別に白焼き一本を二人で食べました。特上が3,000円上が2,400円ですから、そんなに高くはありません。
Unagi2 味はどうかって言いますと、私、鰻ってものは本来美味いものだっていう認識しかないので、マイナスの点はつけられません。しかし、ちょっと焦げすぎかな・・・・
櫃と釜の違い?
ご飯を茶碗によそう時、熱くて釜が持てません。
櫃まぶしで良いのでは・・・・・

| | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

バレンタインデー

今年のバレンタインデーは日曜日なので、義理チョコを渡さなくて済むと、喜んでいる女性が多いんだそうです。

我が家では少し早い義理チョコをいただいてしまいましたが、これがなんと、みちさんのチロルチョコレートです。
Choco ちょっと食べるのがもったいないような気がします。
これは「DECOチョコ」と言って以下のところで作ってくれるそうですから
バレンタインデーだけではなく、結婚式や出産など皆様に配ると喜ばれるかもしれません。45個、3つの写真が使えるそうです。

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

湯谷温泉

湯谷温泉に日帰りで行ってきたとお土産をいただきました。それはなんと、豊橋名物「ヤマサの竹輪」・・・とミミズクの練り物?

Yamasa1 ヤマサの竹輪と言えば、東海地方では有名なお土産ですが、豊橋名物です。
家に帰って、竹輪にわさびを塗って囓っていたら、ああそうか!と思い出しました。
湯谷温泉は歴史的にもかなり古い新城市の温泉です。
そして、すぐ近くには鳳来寺山。
鳳来寺山と言えば、仏法僧・・・仏法僧と言えばコノハズク。
ああそうか、これはミミズクではなく「コノハズク」だったんだ!
Yamasa2 もっと早く気が付くべきでした。何故豊橋のヤマサなのかは不明ですが、湯谷温泉・新城のお土産にしようと頑張っているんですね。そう言えば、もうすぐ新東名が開通して、新城へも行きやすくなります。皆様新城へ行った際はお土産に買ってきて下さいね。
ちょっと可愛いので、まだ食べていません。

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

今日の早朝、5時半頃西尾市一色町、中学校前の追い越し禁止のところで、私を追い越して、次に赤信号で停車していた車を、信号交差点の中で追い越していった車があります。

自宅への帰り道でしょうが、自宅へは後数分の所だと思いますよ。そういった所ですから、この辺は。

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

大蛸

また大きなタコを買ってきました。

Tako こういったタコを買う時の注意として、元気が良すぎるものは売り場の箱から出て、アスファルトの上を這い回っていますので、吸盤にアスファルトの粒や小石がたくさん入っています。しっかり洗わないと食べる時に悲しいことになります。
大きさは3キログラム以上。目と目の間に包丁を刺して絶命して貰おうと思うのですが、このタコ、マダコよりずっと元気が良いです。刺した瞬間サッと色が濃くなりますが、お亡くなりになることはありません。
これくらい大きいと、丸のまま洗うことは出来ませんので、足を2本ずつキッチンバサミで切り取って、しっかり洗います。揉んでは荒い洗っては揉む、ゴミがなくなったらそのまま冷凍です。
このタコはそのまま食べるより、冷凍しておいて煮ダコやおでんにした方が美味しいと思います。
これは2,000円でしたが隣にこの倍ほどあるタコが3,000円で売られていましたから、それを買えば良かったかな・・・・・・・とおもいました。冷凍庫に入りきらないですけどね。

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

御嶽山

だと思うんですが、我が家がある集合住宅から見えます。

Ontake2 頂上付近2か所から噴煙らしきものがあがっていますが、御嶽山で間違いないですよね~?
Ontake1 望遠レンズで撮っていますので、肉眼ではこれくらいです。
そういえば、まだ見つかっていない方々がいらっしゃるんですよね。
今年は見つかりますように。

| | コメント (2)

2016年2月 7日 (日)

アカヤガラの続き

刺身にしてみました。
Yagara1 以前食べたときよりやや水っぽい感じですが、味はとても美味しいです。癖もないし食感も悪くありません。
椀種にもなると聞きますが、今回は刺身のみでかわりに骨を干して、ダシにしてみようかと思っています。
Yagara2

| | コメント (2)

2016年2月 5日 (金)

アカヤガラ

アカヤガラを買ってきました~

Yagara ご存知だと思いますが、この魚・・・この辺までは頭蓋骨のように固くて、食べられません。
Yagara2
つまり、半分は食べられません。

| | コメント (2)

2016年2月 4日 (木)

太巻き

きょうは立春らしい暖かで穏やかな日です。

昨日は節分、それぞれの家で豆まきなどの節分の行事が行われたようです。
Setubun3 私が子供の頃は豆まきだけでしたが、お菓子も貰った覚えがあります。ある年は、畳に三人の子供が並んで、殻付きの落花生を撒いて貰って拾っただけ自分のもの、って事をやってくれたことがありました。
Setubun2 最近は関西の文化らしい、恵方巻きという太巻きを食べるという行事を、スーパーマーケットやコンビニの陰謀で流行らせているらしいですが、一応面白いので我が家でも自作の太巻きを作って参加しています。
Setubun1 我が家の太巻きには先日の鯛の刺身も入っていました。

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

覚醒剤

え?まさか・・・・

というんじゃなくて、予想通り逮捕されてしまった。という感じでしょうか。
私は身近に覚醒剤をやっていた人がいませんが、おそらく親しい人達は分かっていたんでしょうね。まあ奧さんも分かっていて、子供を守るために別れたんじゃないでしょうか。
それにしても甲子園からプロ野球まで、誰もが簡単になれないヒーローだったんですがね~。まともなら引退してからでも、指導者としてもう一花咲かすことが出来、真っ先に胴上げされる対象になることもできたのに・・・・・
特にファンじゃなかったけど、子供が可哀想でね。早くきっぱりと覚醒剤をやめて、まともな人生を歩いて欲しいものです。

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

鯛が安いので衝動買いしてしまいます・・・・・・別に鯛に対するコンプレックスはないんですがね~何故かついつい買っているのです。

Tai1 この日も2尾で700円という鯛、上がチダイで下がマダイのようです。ここのお店はいつも、値を塗りたくって新しく見せているところですが、今回のこの鯛は新しい・・・何故なら締めが完全ではなく、まだ動いていたからです。30cm以上の鯛が1尾あたり350円ですから衝動買いしてしまう訳です。
Tai2 頭部
Tai3 尾鰭。背鰭は撮りにくいのでやめました。
Tai4 これは別の日のマダイ。大きいので1,200円。これも衝動買い。しかし、これも締め方が雑ですね~いつもながらですが。
さてさて、めでたい鯛ですが、三人目の孫「このちゃん」も「お食い初め」をしたようです。
Img_1063 衝動買いをしても、こうやって役立ってくれるところが、さすが鯛ですね~。まだまだ離乳食には早いですが、その時にはまた鯛を送ってあげましょうか。

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

巨大大根

先日複雑に分かれている大根をいただいた方から、また素晴らしい大根をいただきました。

Daikon1 なんとこの巨大な大根は葉っぱも含めてですけど、5.88kgもあります。周囲も測ってみれば良かったんですが、とにかく重い。畑から持ち帰るのに、片手では重すぎたくらいです。
大きいからと言って、『おでん大根』ですから固いなんてことはありません。
Daikon2 小さなスルメイカと煮付けたら、ふわふわでイカのダシがしっかりしみこんで、とても美味しかったです。しかし、これだけを食べきるのには時間がかかりますね~頑張らなければ。

| | コメント (1)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »