« ヘルパンギーナ | トップページ | »

2016年6月30日 (木)

ソロモンの偽証

以前から読んでみようと、第一巻だけ買って読まずにおいた『ソロモンの偽証』宮部みゆきさんの長編小説です。

Solomon 実は前後編で映画が作られ、テレビ放映されたのを録画してしまって、映画が先か本が先かと悩んだのですが、こういったものは結果を知ってしまうと読まなくなってしまう・・・つまり第一巻が無駄になってしまうということになるので、急遽本を読むことにしました。
あらかたのストーリーは有名なのでご存知でしょうが、中学校で一人の男児が飛ぶ下り自殺をした、それが同級生による殺人ではないかという疑いが出てきて、それが事実で荒れ嘘で荒れ、同じ中学校の生徒の心の中はもやもやした気分に充満されます。そこで、反対する先生を説き伏せ、中学生による裁判を起こそうという女子生徒、藤野涼子さん。
この子がね、実に魅力的に描かれている訳ですよ。いやいや惚れてしまうくらい・・・聡明で美しくてね、小説だけど本当に美しいってのが想像できる。
自殺に関わる色々な疑問、謎を中学生検事と弁護士が解き明かしていきます。月並みの言い方ですが、その経緯は手に汗を握るような素晴らしいテンポです。
詳しいことを言ってネタバレしてはいけませんが、読後さわやかな清涼感が生まれます。
また、第六巻の終了後に、藤野涼子さんの20年後の短編がおまけで付いていて、これはこれで微笑ましい結果となり、『ソロモンの偽証』の最後と言っても良いのではないでしょうか。

|

« ヘルパンギーナ | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘルパンギーナ | トップページ | »