« スルメイカの干物 | トップページ | 日帰り旅行 »

2016年6月 8日 (水)

ムール貝?

最近よく高橋さんに「ムール貝」と言われて出ている二枚貝、ムラサキイガイだと思いますが、ムール貝でも間違いないと思います。

Mytilus1 ちょっとこんなものに金を出す気にはならないと思っていたのですが、以前娘とパエリアを作ってみようと話していたので、味見に購入してみました。
Mytilus2 貝は足糸と言われる体内から出て、岩などに接着する糸で固まっています。この足糸を無理矢理引っ張って、抜いてしまい、空を金属束子で良くこすってきれいにします。この足糸は非常に丈夫で、しかも毒性もなく、自然に分解するので、医学、工学分野で非常に注目されている素材だそうです。アコヤガイなどのウグイスガイ科も足糸によって岩などに固着しています。
Mytilus3 オリーブオイル、ニンニク、ワインがないので日本酒で炒めたところ、非常に美味しく出来上がりました。馬鹿にしてはいけませんね。
ムラサキイガイはご存知のように外来生物で、日本には固有種が何種かありますが、イガイはかなり大きくなる種類です。加熱した際に出て来る身が女性器に似ているので、渥美半島では「ニタリガイ」と呼ばれていますが、これは「似たり貝」なのか、見た男性が「ニタリ」とするのか意見が分かれているそうです。
イガイも何度か食べたことがありますが、季節によって味に大きな違いがある貝だという印象があります。つまり本当に美味しい時期は短い二枚貝ではないでしょうか。

|

« スルメイカの干物 | トップページ | 日帰り旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スルメイカの干物 | トップページ | 日帰り旅行 »